フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村

14 両生・爬虫類

2017年2月24日 (金)

違法取引から救われた5種の野生動物が与える希望

和訳協力:赤瀬 エリサ、校正協力:山本 麻知子

2015年11月19日 One Green Planet News

野生動物の違法取引は、世界で最も利益の上がる不法な取引である。
外国の動物やその体の一部の販売および取引は、毎年巨額の利益を上げているが、悲しいことにそれが野生動物にとって大きな負担となっている。
過去40年間だけでも、世界の約52%の野生動物が姿を消している。
気候変動や生息地の喪失といった要因がこの野生動物の減少に関与してはいるが、違法取引が動物の個体群に最も直接的な影響を与えていることはほぼ間違いない。

野生動物の取引に関して言えば、ほとんど手当たり次第である。
ある動物が利益を生む限り、標的となる。
殺され、装飾品や絨毯(敷物)、宝石などに変えられたり、漢方薬として使われたり、また贅沢なレストランで出されることもあれば、捕獲されて生きたまま外国産の野生動物ペットとして売買されることもある。

違法な野生動物取引の結果として、象牙のために15分に1頭のゾウが、1日に少なくとも3頭のサイが殺されていると推測される。
挙げ句の果てに、野生で生きるトラよりも、現在米国において家庭でペットとして飼われているトラのほうが多いのだ。

違法な野生生物取引に巻き込まれた動物の話では、大部分が悲惨な結末を迎える一方、そうでないものもある。
野生動物を食い物にし、利益を得ている人間がたくさんいる一方で、野生動物を救済し、保護するために人生を捧げている人間もいる。

これらの5種の動物は搾取の犠牲となっていたが、親切で献身的な個人や組織の手により、より良い未来が期待される生きる見本である。

続きを読む "違法取引から救われた5種の野生動物が与える希望" »

2017年2月17日 (金)

ベトナムで絶滅危惧種のカメの大規模な押収-支援が求められる

和訳協力:村田 幸代、校正協力:鈴木 洋子

2015年10月4日 Asian Turtle Program News

絶滅危惧種のハコガメがベトナムで大量に押収される

2015年9月21日、ベトナムのハノイ市で大規模な陸ガメと淡水ガメの押収があった。
その数は237頭にも及ぶ。
押収されたのは、2種のモエギハコガメ(学名:Cuora galbinifrons galbinifrons、ベトナムモエギハコガメおよび学名:C.g.bourreti、ラオスモエギハコガメ)およそ100頭、Keeled Box Turtles(学名:Cuora mouhotii、ヒラセガメ)50頭以上、Big-headed Turtles(学名:Platysternon megacephalum、オオアタマガメ)30頭以上、Leaf Turtles(学名:Cyclemys sp.、マルガメ属の一種)が数頭だった。
Indo-Myanmar Conservation((仮)インド・ミャンマー保全協会)のAsian Turtle Program(ATP:アジアン・タートル・プログラム)は、9月25日に初めてこの知らせを受け、押収物を見るためにハノイ市のSoc Son Rescue Centre(ソクソン救助センター)に向かった。
カメたちは動ける範囲が限られた、一時的な囲いの中に保護されており、モエギハコガメについては全頭が野外の鳥小屋に入れられていた。

ATPとクックフーン国立公園のTurtle Conservation Centre(TCC:カメ保護センター)は、ソクソン救助センターのスタッフとNGOのFour Paws Vietnam((仮)フォー・パウズ・ベトナム)の協力を得ることに成功した。
カメたちの多くが暑さで弱り脱水症状を起こしていたため、直ちにソクソンにあるFour Paws Vietnamのクマ保護施設内に囲いを設けて、栄養状態の改善と安定化が図られた。
その後の何日にも及ぶソクソン救助センターでの懸命な救援活動を経て、カメたちの一部はTCCに送られることになった。
TCCには伝染病予防のための隔離・検査を行う施設があり、熟練したスタッフもいて、多くのこれらの繊細な種を扱う装備が整っているからだ。
9月30日、20頭のベトナムモエギハコガメ、10頭のラオスモエギハコガメ、30頭のヒラセガメ、23頭のオオアタマガメ、4頭のCuora amboinensis(マレーハコガメ)、10頭のCyclemys oldhamii(オルダムマルガメ)、2頭のMauremys reevesii(クサガメ)、1頭のTrachemys scripta elegans(ミシシッピアカミミガメ)、1頭のChelydra serpentina(カミツキガメ)がTCCに移送された。

続きを読む "ベトナムで絶滅危惧種のカメの大規模な押収-支援が求められる" »

2015年6月11日 (木)

両生類の取引と新しい感染症

和訳協力:戸井田 若菜 校正協力:榛木マエ 久実

2014年11月7日 IUCN Redlist News Release

IUCN Red List of Threatened SpeciesTM(絶滅危惧種に関するIUCNレッドリスト)によると、両生類は地球上で最も絶滅の危機に瀕している脊椎動物群である。
IUCN(国際自然保護連合)のSpecies Survival Commission(SSC:種の保存委員会)のAmphibian Specialist Group(ASG:両生類専門家グループ)およびAmphibian Survival Alliance(ASA:(仮)両生類保存同盟)は、以下の共同声明において、持ち込まれた感染症が引き起こす破壊的影響と、緊急な予防対策の必要性について注意を促している。

ASGとASAは、持ち込まれたカエルツボカビ菌の仲間(Batrachochytrium salamandrivorans)とウイルス(Ranavirus:ラナウイルス)が、感染歴のない両生類個体群に及ぼす影響に関する最近の調査報告に注目し、益々懸念を強めている。

両生類は世界で最も絶滅の危機に瀕している脊椎動物群とされており、少なくとも3種類に1種類が絶滅の危機にある。
これまでに世界中で個体数減少や絶滅に直面してきており、その主な原因は生息地の喪失と感染症であるとされる。
これだけでも十分に深刻な問題だが、これが両生類の取引などの他の脅威と相まって、その深刻さはさらに増している。

規制や監視がない両生類取引は、持ち込まれるemerging infectious diseases (EID:新興感染症)も含めた、外来種拡散の主なメカニズムになっていると考えられている。
現在、国際取引される両生類の監視や両生類の疾病検査を徹底させる国際安全基準はない。
つまり、非感染地域の両生類群は、ペット取引で持ち込まれた両生類が感染しているEIDの影響を受けるリスクが非常に高いということだ。

ASGとASAは世界中の政府に対し、この問題を最優先事項とし、この破壊的な感染症の拡大を食い止めるために必要なあらゆる行動を取るよう促している。

現在、ASGとASAは世界中の両生類に対するこの大いなる脅威に対処すべく、適切な世界規模の行動を模索中である。

ニュースソース
http://www.iucnredlist.org/news/trade-and-emerging-infectious-diseases-in-amphibians

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

2015年5月16日 (土)

クウェートでのワークショップでウミガメ保護が焦点に

和訳協力:松尾 亜由美、校正協力:筬島 順子

2014年12月16日  CMS News

2014年12月9日から10日に、政府系の研究機関であるKuwait Institute for Scientific Research(KISR:クウェート科学研究所)は、ウミガメ保全のための国家計画の策定に向けてのアイディアを集約するため、ワークショップを開催した。
このようなワークショップはクウェートでは初めてで、地域内のウミガメの保護活動をしている政府関係者の代表、バーレーン、クウェート、オマーンそしてアラブ首長国連邦の環境NGO、そしてIUCN(国際自然保護連合)に加盟しているヨーロッパの様々な大学の科学者や、CMS(移動性野生動物の種の保全に関する条約、通称「ボン条約」)の代表者たちが集まった。

ウミガメが生涯で直面する危機には、卵の採取、沿岸域開発による産卵する砂浜の喪失、光害による孵化した子ガメの迷走などがある。
孵化した子ガメが海に向かうのを待ち構える自然界の捕食者、混獲によるケガや死、また密猟や違法取引、気候変動もさらなる脅威となる。
ワークショップの参加者たちは、浜への立ち入りの制限などといった、これらの脅威を軽減するための数多くの手段についても強調した。
また見学者からなるカメ救護隊や研究センターを設立する案も挙がった。
漁網に絡まるウミガメ除去装置の漁網への取り付け、法制化や規制もまたウミガメの保全のために有効である。

参加者は、多くの法律や規制があるにも関わらず、それらには強制力がないことを理解していた。
地域内の政府関係者や非政府機関の代表者の間で、情報やベスト・プラクティスを共有し、ワークショップは成功であると称賛された。

法律と規制の施行を強化するために、Indian Ocean South East Asian Marine Turtle Memorandum of Understanding (IOSEA Marine Turtle MOU:インド洋・東南アジア地域ウミガメ協定)を将来的には地域間の連帯のためのプラットフォームとして活用することもできると考えられる。
KISRとクウェートの関係当局が進むべき次のステップは、国の保全計画の策定と実施、そしてインド洋・東南アジア地域ウミガメ協定を締結することにより、地域内で、また国際的に、ウミガメの保全に最大限に携わることである。

ニュースソース
http://www.cms.int/en/news/marine-turtle-conservation-spotlight-workshop-kuwait

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

2015年5月14日 (木)

IOSEA:2014年の振り返りと2015年への見通し

和訳協力:山下 茜、校正協力:K.M

2015年1月19日  CMS News

IOSEA Marine Turtle Memorandum of Understanding(インド洋・東南アジア地域ウミガメ協定)事務局は、毎年この時期に恒例となっている、インド洋から東南アジア地域の過去12カ月におけるウミガメ関連ニュースの編纂を発表した。
パート1での4つのIOSEA小区域についての国別報告の後、パート2では立法に関連した注目に値する進展、保全活動や研究開発、そして公教育と普及啓発活動についての運営と実施手段について述べられている。
最後にパート3では、IOSEAの2014年の制度的な進展についての振り返りと、2015年へ向けての来るべき進展と作業とを提示している。

レビューは主に、数多くのニュースの見出し、掲示板の話題、特集記事、2014年にIOSEAウェブサイトに掲載された月次プロファイルの詳細版などに基づいたものである。
2011年の600をピークとした後、2012年と続く2013年には国際的なカメ関連のニュース報道数の減少がみられたが、今年参照された約500の報道数は2012年と同数であり、これにより報道の減少傾向も盛り返しを見せてきたのかもしれない。
計算上「調査努力」の影響を完全に取り除くことは不可能だが、この流れは大衆紙や一般紙でのウミガメに対しての関心が取り戻され、高まっている表れなのかもしれない。

現在の分析に使われている資料は完全ではなく、英語圏メディアに偏ったものではあるが、フランス語圏メディアも同様に注視する取り組みも行われてきている。
カメ関連ニュースの報道水準はIOSEA加盟国内でもむらがあることが今年になって再度明らかとなり、東南アジアおよびその小地域においては今もなお特に顕著だった。
近年からの傾向に沿って、インドとオーストラリアは最も豊富なカメのニュース情報源となっており、それぞれニュース数は125件と108件で、昨年のほぼ2倍となっている。
3番目にはフィリピン(42件)、僅差でマレーシアが続き(39件)、少し離れてタイ(22件)とインドネシア(17件)が続いている。

ニュースソース
http://www.cms.int/en/news/iosea-review-2014-and-look-ahead-2015

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

2015年5月12日 (火)

ウミガメの復活:WCSがニカラグアで最多巣数を報告

和訳協力:高橋 富久子、校正協力:花嶋 みのり

2014年12月10日 WCS Press Releases

・タイマイの巣作りの成功率が3倍以上に上昇
・密猟が80%減少
・反密猟活動とコミュニティの保護活動が成果を上げる

ニカラグアのWCS(野生生物保護協会)チームは、本日、極めて危機的な状況にあるhawksbill sea turtle(タイマイ)の巣の数が劇的に増加し、2000年に保全プロジェクトが始まって以来、巣の数が最多となったと報告した。

ニカラグアのPearl Cays地域における、プロジェクト区域内のタイマイの全巣数は、2000年の154巣から200%以上増加し、2014年には468巣となった。

監視を行っている地域では密猟率が80%以上減少した。
2014年の密猟率は約5%と、プロジェクト史上最も低い水準であった。
今シーズンの巣作りの成功率は平均して約75%で、11月末時点で、35,000匹以上の孵化した子ガメが海へと向かって行った。

プロジェクト開始前のPearl Caysの予備調査では、作られた巣はほぼ100%密猟され、ほとんどの卵が人間の食用に持ち去られていた。

WCSは密猟を減らして人々の認知度を高めるため、2000年にタイマイ保全プロジェクトを立ち上げた。
このプロジェクトは、2010年にPearl Cays Wildlife Refuge((仮)Pearl Cays野生生物保護区)の設定に貢献した。
この保護区は、ほかの海洋生物や重要な生息環境を保護しながら、ウミガメが巣を作り、餌を取り、繁殖し、移動するのを守るためのものだ。

続きを読む "ウミガメの復活:WCSがニカラグアで最多巣数を報告" »

2015年5月10日 (日)

ニカラグアでオサガメの産卵期が始まる

和訳協力:佐野 かおり、校正協力:清水 桃子

2014年11月27日  Fauna & Flora International News

ニカラグアでの今年最初のオサガメの産卵を受け、自然保護活動家たちは今季の産卵が上手くいくよう祈るような気持ちでいる。

ニカラグアの、Fauna & Flora International(FFI:ファウナ・フローラ・インターナショナル)のウミガメ保全チームは、今季最初のオサガメの産卵が確認されたことを意気揚々と報告した。
オサガメへの重大な懸念がある中で、これは重要な出来事であるからだ。

FFIのオサガメに関する活動は、ニカラグア海岸の中央部に位置する2か所の主要な産卵場所に重点を置いている。
それは、サラミナとVeracruz de Acayoである。

今年の産卵期は2匹のメスがそれぞれサラミナで産卵したことから始まり、続けて別のメスがVeracruzで2度産卵した。
悲しいことに、密漁者が保全チームより先に最初のVeracruzの巣を見つけて盗み出していた。
しかしながら、2つ目の巣の保護は間に合い、巣の卵は安全な場所に移し、孵化するまで保護される。

その後別の2つの巣がサラミナで確認され、この浜辺での巣は合計4つになる。

Veracruzの密漁の事件はとりわけ腹ただしい。
なぜならこの場所は、近年産卵をするメスの数が一貫して著しく減少しており、この浜辺でのオサガメの将来が懸念されているのだから。

続きを読む "ニカラグアでオサガメの産卵期が始まる" »

2015年3月16日 (月)

インド洋ウミガメ生息地ネットワークが発足

和訳協力:井上 貴史、校正協力:加藤 哲子

2014年9月12日 CMS News

25カ国の代表者および傍聴者は、インド洋とその周辺におけるウミガメ保護に向けた取り組みを強化する一連の対策について合意に至った。

このカリスマ的な動物は、生息地域の多くの場所で、密猟や卵の採取、沿岸域開発、漁業での混獲や海洋廃棄物により脅威にさらされており、Convention on Migratory Species(CMS:移動性野生動物の種の保全に関する条約、通称「ボン条約」)の採択されたドイツのボンで1週間にわたって開催された会議において、議題の中心となった。
6種のウミガメにおける国際的保護の取組みは、Indian Ocean - South-East Asia Marine Turtle Memorandum of Understanding(IOSEA:インド洋・東南アジア地域ウミガメ協定)として知られている、CMS傘下の政府間協定により取り決められた。

会議で注目を集めたのは、ウミガメにとって重要な生息地のIOSEAネットワークの正式な発足であり、これは生息地を基準とした保護活動において、共通の枠組みを発展させるという10年におよぶ努力の賜物である。

「IOSEA生息地ネットワークが発足したことは、インド洋に生息するウミガメを国境を越えて保護するための画期的な出来事です」と、2003年からバンコクに拠点をおいてIOSEAプログラムを指揮しているDouglas Hykle氏は述べた。
また、「このネットワークは、心躍る新たなパートナーシップの下、広範囲な保護政策に焦点を当て、それを結びつけるのに役立つでしょう」と続けた。

このIOSEAウミガメ生息地ネットワークによって、ウミガメが生活史の中で利用する陸上、沿岸部、および太洋性の生息地の間の連携が促進され、また、一般的には限られた財源により行われる保護活動において、協力や調整がより一層推進されることが期待される。

続きを読む "インド洋ウミガメ生息地ネットワークが発足" »

2015年3月 4日 (水)

マダガスカルの爬虫類:絶滅の危機ながらまだ終わりじゃない

和訳協力:久野 陽子、校正協力:副島 亮子

2014年8月12日 IUCN News story

爬虫類は、マダガスカルで最も驚くべき生物であるが、IUCN Red List of Threatened Species™(絶滅危惧種に関するIUCNレッドリスト)によると、約40%近くの爬虫類が、絶滅の危険性が高い状況に直面している。
PLOS ONE誌で本日発表された研究によると、これらの種の多くが生き残るには、マダガスカルの保護地域での管理を成功させることが必要だとしている。

『Extinction Risk and the Conservation of Madagascar's Reptiles(マダガスカルの爬虫類の絶滅リスクとその保護)』という論文の中で、IUCN(国際自然保護連合)のSpecies Survival Commission(種の保存委員会)のメンバーを含む著者たちは、調査された370種類以上の爬虫類とそれらの爬虫類が直面している脅威について、地理的分布パターンを分析した。

マダガスカルは固有の動植物が生育・生息する地域としてよく知られており、そのほとんどが世界中のほかのどの地域にもいない。
多くの観光客はカラフルなカメレオンや巨大なヘビ、さらにこの世の物とは思えないようなleaf-tail geckos(ヘラオヤモリ属のヤモリ)の姿を一目見て驚愕し、島を後にする。
しかし、マダガスカルの野生生物の多くは、生育環境や生息環境の破壊による影響を受けている。

カメレオンやヤモリはもちろん、島のヘビやトカゲにとっても森林伐採は脅威をもたらす主要な原因である。
マダガスカルに生息する陸ガメと淡水ガメのすべての種は絶滅危惧IA類に指定された。
カメは、少なくとも保護区域内に部分的に生息している。
しかし、マダガスカルで食糧として密猟される種もいれば、国際的なペット取引のために採取される種もいる。
そのため、マダガスカルのカメの個体群は長年にわたって減少してきた。

続きを読む "マダガスカルの爬虫類:絶滅の危機ながらまだ終わりじゃない" »

2015年2月22日 (日)

シャムワニの飼育下繁殖プログラムを支える国際協力

2014年9月3日  Fauna & Flora international News

和訳協力:坂本 義教、校正協力:久保 直子

野生のシャムワニ保護のために積極的手段を講じる共同事業

国際協力のもと、Cambodian Crocodile Conservation Project(CCCP:(仮)カンボジア・ワニ保全プロジェクト) は、このほど飼育係の訓練に一役買ってもらうため、インドのMadras Crocodile Bank Trust(MCBT)の施設の管理責任者であるNikhil Whitaker氏を、Fauna & Flora International(FFI:ファウナ・フローラ・インターナショナル)のシャムワニ飼育下繁殖プログラム施設に招いた。

近年CCCPは、野生のシャムワニ個体群を保護するだけでなく、これらの個体群を大きくすることや、飼育下繁殖した個体を利用して、かつてワニが生息していた地域に新たな個体群を定着させることにも重点を置いている。

MCBTは、シャムワニ飼育下繁殖プログラムで大きな成功を収め、また他の18種のワニ類個体群も維持している。
彼らは、ワニの飼育や繁殖管理の技術的専門知識だけでなく、発展途上国の見地からの経験ももたらしてくれる。

「野生に戻すことを目的とする私たちの飼育下繁殖プログラムは、野生のシャムワニを保全するというCCCPの長期目標にとって欠かすことのできないものです」と、カンボジアのFFIでFlagship Species((仮)象徴種保護プログラム)のマネージャーを務めるJackson Frechette博士は語った。

続きを読む "シャムワニの飼育下繁殖プログラムを支える国際協力" »

より以前の記事一覧