フォト
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村

19 アジア

2017年2月17日 (金)

ベトナムで絶滅危惧種のカメの大規模な押収-支援が求められる

和訳協力:村田 幸代、校正協力:鈴木 洋子

2015年10月4日 Asian Turtle Program News

絶滅危惧種のハコガメがベトナムで大量に押収される

2015年9月21日、ベトナムのハノイ市で大規模な陸ガメと淡水ガメの押収があった。
その数は237頭にも及ぶ。
押収されたのは、2種のモエギハコガメ(学名:Cuora galbinifrons galbinifrons、ベトナムモエギハコガメおよび学名:C.g.bourreti、ラオスモエギハコガメ)およそ100頭、Keeled Box Turtles(学名:Cuora mouhotii、ヒラセガメ)50頭以上、Big-headed Turtles(学名:Platysternon megacephalum、オオアタマガメ)30頭以上、Leaf Turtles(学名:Cyclemys sp.、マルガメ属の一種)が数頭だった。
Indo-Myanmar Conservation((仮)インド・ミャンマー保全協会)のAsian Turtle Program(ATP:アジアン・タートル・プログラム)は、9月25日に初めてこの知らせを受け、押収物を見るためにハノイ市のSoc Son Rescue Centre(ソクソン救助センター)に向かった。
カメたちは動ける範囲が限られた、一時的な囲いの中に保護されており、モエギハコガメについては全頭が野外の鳥小屋に入れられていた。

ATPとクックフーン国立公園のTurtle Conservation Centre(TCC:カメ保護センター)は、ソクソン救助センターのスタッフとNGOのFour Paws Vietnam((仮)フォー・パウズ・ベトナム)の協力を得ることに成功した。
カメたちの多くが暑さで弱り脱水症状を起こしていたため、直ちにソクソンにあるFour Paws Vietnamのクマ保護施設内に囲いを設けて、栄養状態の改善と安定化が図られた。
その後の何日にも及ぶソクソン救助センターでの懸命な救援活動を経て、カメたちの一部はTCCに送られることになった。
TCCには伝染病予防のための隔離・検査を行う施設があり、熟練したスタッフもいて、多くのこれらの繊細な種を扱う装備が整っているからだ。
9月30日、20頭のベトナムモエギハコガメ、10頭のラオスモエギハコガメ、30頭のヒラセガメ、23頭のオオアタマガメ、4頭のCuora amboinensis(マレーハコガメ)、10頭のCyclemys oldhamii(オルダムマルガメ)、2頭のMauremys reevesii(クサガメ)、1頭のTrachemys scripta elegans(ミシシッピアカミミガメ)、1頭のChelydra serpentina(カミツキガメ)がTCCに移送された。

続きを読む "ベトナムで絶滅危惧種のカメの大規模な押収-支援が求められる" »

2017年1月26日 (木)

春の謎の大量死で世界のサイガの個体数は2週間で半数以下に

和訳協力:山田 由加里、校正協力:鈴木 洋子

2015年11月2日 WCS News Releases

集団で出産する時期に、きわめて多数のサイガが死亡した。
わずか2週間という短い期間に、地球全体の総数の半数以上が死亡していることが確認され、春の牧草地全体に数千にもおよぶ成獣や幼獣の死骸が見られた。
可能性として植生や気候変動による外部要因の組み合わせから起こる病気が疑われている。
しかし、迅速な対応と集中的な調査にも関わらず、正確な原因は未だ解明されていない。

サイガの大量死を受け、先週、ウズベキスタンのタシケントに国際的な組織のメンバーが集結し、サイガの生存を脅かす多くの要因からサイガを保護する対応策を協議した。

国際条約であるConvention on Migratory Species(CMS:移動性野生動物種の保全に関する条約、通称「ボン条約」)主導の下、ロシア、カザフスタン、ウズベキスタン、モンゴルおよび中国に加えて、現地の自然保護団体とともに、Wildlife Conservation Society(WCS:野生動物保護協会)、Frankfurt Zoological Society(ZSL:フランクフルト動物学協会)、World Wildlife Fund(WWF:世界自然保護基金)およびFlora and Fauna International(FFI:ファウナ&フローラインターナショナル)などの自然保護保護団体の代表らが一堂に会した。

サイガの大群は、かつては数百万頭の群れでアジアの寒冷な牧草地全体を大移動していた。
しかし、この細長い脚と団子鼻を持つアンテロープは、20世紀の終わりに容赦なく大量に密猟された。
サイガの角は中国や東南アジアで伝統薬に使用されており、市場での需要の急激な高まりによりサイガは絶滅寸前まで追いつめられ、わずか20年の間に全体の97%の個体数が失われた。

しかし、保護対策の強化により、サイガの個体数は著しく回復し始めている。
過去数年間では、サイガの個体数は約5万頭から20万~30万頭へと増加している。

続きを読む "春の謎の大量死で世界のサイガの個体数は2週間で半数以下に" »

2016年8月 4日 (木)

IUCN、2015年「世界トラの日」を祝う

和訳協力:下島 深雪、校正協力:浅原 裕美子

2015年7月29日 IUCN statement

「世界トラの日」に向けてのIUCN(国際自然保護連盟)のInger Andersen事務局長による声明

トラは、森を象徴する動物です。
強さ、優美さ、権力のシンボルでもあり、伝説の存在です。

子どもの頃に恐れ、驚いたこの素晴らしい動物が、絶滅の危機に追いやられるなど想像も及びませんでした。

ところが、現実にそうなのです。
今日は、世界トラの日ですが、これは、20世紀に97%のトラが姿を消し、その個体数が約10万頭から現在の約3千頭にまで急激に減少しているという衝撃的な事実を受けて開かれた2010年の国際サミットで制定されたものです。

残った個体群は今や孤立しており、アジアでの薬の取引のための密猟、生息地の喪失や分断化、人間が生活のために狩猟をするトラの餌となる種の減少などによって、さらに切迫した状況下にあります。
重要なトラの生息地およびその周辺で生活する住民が増え続けるにつれて、森林資源の減少という脅威も続くことになるのです。

捕食動物の頂点として、健全な生態系を維持するのにトラは重要な役目を担っています。
トラの運命は、生息地としている森林や草原の運命と本質的に結びついていて、同様に食糧の確保や生計を立てるためにこうした資源に依存している人々の運命とも関係しています。

続きを読む "IUCN、2015年「世界トラの日」を祝う" »

2016年7月 7日 (木)

スマトラサイは緊急措置がとられなければ絶滅の危機―IUCNが警告

和訳協力:三尾 美里、校正協力:松尾 亜由美

2015年9月22日 IUCN International news release

野生のスマトラサイの生存数は100頭を切り、インドネシア政府が緊急にスマトラサイの回復計画を実行に移さなければ、この種は絶滅する恐れがあると、IUCN(国際自然保護連合)は世界サイの日に警告した。
生き残った100頭のスマトラサイは、2008年に行われた最新のIUCNのレッドリスト評価で推定された個体数の半分以下に過ぎない。

スマトラサイは、IUCN Red List of Threatened SpeciesTM(絶滅危惧種に関するIUCNレッドリスト)で絶滅危惧IA類に指定されており、先月、学術雑誌オリックス上で発表されたように、現在マレーシアでは野生下で絶滅したと推定されている。
この50~100年にわたって、スマトラサイはバングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、インド、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムで絶滅してきた。
IUCNのSpecies Survival Commission(SSC:種の保存委員会)のAsian Rhino Specialist Group(アジアサイ専門家グループ)によると、スマトラサイは現在スマトラ島の数ヶ所で見つかっているのみで、わずか一握りの個体だけがカリマンタン(ボルネオ島)で生息していると思われている。

「マレーシアはかつて、スマトラサイにとって最後の砦の一つとみなされていました。従ってこの国でサイが絶滅することは、この種の生き残りの可能性に大打撃を与えることを表しています」と、IUCNのSSC委員長、Simon Stuart氏は説明する。
「現在も続く密猟の危機、個体数減少の加速化、生息適地の破壊により、近い将来スマトラサイが絶滅する可能性が高まっています。インドネシア政府は緊急に、スマトラサイが今もなお生息しているすべての場所で、より安全性を高めた厳格な保護区をつくる必要があります」。

続きを読む "スマトラサイは緊急措置がとられなければ絶滅の危機―IUCNが警告" »

2015年12月25日 (金)

ラオスの歓楽街は中国人観光客御用達の違法な野生生物売り場

和訳協力:影山 聡明、校正協力:浅原 裕美子

2015年3月19日 EIA Press Releases

ラオスにひっそりと隠れ、中国人の賭博師や観光客を対象にした複合リゾート施設が、野生生物製品や体の一部の違法取引を行う拠点になっていることが、最新の報告書で明らかになっている。

報告書『In Sin City:Illegal Wildlife Trade in Laos' Special Economic Zone (仮)歓楽都市:ラオスの経済特区における違法な野生生物取引』の中で、Environmental Investigation Agency(EIA:環境調査エージェンシー(NGO))は、ボケオ県にあるGolden Triangle Special Economic Zone(GT SEZ:ゴールデン・トライアングル経済特別区)が事実上無法な娯楽の場になったと述べている。

その複合施設は、カジノやホテル、ショップ、レストラン、射撃練習場、マッサージパーラーなどから成り、訪問客はアジアやアフリカから密輸された、トラやヒョウ、ゾウ、サイ、センザンコウ、オナガサイチョウ、ヘビ、クマといった絶滅危惧種製品を公然と買うことができるのだ。

EIAとそのパートナーであるEducation for Nature Vietnam (ENV:(仮)ベトナムの自然のための教育(NPO))の覆面調査員は、トラ肉のソテーや熊の手、爬虫類、センザンコウなど、メニューに絶滅危惧種を載せているレストランを報告した。
ある企業は生きたニシキヘビやクマの子をケージに入れて飼い、頼まれればどちらも食べさせていた。

続きを読む "ラオスの歓楽街は中国人観光客御用達の違法な野生生物売り場" »

2015年10月 6日 (火)

ASEAN加盟諸国が、野生生物の密猟と違法取引の撲滅に向けての地域間協力の促進について協議

和訳協力:JO、校正協力:柳川 さやか

2015年4月2日 CITES Other news items

マレーシアとアメリカ合衆国は、2015年3月30日から4月1日まで、マレーシアのコタキナバルで、野生生物の違法売買を撲滅する、Association of Southeast Asian Nations (ASEAN:東南アジア諸国連合)の地域フォーラムを共催した。
フォーラムの焦点は、野生生物の密猟や違法取引の阻止を目的とした、国境を越えた地域間協力の促進に置かれた。
フォーラムには、ASEANの加盟全10ヶ国(ブルネイ・ダルサラーム(通称ブルネイ)、カンボジア、インドネシア、ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)から代表者が参加した。
CITES(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称「ワシントン条約」)の事務局、INTERPOL(国際刑事警察機構)、United Nations Office on Drugs and Crime(UNODC:国連薬物犯罪事務所)および、International Consortium on Combating Wildlife Crime(ICCWC:野生生物犯罪と闘う国際コンソーシアム)と協力して活動しているすべての政府機関ら、並びにRoyal Malaysian Customs Department(マレーシア関税局)とU.S. Fish and Wildlife Service(アメリカ合衆国魚類野生生物局)や、多数のNGO(非政府組織)の代表らも、積極的に地域フォーラムに参加した。

マレーシアの外務大臣であるDato' Sri Anifah Hj. Aman氏は、開会宣言で、野生生物の違法取引は国の優先課題となっており、マレーシアは撲滅に向けての努力をさらに重ねていく、と述べた。

フォーラムではさまざまな国の高官や専門家らが、野生生物の密猟と違法取引が、すべての種や生態系、地域コミュニティやその住民達の生活、国家経済、国家と地域の安全に重大な影響を与えていることは、現在はっきりと認識されていることを強調した。

続きを読む "ASEAN加盟諸国が、野生生物の密猟と違法取引の撲滅に向けての地域間協力の促進について協議" »

2015年9月29日 (火)

プノンペンでの海洋哺乳類シンポジウム:国境を越えたイルカ保全のための教訓を得る

和訳協力:中澤 まどか、校正協力:筬島 順子

2015年8月15日 IUCN Redlist News Release

タイとカンボジアの国境付近のイルカについては、その個体数と越境移動を評価するためにより多くの研究が必要とされているが、地元の漁村がイラワジカワイルカや他のクジラ類の保護と監視に密接に関わるべきである。
地元の監視網の強化に加えて、持続可能な漁業を推進することは、沿岸生態系の健全さの重要な指針である、これらの種を保護するのに役立つ重要な活動の一つである。

これらは、2015年3月30日から4月2日にカンボジアのプノンペンで開催された、Association for Tropical Biology and Conservation Asia-Pacific Chapter(熱帯生物保全学会アジア太平洋部会)の第9回年次大会における、海洋哺乳類シンポジウムの結論である。
Local and global challenges to conserving threatened tropical marine mammals in Asia(アジアの絶滅の危機にある熱帯海洋哺乳類の保全に向けたローカルおよびグローバルな課題に関するシンポジウム)には、イルカ保全の取り組みやその他の情報を共有し、また特に、IUCN(国際自然保護連合)の越境イルカ保全プロジェクトに情報を提供するために、南アジアや東南アジアから研究者が一堂に会した。

「タイやカンボジアの沿岸イルカにとっての緊急課題の一つである、漁具に絡まってしまうことに対処するために、私たちは地元集落の支援と協力を得るために、協力して活動する必要があります。地元集落はイルカ保全のすぐれた担い手となり得るのです」と、タイのDepartment of Marine and Coastal Resources(海洋沿岸資源省)のEastern Gulf of Thailand Marine and Coastal Research Center((仮)東タイランド湾海洋沿岸研究センター)に所属する海洋生物学者のChalatip Janchompoo氏が述べた。

続きを読む "プノンペンでの海洋哺乳類シンポジウム:国境を越えたイルカ保全のための教訓を得る" »

2015年8月11日 (火)

2万7千頭を超えるサイガの死亡を確認:CMSは緊急に専門家チームを派遣

2015年5月21日  CMS News

和訳協力:石井 綾子、校正協力:日原 直子

CMS(Convention on Migratory Species:移動性野生動物種の保全に関する条約、通称「ボン条約」)の事務局は本日、カザフスタンからの要請に応え、現在のサイガ大量死の原因を特定する活動を強化するため、専門家チームを派遣する。
最新の公式報告では、ベトパク・ダラ個体群の2万7千頭を超えるサイガの成獣が死亡したことが確認されている。
専門家チームは、アクトベ州西部に向かった別のベトパク・ダラ個体群も感染の可能性があるとする新たな報告を直ちに追跡調査する予定である。

「中央カザフスタンでサイガが死亡している規模とその速さを我々は大変心配しています」と、CMSのBradnee Chambers事務局長は述べている。

「我々は、この悲劇の原因を特定して適切な対応を行うため、現場で当局や専門家と緊密に協力して活動しています。現在、専門家が駆けつけているところであり、我々は支援資金を集めることに尽力しています」。

CMS事務局は、中央カザフスタンのコスタナイ州で500名を超える人が100台近くの車を使い緊急対応を支援していることを把握している。
状況を究明し、感染拡大の潜在的なリスクを最小限に抑えるために、当局と専門家が緊密に連携して活動している。
CMSのサイガMOU(了解覚書)の技術的な調整をする主要パートナーのひとつであるAssociation for the Conservation of Biodiversity of Kazakhstan (ACBK:カザフスタン生物多様性保全協会)が、大量死事件が始まった先週からコスタナイの現場に滞在しており、専門家チームの任務に技術的支援を提供する予定である。

続きを読む "2万7千頭を超えるサイガの死亡を確認:CMSは緊急に専門家チームを派遣" »

2015年7月31日 (金)

何ということだ!香港政府は違法な象牙取引に手を貸しているのか?

和訳協力:兼綱 寿美子、校正協力:K.M

2015年4月17日 OneGreenPlanet Animal Monster

世界の野生生物保護団体は、香港政府が、条約以前の象牙であるという旨の(偽の)輸入および再輸出認可書を発行していたという証拠が明るみにでたことに関して、最近、香港環境局局長に宛てに文書を提出した。
Greenpeace(グリーンピース)、IFAW(国際動物福祉基金)、The Humane Society(米国動物愛護協会)、Born Free(ボーンフリー財団)、WildAid(ワイルドエイド)、WWF(世界自然保護基金)、The Jane Goodall Institute(ジェーン・グドール・インスティテュート)らは文書を提出した団体はほんの一部だが、文書の中で措置をとるよう要請している。

正しい条約以前の象牙とはなんだろう?

1973年に80か国の代表が集まり、国際取引が野生動植物の種の存続を脅かすことのないようにと、Convention on the International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora, CITES(絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称「ワシントン条約」)を創設した。
つまり、条約以前の象牙とは、この国際合意の前に流通していたすべての象牙を指すものだ。

何が重大なことなのか?

香港は象牙の主要な輸入国であり、そのことが違法取引を助長し、体系的なアフリカゾウの大量補殺を引き起こしている。
CITESは、象牙の売買が象の個体数に有害な影響を及ぼしているという評価に基づき、1989年に象牙の国際取引について公の禁止令を出した。
この禁止令の規定に基づき、1989年より以前に流通していた象牙だけが売買および取引することができる。
1989年以前の象牙を売却または購入しようとする者は、その象牙の年代を証明する適正な書類を必要とし、それ以外の象牙はどれも事実上違法である。

続きを読む "何ということだ!香港政府は違法な象牙取引に手を貸しているのか?" »

2015年7月21日 (火)

どうなる? タイの悪質なタイガーテンプルから没収されたトラ

和訳協力:菊地 清香、校正協力:鈴木 洋子

2015年4月17日 OneGreenPlanet Animal Monster

トラでいっぱいの寺院を救出するには軍隊一部隊が必要かもしれないが、そのトラ達によりよい生活を与えるにはひとつの村が必要だ。

どんなサクセスストーリーも始まりはひとつの思いつきだ。
まもなくタイガーテンプルから救出される146頭のトラにとっての完璧な結末を想像してみよう。
次に、真の保護区を思い描いてみよう。
その保護区は、とらわれた状態であれ、これらのトラたちに似つかわしく、幸福な生活を提供するためだけに運営されている。
人々は一致団結し、保護区を見事実現するために必要な要素を提供してきたのだから。

トラたちはどこへ行く?

DNP(国立公園・野生動物・植物保全局)が、146頭のトラすべてを4月末までに没収するという大いに称賛される発表をしてから、そのトラたちの救出後の生活の保護についての疑問が生じてきた。

囚われの身として生まれ育ち、大部分が雑種のトラたちは、野生に戻される可能性はない。

トラたちは「王国に保護されている動物」として、ラチャブリー県にある2つの別々の施設、Khao Prathap ChangおよびKhao Sonに送られる予定であり、現在これらの施設では適切にトラを収容するための準備が進められている。

しかし、トラたちは新しい施設に行く前に、まず移送されなければならない。

続きを読む "どうなる? タイの悪質なタイガーテンプルから没収されたトラ" »

より以前の記事一覧