フォト
無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • にほんブログ村

12 哺乳類

2018年11月13日 (火)

台湾の象牙取引禁止令が2020年に施行される

和訳協力:西明寺 彩加

2018年7月15日 Taiwan News記事より一部抜粋

CNA(中央通訊社)は、7月13日に台湾の森林局が、2020年から象牙の取引禁止令がを行すると発表した、と報告した。
象牙のために密猟されるアフリカゾウを保護するための対策としてである。

2020年1月1日から、象牙の売買は全面的に違法となる。
これは、象牙の国際的な取引禁止令に準拠したものである。

森林局によると、このままのペースが続けばアフリカゾウは20年以内に絶滅してしまうという。

続きを読む "台湾の象牙取引禁止令が2020年に施行される" »

2018年10月30日 (火)

商業捕鯨を再開しようとする日本の努力が激しい論争の引き金に

和訳協力:伊川 次郎

2018年9月4日 The Washinton Post記事より一部抜粋

日本は、商業捕鯨を再開するための新たな努力を開始するつもりだ。
また日本は、来週ブラジルで開催されるIWC(国際捕鯨委員会)の会議で、IWCの大改革も要求するつもりだ。

日本政府の主張するところによると、IWCは1946に与えられた当初の任務に応えられなくなって以来、機能不全に陥っているとのことだ。
その任務とは、クジラの資源を保護することと、捕鯨産業の「秩序ある発展」との間のバランスを見出すことであった。

日本の提案は既に激しい反対に直面していて、月曜日に始まるブラジルのフロリアノポリスで開催される年次委員会での対決場面も危ぶまれる。
その委員会では、日本の代表が議長を務める予定だ。

続きを読む "商業捕鯨を再開しようとする日本の努力が激しい論争の引き金に" »

2018年10月20日 (土)

ダッカ空港で密輸された大量の外来の鳥類と動物を押収

和訳協力:矢内 一恵

2018年8月7日 Dhaka Tribune紙記事より一部抜粋

CIID(税関情報捜査局)とダッカ税関の職員らが、ハズラット・シャハジャラル国際空港からの絶滅が危惧される鳥類202つがいとその他の動物を押収した。

CIIDの火曜日の記者発表によれば、CIIDとダッカ税関による合同捜査は、月曜の夜のうちに内密に行われた。

CIID事務局長のShahidul Islam博士によると、絶滅が危惧される鳥類とその他の動物が押収されたのは、南アフリカから持ち込まれる際で、提出が義務付けされているバングラデシュ森林局発行の同意書も、CITES(ワシントン条約)が発行する無害であることを証明する書類も取得されていなかった。

続きを読む "ダッカ空港で密輸された大量の外来の鳥類と動物を押収" »

2018年9月29日 (土)

ゴリラの聖域である熱帯雨林、コンゴの石油開発に許可が下りるか

和訳協力:木田 直子

2018年6月27日  Bloombergニュースより一部抜粋

コンゴ民主共和国は、世界的に有名な2つの国立公園での石油開発を許可すべきか検討している。

原油探査の許可が決定されれば、現在生き残っているとされる約1,000頭のマウンテンゴリラのうちの多くが生息するヴィルンガ国立公園と、世界で2番目に大きな熱帯雨林保護区であるサロンガ国立公園が脅かされる可能性がある。
コンゴ民主共和国には、大西洋岸沿いの古い鉱区からの原油の産出を、1日あたり25,000バレルから増産する計画があり、この計画の提案を議論するための委員会の設立が現在進行中だ。

「私たちは今ちょうど、この組織を超えた委員会を立ち上げている最中です」と、コンゴ民主共和国石油省のEmmanuel Kayumbaチーフは、首都キンシャサにおけるインタビューで語った。

続きを読む "ゴリラの聖域である熱帯雨林、コンゴの石油開発に許可が下りるか" »

2018年9月27日 (木)

新しい技術により野生動物密売の疑いで8人を逮捕

和訳協力:Birdland

2018年6月7日 Mongabeyニュースより一部抜粋

バンコクに本拠地を置く反野生動物密売団体であるフリーランドによると、5月に行われた多国間で協力した捜査で、センザンコウの鱗や象牙を違法取引したとして、政府職員3人を含む8人が逮捕された。

ケニアのナイロビを拠点とするルサカ合意に基づく法執行対策チームの野生動物管理官は、4週間の7か国にわたる追跡調査の後、容疑者を逮捕した。
全員がアフリカ出身だった。

法執行対策チームのBonaventure Ebayi事務局長は、「高度な訓練と技術により重要なデータを共有し、分析することで、私たちはこのような短期間に多くの主要人物を逮捕することが出来たのです」と、声明で述べた。

続きを読む "新しい技術により野生動物密売の疑いで8人を逮捕" »

2018年9月20日 (木)

キリンの保全政策が急務-絶滅に直面していると専門家が警告

2018年6月12日 South China Morning Postニュースより一部抜粋

長いまつげとひょろりとした風貌で誰からも愛されるキリンだが、その保全研究は最近まで大きく見落とされていた。
しかし、この20年間キリンの研究に専念してきたある研究者により事情は変わりつつある。

ナンビアを拠点とするGiraffe Conservation Foundation(GCF:キリン保全財団)の共同創始者および事務局長であり、IUCNのSSC(種の保存委員会)、Giraffe and Okapi Specialist Group(キリン・オカピ専門家グループ)の共同議長を務めるJulian Fennessy博士が、世界で最も背の高いこの動物の研究と保全の先駆者として、キリン絶滅の脅威に光を当てたのだ。

最も重要なことは、Fennesay博士が始めた遺伝子解析により、アフリカには4種のキリンがおり、そのうちの2種、キタキリンとアミメキリンは、世界中の大型哺乳類のうちでも最も絶滅が危惧される哺乳類であることが、最近わかったことである。

続きを読む "キリンの保全政策が急務-絶滅に直面していると専門家が警告" »

2018年9月18日 (火)

レンジャーがカンボジアの一つの公園内だけで約11万個ものくくり罠を発見

和訳協力:坂本 義教

2018年5月22日  The Gardianニュースより一部抜粋

小型オートバイ用の単なるブレーキケーブルが、東南アジアではトラやクマ、果ては若いゾウさえ殺すことがあるのだ。
地元のハンターは、こうしたどこにでもあるワイヤーを使い、森の無差別爆弾ともいえるくくり罠を作る。
その上、このくくり罠は東南アジアで最もカリスマ的な種だけでなく、あまり知られていない多くの動物の手足を不自由にし、殺してしまう。
科学雑誌『Biodiversity and Conservation』に掲載された新しい論文では、このくくり罠の増加の規模に注目している。
カンボジアの南カルダモン国立公園では、レンジャーがワイルドライフ・アライアンスと共同で、わずか過去6年で109,217個ものくくり罠を除去したのである。

「ベトナムには、リスより大きな哺乳類がまったく残っていない森林もあります」と、論文の筆頭著者でワイルドライフ・アライアンスのサイエンス・ディレクターを務めるThomas Gray氏は語った。
「これらの森林が潜在的にどれだけ多様性に富んだものであったかを考慮すると、生態系サービスや森林としての生物学的多様性全体に、このことが実質的な影響を与えていることは間違いないのです」。

続きを読む "レンジャーがカンボジアの一つの公園内だけで約11万個ものくくり罠を発見" »

2018年9月11日 (火)

野生生物の密猟と取引の増加

和訳協力:日高 穂香

2018年6月7日  Mmegi Onlineニュースより一部抜粋

ボツワナ共和国の野生生物・国立公園局(DWNP)の調査班の代表であるLewis Mokowe氏によると、同国では野生生物の密猟と取引が増え続けているという 。

Mokowe氏は、最近ハボローネで開催された、アフリカ野生動物保護財団主催の3日間にわたるワークショップ「Wildlife Judicial and Prosecutorial Assistance Training((仮)野生生物に関する司法・検察支援トレーニング)」において、DWNPがボツワナの密猟に2つの傾向があることを確認したと述べた。
その2つとは、商業的なものと、生きるために必要最低限のものだ。
同局の長年の調査から、密猟によってボツワナから多くの野生生物種が失われていたことが分かったと、同氏は説明した。

続きを読む "野生生物の密猟と取引の増加" »

2018年9月 6日 (木)

日本、年次南極海調査捕鯨で120頭を超える妊娠クジラを捕殺

和訳協力:長井美有紀(Myuty-Chic)

2018年5月28日 Newsweekニュースより一部抜粋

ある有名なアニマル・ライツ団体は、論争の的となる日本の捕鯨を非道だとしてきた。
それは、去年日本が年に1度実施してきた南極海での調査捕鯨で、120頭以上の妊娠したクジラを捕殺していたことが判明してからのことである。

最新データによると、作年夏、333頭ものクロミンククジラが捕殺され、そのうち181頭がメスで、さらにそのうちの122頭が妊娠していたとされている。

夏の年次調査は143日間にもおよび、国際捕鯨委員会の自然科学委員会の議事録によると、61頭もの幼齢のオス、53頭の幼齢メスのクジラ、合計で114頭も捕殺されている。

続きを読む "日本、年次南極海調査捕鯨で120頭を超える妊娠クジラを捕殺" »

2018年9月 4日 (火)

野生生物犯罪の一斉検挙で爬虫類、象牙、ホッキョクグマの死体を押収

和訳協力:矢野 雅彦

2018年6月20日 Independent.ieニュースより一部抜粋

野生動物と木材の違法取引に対し、1カ月にわたり世界規模で一斉検挙が行われた結果、数千の生きた動物ならびに数t単位の肉と象牙を押収したと、国際的な警察機関であるInterpol(国際刑事警察機構:インターポール)が発表した。

逮捕された者の中には手荷物にカメを忍ばせて運んでいた複数のフライトアテンダントや、違法に捕獲した獲物の写真をソーシャルメディアに投稿した狩猟者が含まれる。

インターポールによれば全世界で約1,400人の被疑者が特定されている。

続きを読む "野生生物犯罪の一斉検挙で爬虫類、象牙、ホッキョクグマの死体を押収" »

より以前の記事一覧