フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村

09 サル

2017年1月12日 (木)

SOSが特別な取り組み「SOS Lemurs」のもとに進める11のプロジェクトのうち、最初の9つを発表

2015年10月30日 IUCN News story

和訳協力:清田 美弥子、校正協力:山本 真麻

今日はWorld Lemur Day(世界キツネザルの日)。
マダガスカルに生息するキツネザルの独自性と多様性を讃える日だ。
キツネザルは、地球上のほ乳類の中で最も絶滅の危機にある分類群である。
とはいうものの、Save Our Species(SOS)による11の新しいキツネザル保全プロジェクトのうち、最新の9つが本日発表され、この魅力的な霊長類とその生存に依存している地域コミュニティの未来は若干明るくなりそうだ。

具体的には、これらの9つのプロジェクトとは、優先度の異なるの9つの地域における直接的な保護活動を支援するのと同時に、絶滅のおそれのあるキツネザル24種の保護を援助するものだ。
これにはアイアイ、シファカ類、インドリとともに、その他多くのあまり知られていない種も含まれる。
第一フェーズで得た支援金は、絶滅危惧種に関するIUCN Red List of Threatened SpeciesTM(絶滅危惧種に関するIUCNレッドリスト)における、絶滅危惧IA類9種、絶滅危惧IB類9種、絶滅危惧II類6種の保護活動に全額が充てられる。
なお、全11のプロジェクトの詳細については、プロジェクトが開始され、それぞれに情報を発信し始める2016年の3月ごろまでに提供される予定だ。

9つの新プロジェクトへの支援金総額は、IUCN(世界自然保護基金)、WorldBank(世界銀行)と共にSOSの3つの資金協力団体であるGlobal Environment Facility(地球環境ファシリティ)や、Fondation Segré((仮)セグレ基金)、その他匿名寄付者からの寛大な寄付によって、50万USドル(約6100万円、2015年12月10日付換算レート:1USドル=122円、以降同率とする)を超えた。

続きを読む "SOSが特別な取り組み「SOS Lemurs」のもとに進める11のプロジェクトのうち、最初の9つを発表" »

2016年7月29日 (金)

ヴィルンガ中央山塊でマウンテンゴリラの個体数調査が始まる

翻訳協力:山本 真麻、校正協力:佐々木 美穂子

2015年10月7日 FFI News

マウンテンゴリラの個体数調査を新しく実施することは、国境を越えた今後の保全活動に必要不可欠だ。

本日開始される、Virunga Massif(ヴィルンガ中央山塊)に生息するマウンテンゴリラ(学名:Gorilla beringei beringei)の最新の個体数調査は、同地域での保全活動の効果の評価に役立つのみならず、絶滅危惧IA類のマウンテンゴリラとその脆弱で限られた生息地を守るための今後の取り組みを方向付けるという、重要な役割を担うだろう。

個体数調査は2010年以来初となり、Greater Virunga Transboundary Collaboration(GVTC-ヴィルンガ山地の維持管理を行う国境を超えた協力組織のこと)が指揮をとり、International Gorilla Conservation Programme(IGCP:国際ゴリラ保護計画)とその他のパートナーを通じて、Fauna & Flora International(FFI:ファウナ・フローラ・インターナショナル)とWWF(世界自然保護基金)が支援して実施される。
その2010年の調査では、ヴィルンガ中央山塊の451km2の範囲に、マウンテンゴリラ480頭が生息していると推定された。
この調査地はコンゴ民主共和国、ルワンダ、ウガンダにまたがり、マウンテンゴリラが今でも生息しているたった2つの場所のうちのひとつだ。

「レンジャー、保護活動家、近隣の地域コミュニティの人々による献身的な活動と、ゴリラの生息する3か国の協力し合った取り組みのおかげで、ヴィルンガ中央山塊に生息するマウンテンゴリラの個体数は、ここ20年は着実に増加する傾向にあります」と、IGCP代表のAnna Behm Masozera氏は話す。
「今回の個体数調査がこの増加傾向が続いていることを裏付けてくれることを願っています 」。

続きを読む "ヴィルンガ中央山塊でマウンテンゴリラの個体数調査が始まる" »

2015年10月26日 (月)

中央アフリカにおける大型類人猿の個体数減少を食い止める新しい行動計画

和訳協力:古澤 陽子、校正協力:佐々木 美穂子

2015年4月7日  IUCN News story

IUCN(国際自然保護連合)、Wildlife Conservation Society(WCS:野生生物保護協会)、WWF(世界自然保護基金)、および支援者による新しい保全計画によると、密猟、生息地の消失、疫病に加え、広域で野生生物の保全に関する法が執行されず、司法手続きが腐敗していることにより、中央アフリカのゴリラやチンパンジーの個体数は減少し続けているという。

報告書「Regional Action Plan for the Conservation of Western Lowland Gorillas and Central Chimpanzees 2015-2025((仮)ニシローランドゴリラとツェゴチンパンジー保全のための地域行動計画2015-2025)」では、この地域に住むこれら大型類人猿の80%近くが保護地域の外で発見されていることなど、6カ国にまたがる生息域の大型類人猿への脅威が増大していることを概説している。

絶滅危惧IA類のニシローランドゴリラと絶滅危惧IB類のツェゴチンパンジーは、ともに国内法および国際法により守られているが、特に都市域におけるやみ市場での取引やブッシュミートの需要に付け込もうとする、密猟者や取引業者によって絶滅の危機にさらされ続けている。

地域での人口増加や採取産業、工業型農業の拡大による生息地の消失も、大型類人猿にとっての脅威となっている。
さらに、1990年から2005年の間に、ガボン北東部やコンゴ共和国西部で流行したエボラ出血熱により、何千頭ものゴリラやチンパンジーが死んだと考えられている。

続きを読む "中央アフリカにおける大型類人猿の個体数減少を食い止める新しい行動計画" »

2015年1月23日 (金)

コンゴのカフジ・ビエガ国立公園における新ゴリラ計画

和訳協力:赤瀬 エリサ、校正協力:佐々木 美穂子

2014年9月26日  Fossey Fund News

今年4月、Fossey Fund(ダイアンフォッシー国際ゴリラ基金)はDemocratic Republic of Congo(DRC:コンゴ民主共和国)の東部に位置するKahuzi-Biega National Park(KBNP:カフジ・ビエガ国立公園)の高標高地域で、新しい調査地での活動を始めた。
カフジ・ビエガは、ルワンダのKarisoke Research Center(カリソケ研究所)およびDRCの東部の低地の森林に位置するNkuba-Biruwe Research and Conservation Baseとともに、Fossey Fundの長期にわたる研究と保全プログラムを行う3番目の地域となる。
この新しいプログラムは、2013年末にCongolese Institute for the Conservation of Nature(ICCN:コンゴ自然保護協会)により承認を受け、我々は2014年4月にデータ収集を始めた。
本研究を開始するにあたってはMargot Marsh Biodiversity Foundation(マーゴット・マーシュ生物多様性基金)から資金が提供された。

KBNPには人慣れしたGrauer's (eastern lowland) gorillas(ヒガシローランドゴリラ、別名グラウアーゴリラ)の集団のみが生息していた。
これまで研究者は、遠方にあるほかの調査地から、ヒガシローランドゴリラを追跡してデータを収集することができていたが、それはゴリラの営巣地、フン、食べ残し、あるいはカメラトラップ(温度センサーなどで自動的にカメラの近くを通った動物の写真を撮影するカメラのこと)の使用によるもののみであった。
この情報は、生息環境の必須条件、食生活、分布パターンや遺伝子に関する適切な見識ををもたらし、保全する際の重要な情報源となってきた。
しかし、保全の取り組みをさらに前進させるため、Fossey Fundは、我々がカリソケで47年間mountain gorilla(マウンテンゴリラ)を観察してきたように、ヒガシローランドゴリラの行動をじかに観察できるようにしたいと希望していた。

続きを読む "コンゴのカフジ・ビエガ国立公園における新ゴリラ計画" »

2015年1月21日 (水)

クロスリバーゴリラとカメラトラップ:映像技術の価値

翻訳協力:山崎 敦子、校正協力:浅原 裕美子

2014年7月28日 IUCN Redlist News Release

2014年3月に発表された、絶滅危惧IA類のクロスリバーゴリラ(学名:Gorilla gorilla diehli)の種の保全を目的とした新たな活動計画始動のニュースに次いで、SOS(Save Our Species:IUCN(国際自然保護連合)、GEF(地球環境ファシリティ)、世界銀行による種の保全事業)から助成を受けており、IUCNのメンバーでもあるWildlife Conservation Society(WCS:野生生物保護協会)は、カメルーンのKagwene Gorilla Sanctuary(KGS:Kagweneゴリラ保護区)で、カメラトラップを用いた貴重な映像の撮影に成功した。

野生の状態はほとんど目にできないために、この一連の映像は我々を驚かせると同時に、印象的なこの霊長類についてさらに多くのことを学ばせてくれる。
社会的な行動から個体を識別する機会に至るまで、トレイルカメラ(遠隔操作により撮影するカメラ)は我々と野生生物を結んでくれるだけでなく、将来の保護活動の助けとなる情報を科学者らに提供してくれる。
カメルーンのジャングルのどこかに生息する、クロスリバーゴリラ一家の暮らしを垣間見ることのできる非常に珍しいこのチャンスを、楽しんでもらいたいと思う。

WCSのカメルーンプログラムの代表であるRoger Fotso博士は、この記録映像について次のような意見を述べている。
「これらの映像は、保護区内でのクロスリバーゴリラの分布傾向を将来調査する際に用いる基本データを提供してくれます」。
彼の同僚であるRomanus Ikfuingei氏は、次のように加えた。
「今では、シルバーバックやブラックバック、幼獣がKGSにどれだけいるかはもちろん、集団における社会化の程度についての情報も得ています。1頭のシルバーバックが群れを先導しようとすると、雌たちがきちんと道を譲る場面を観察しました。また、負傷した幼獣がグループ内の残りのメンバーに加わるのを、群れのほかのメンバーが待つ様子から、強い結びつきが窺える場面も見てきました」。

続きを読む "クロスリバーゴリラとカメラトラップ:映像技術の価値" »

2015年1月19日 (月)

とても希少なクロスリバーゴリラの保護区をカメルーン南西部に新設

翻訳協力:山本 真麻、校正協力:ジョンソン 雅子

2014年10月15日 African Conservation Foundation News

10年間にわたる保護活動と準備を経て、カメルーン南西部にTofala Hill野生生物保護区を正式に設定することに、カメルーンのPhilemon Yang首相が同意した。

この地域は、非常に絶滅の可能性が高いクロスリバーゴリラのほかにも、最も絶滅の危機に瀕しているアフリカのチンパンジーや、ドリル(サルの仲間)やゾウなど、絶滅の危機にある多くの野生生物の住処となっている。

大型類人猿を始めとした野生生物たちは、狩猟や食肉としての取引だけでなく、人間の土地開拓による生息地の損失によっても追い詰められている。
地方の貧困や規制を行う法施行システムの欠如も、間接的な問題として挙げられる。

現場の作業員による類人猿の保全活動は効果を示してはいるものの、現地の密猟監視員の数が増え、政府が保全エリアを実際に官報で発表してから、保全に対する脅威が持続可能な形で減るだろう。

続きを読む "とても希少なクロスリバーゴリラの保護区をカメルーン南西部に新設" »

2014年11月 3日 (月)

ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で密猟者のバイクを押収

和訳協力:木南 誠、校正協力:遠藤 智子

2014年5月29日 IUCN Redlist News Release

SOS(Save Our Species)プログラムの補助を受けているDouc Langur Foundation(ドゥクラングール基金)のLois Lippold氏は、ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で絶滅の危険性の高いコロブス亜科のサルとテナガザル類を保護するための同氏のプロジェクトが、再び喜ばしい成果を上げていると報告した。
同氏は2013年8月に、公園内で初めて密猟者の逮捕に成功したと報告していた。
しかし今回は、ここ3か月だけで、チュー・モン・レイ国立公園で100台以上のオートバイを押収し、5,795個の罠を破壊したという。

Lois氏は、オートバイは密猟者の公園内における主要な移動手段であるため、これらの成果は重要である、と解説する。
ベトナムを訪れたことがある人ならば、オートバイが同国においていかに重要であるか知っているだろう。
何しろ人口8000万人の国に、推定4000万台のオートバイがひしめいている上に、ベトナムの人々はバランスさえ取れればどんな物でもこの二輪の乗り物で運搬するのだ。
従って、絶滅危惧IA類のテナガザルから貴重な木材に至るまで、何でもオートバイで公園から運び出している密猟者にとって、この馬力の強い乗り物を失うことは非常な痛手である、と公園の管理者たちは言う。

続きを読む "ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で密猟者のバイクを押収" »

2014年10月28日 (火)

キツネザルの保護団体がマダガスカルのアンジャナハリベ・スド特別保護区の境界設定プロジェクトを助成

和訳協力:木谷 咲子 校正協力:鈴木 洋子

2014年6月30日 African Conservation Foundation News

Lemur Conservation Foundation(LCF:(仮)キツネザル保護基金)は、マダガスカルのAnjanaharibe-Sud Special Reserve(ASSR:アンジャナハリベ・スド特別保護区)の境界設定プロジェクトに資金を提供している。
ASSRは、マダガスカル北東部の広大な山岳熱帯雨林地帯であり、絶滅寸前のシルキーシファカやインドリを含む、11種のキツネザルたちの生息地である。
ここは長年、生物多様性の観点から保護の優先性が高い地域であると同時に、忘れ去られている保護区であると認識されていた。

LCFは、キツネザルの重要な生息場所であるASSRを保護する取り組みに喜んで参画している。
ASSRは1958年に保護区として制定された。
1993年には、World Wildlife Fund(WWF:世界自然保護基金)が、ASSRおよびそれと隣接するマロジェジ国立公園周辺で、大規模な「integrated conservation and development program(ICDP:統合的保全開発プログラム)」を開始した。
WWFは、すべての管理権限がMadagascar National Parks(MNP:マダガスカル国立公園)に譲渡された2004年まで、それらの保護区を管理していた。

続きを読む "キツネザルの保護団体がマダガスカルのアンジャナハリベ・スド特別保護区の境界設定プロジェクトを助成" »

2014年6月10日 (火)

キツネザル類保護に向けた緊急3カ年行動計画

翻訳協力:井澤 佳枝、校正協力:島田 貴子

2014年2月21日 IUCN Red List News Releases

Bristol Zoological Society(ブリストル動物学協会)、Conservation International(コンサベーション・インターナショナル)およびIUCN(国際自然保護連合) Species Survival Commission(種の保存委員会) Primate Specialist Group(霊長類専門家グループ)の霊長類学者らは、地球上でもっとも絶滅が危惧されるほ乳類としてキツネザル科のマダガスカル固有種を保護するため、緊急3カ年行動計画を作成した。

本日サイエンス誌に掲載された論文中にこの行動計画の概要が示されている。
行動計画には、キツネザル保護のために、優先的の異なる30か所についての対策が盛り込まれ、各プロジェクトへの資金調達を援助することが目標としている。
主な方針は以下のとおり。

・優先的保護区における差し迫った危機の安定化
・キツネザル類を絶滅から救うのに不可欠な、全生息地における長期的活動の基盤作り
・エコツーリズムの促進と拡大:キツネザル類といえば、マダガスカル観光の目玉となる「ブランド」である。その存在のおかげで、環境の影響を受けやすい田舎に住む貧困層が生計を立てられるようになり、霊長類と生態系に対する地域での価値を高めることも少なくない。
・キツネザル類の保護に最重要となる場所での長期的研究の維持と拡大:国内外の調査員が恒久的に留まれる現地調査拠点は、違法な狩猟・伐採を抑止すると同時に、マダガスカルの科学者に教育の場を提供できる。

マダガスカルの熱帯林および亜熱帯林が縮小し分断され、そこに生息しているキツネザル類は絶滅の危機にさらされている。
キツネザル類は生態系で重要な役割を果たしており、マダガスカル島特有の森林を保持するのに不可欠な存在である。
絶滅すれば、それが引き金となり、この絶妙なバランスの上に成り立つ森林群衆に生息するほかの種も絶滅してしまうだろう。

シタンやコクタンの違法伐採、採掘および焼き畑農業、これらすべてがキツネザル類の個体数減少を引き起こしている。
2009年にマダガスカルで政治危機が起きて以来、野生動物を食用目的として密猟する割合が急増したことと相まって、諸外国からの国際援助でまかなっていた環境対策資金の多くを失ったことにより、新たな保護区づくりに遅れが生じ、多くの地域でマダガスカル政府の存在感も支配力も薄れてしまった。

IUCN Red List of Threatened SpeciesTM(絶滅危惧種に関するIUCNレッドリスト)での評価案では、90%以上のキツネザル類が絶滅の危機に瀕していると記載されている。
たとえば、島北東部の熱帯雨林の数か所に分布しているLarge-bodied Indris(Indri indri、インドリ)やDiademed Sifaka(Propithecus diadema、カンムリシファカ)が絶滅の危機にさらされている。
そのため、キツネザル類の保護活動を迅速かつ戦略的に進展させることが急務である。

Bristol Zoo Gardens(ブリストル動物園)の主任研究員で、IUCN-SSC霊長類専門家グループのマダガスカル地域副代表であるChristoph Schwitzer博士は次のように語る。
「5年にわたる政治危機によってキツネザル類の深刻な危機は悪化しましたが、われわれはまだ希望が残っていると信じています。過去においても、地域社会、非政府組織、研究者が一丸となり、危機にある霊長類の保護に成功した例があります。早急に関係者全員に呼びかけ、この行動計画に掲げている目標達成や、キツネザル類の持続的な生存およびかれらがもたらしてくれる多くの生物学的、文化的そして経済的な豊かさの確保に向けて、共に取り組んでいただくよう要請します。キツネザルなくしては、マダガスカルだけでなく世界中がより一層豊かさを失うのは間違いないのですから」。

http://www.iucnredlist.org/news/emergency-three-year-action-plan-for-lemurs

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

2013年12月 8日 (日)

絶滅危惧種のドリルを守るための特別保護区を

翻訳協力:西口 玲、校正協力:金森 麻里子
 
2013年7月13日 ACF Wildlife News
 
サンディエゴ動物園のInstitute for Conservation Reserch((仮)保全研究施設)の研究者たちの新たな論文によれば、きわめて絶滅の危機に瀕する大型霊長類のドリル(Mandrillus Ieucophaeus、マンドリルの近縁種)の個体数が急激に減少し、僅かな生息地をカメルーンに残すばかりだと伝えている。
人間の間で起きた暴動によってドリルたちの生息地はかなり分断されたものの、ドリルたちはそれに立ち向かおうとしていると強調した。
それに加えて、生き残ったドリルたちが個体数を伸ばしつつある生息地を中心に、保護の努力をすべきだとも述べている。
 
サンディエゴ動物園(仮)保全研究施設の科学研究員であるBethan Morgan氏はこう語る。
「ドリルはアフリカで最も絶滅の危機にある霊長類の一つです。これはカメルーンの主だった生息地で、ドリルたちの保護状況を詳細に分析した初めての発表です。我々はドリルが長期的に生き残るために最も適した場所に着目する一方、この研究を通じて、ドリルの個体数が全体的に減少している点を警告したいと思います」。
 
International Journal of Primatology((仮)国際霊長類学雑誌)の最新号に掲載されたこの研究では、ドリルの生存個体数のじつに80%がカメルーンに集中している。
ドリルの個体数が計測された52か所の生息地のうち、4か所(エボ、エジャガム、コラップ、Nta Ali)でかろうじて、個体数の増加傾向が続いている。
 
「結果はかなり深刻ですが、エボ国立公園が注目された点は意義深いことです。エボ国立公園では長期的に、今も継続して、研究と保護計画が進められています。それによって、霊長類の保護が進み、ブッシュミート(野生生物を食べる習慣)が減少しつつあります」と、研究論文の共著者であり、サンディエゴ動物園のGlobal's Ebo Forest Research Project((仮)エボ森林包括研究プロジェクト)のマネージャーのEkwoge Abwe氏は述べている。
 

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村