フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

23 ヨーロッパ

2017年4月27日 (木)

南アフリカで世界渡り鳥の日を祝う

和訳協力:吉田 淳子、校正協力:稲垣 語祐

2015年10月23日 CMS News

2015年10月15日、南アフリカでWorld Migratory Bird Day(WMBD:世界渡り鳥の日)を祝う第1回公式式典が開催された。
式はEdna Molewa環境大臣が中心となり、ハウテン州にあるマリーベール鳥類保護区で行われた。

会場となった保護区はラムサール条約登録湿地のBlesbokspruitの南端に位置し、多種多様な水鳥の休息地になっている。

世界渡り鳥の日は、渡り鳥とその生育地の保護の必要性についての関心を高めるために、Convention for the Conservation of Migratory Species of Wild Animals(CMS:移動性野生動物種の保全に関する条約、通称「ボン条約」)と、Agreement on the Conservation of African-Eurasian Migratory Waterbirds(AEWA:アフリカ・ユーラシア渡り性水鳥保全協定)のもと、2006年に発表された。
南アフリカ共和国は、1991年12月1日にCMSの、2002年4月1日にAEWAの締約国になった。

国際的には5月第2週の週末となっているWMBDは、北半球では夏に合わせて鳥たちが帰ってくるタイミングに行われる。
つまりその時期に、渡り鳥は南アフリカから飛び去ってしまうのだ。
そのため、南アフリカでは鳥たちが冬を過ごすために戻ってくる10月に行われたのである。

今年の世界渡り鳥の日は、「Energy - make it bird-friendly!:渡り鳥への影響の少ないエネルギー」がテーマだ。
再生可能なエネルギーシステムとテクノロジーの発達が、渡り鳥とその生息地に及ぼす影響を、最小化または軽減させることに焦点を当てている。

続きを読む "南アフリカで世界渡り鳥の日を祝う" »

2016年9月 1日 (木)

ロシアでは伐採業者がフクロウの最愛の友?

和訳協力:立田 智恵子、校正協力:石原 洋子

2015年9月29日 WCS News Release

フクロウと伐採業者は仲良くできるのだろうか?
ロシア極東の南部にある沿海地方で行われた最近の研究では、両者がうまく付き合うのが可能なだけでなく、絶滅の危機に瀕したBlakiston's fish owl(シマフクロウ)が沿海地方で生き延びるために必要であることが分かった。
この研究は、WCS(Wildlife Conservation Society:野生生物保護協会)、Russian Academy of Sciences(ロシア科学アカデミー)、そしてUniversity of Minnesota(ミネソタ大学)が実施したものである。

結果によれば、20,213㎢(7,804mile2)の調査区域のうち、シマフクロウに適している生息地の多く(43%)が伐採業者に貸し出されている土地にあった。
そのうち、自然保護地区として保護されているのは僅か19%(たった8組のフクロウのつがいにふさわしい広さ)しかない。
この研究の報告である論文「Blakiston's fish owl Bubo blakistoni and logging:applying resource selection information to endangered species conservation in Russia((仮)シマフクロウと伐採:ロシアにおける絶滅危惧種の保全への資源選択情報の応用)」は、査読付きの学術雑誌『Bird Conservation International』で、一定期間無料で閲覧できる。

これは「Spotted Owl vs Loggers II: Russia Edition((仮):Spotted Owl(ニシアメリカフクロウ)対伐採者II:ロシア版)」と同様の筋書きのように聞こえるかもしれないが、シマフクロウの擁護者とロシアの伐採業者の関係は、1990年代に米国太平洋岸北西部で起こったニシアメリカフクロウと伐採者との激しい論争ほど険悪ではない。

事実、沿海地方の北東部で最大の伐採業者のひとつであるOAO Amgu社は、すでに生物学者と協力して、彼らの土地にあるシマフクソウの生存に欠かせない渓畔林の区画選定を行っている。
つまり巣作りに適した大きな樹木や、沿川地域におけるフクロウが好きな餌である鮭を獲る場所などだ。

続きを読む "ロシアでは伐採業者がフクロウの最愛の友?" »

2016年4月28日 (木)

セレブらが、Wild About Gardens Weekにあわせて、庭でのハリネズミの保護を園芸家に呼びかける

和訳協力:池田 磯香、校正協力:佐々木 美穂子

2015年10月19日 The Wildlife Trust News

Twiggy氏、Ben Fogle氏、Bill Oddie氏、そしてChris Beardshaw氏は、今秋「Wild About Gardens Week((仮)庭の野生生物愛護週間、2015年10月26日から11月1日まで)」の支援を行っており、園芸家に対しハリネズミの保護を呼びかけている。

Royal Horticultural Society(RHS:王立園芸協会)とThe Wildlife Trusts(野生生物トラスト)が主催する、庭に生育・生息する野生生物のための年次イベントが、今年は自然保護団体のHedgehog Street(ヘッジホッグ・ストリート)と協力する形で行われた。
人々に非常に愛されているものの急激に生息数が減少しているハリネズミを守るために園芸家ができることを訴えるためである。
ウェブサイトwildaboutgardensweek.org.ukでは、あなたにできることや写真コンテストについて、またイベントやブックレットに関する情報を見ることができる。

Wild About Gardens Weekをサポートする著名人らが、私たちに何ができるかについて説明している。

British Hedgehog Preservation Society(BHPS:英国ハリネズミ保護協会)の後援者、Ben Fogle氏は、次のように述べている。

「皆ハリネズミが大好きなのです!彼らを保護するのはとても簡単なことだというのに、彼らがこんなに急速に姿を消しているのは悲しいことです。私たちは誰もが、ハリネズミたちのために生け垣を植え、彼らが通り抜けられるようフェンスに隙間を作り、彼らに住処を与えるために葉や丸太を積み重ね、庭の一部を整備しないで自然のままにしておく、などの方法を試みることができるのです」。

続きを読む "セレブらが、Wild About Gardens Weekにあわせて、庭でのハリネズミの保護を園芸家に呼びかける" »

2016年2月 5日 (金)

ヨーロッパに生息する野生ミツバチ類の約10%が絶滅に直面しており、50%以上の状況が不明

和訳協力:赤瀬 エリサ、校正協力:山本 麻知子

2015年3月19日 IUCN News story

ヨーロッパに生息するすべての野生のミツバチ類に対する史上初の評価書では、9.2%が絶滅の危機にさらされており、5.2%が近い将来絶滅する可能性があるとされた。
また全体の56.7%にも上る種が情報不足として評価されており、専門家やデータ、資金の不足により、これらの種の絶滅の危険性の評価は不可能な状況となっている。

本評価書は、European Commission(EC:欧州委員会)より資金提供されたThe IUCN European Red List of Bees((仮)ミツバチ類に関するIUCN欧州版レッドリスト)およびStatus and Trends of European Pollinators(STEP:(仮)ヨーロッパ花粉媒介者の状況と動向調査)プロジェクトの一環として、本日公表された。
これにより、ヨーロッパに生息する1,965種すべての野生のミツバチ類の状況や分布、個体数の動向、脅威などの情報が、今回初めて提供されたことになる。

「本書は、ヨーロッパの野生ミツバチ類の状況をこれまでで最もよく把握した評価書です」とIUCN(国際自然保護連合)のGlobal Species Programme(グローバル種プログラム)副代表のJean-Christophe Vie氏は語る。
「しかしながら、我々の持つ専門知識と資源はあまりにもわずかで、野生のミツバチ類に対する理解は不完全なものです。ミツバチは作物への花粉媒介に必要不可欠な役割を果たしています。ミツバチの減少をどのようにして覆すかということにおいて、考えられる最良の提言を提供するため、さらなる研究に早急に投資しなければならないのです」。

報告書によると、ミツバチの個体数は7.7%の種で減少し、12.6%の種では安定しており、0.7%の種で増加となっている。
ミツバチ類の残り79%の個体数の動向は不明である。

続きを読む "ヨーロッパに生息する野生ミツバチ類の約10%が絶滅に直面しており、50%以上の状況が不明" »

2016年1月29日 (金)

ヨーロッパの海水魚についての初めての完全な評価により乱獲による大きな脅威が明らかに

和訳協力:坂本 義教、校正協力:木田 直子

2015年6月3日  IUCN Redlist News Release

IUCN(国際自然保護連合)およびEuropean Commission(EC:欧州委員会)が本日発表したEuropean Red List of Threatened Species((仮)絶滅危惧種に関する欧州レッドリスト)によれば、ヨーロッパ海域では、ヨーロッパの海水魚全種のうち7.5%が絶滅の危機に瀕しているという。
一部の種は回復しつつあるとはいえ、その他の多くの商業魚種に関する海洋管理は成功を収めているとはいえない。
ヨーロッパのサメ類、エイ類、ギンザメ類の40.4%で絶滅の危険度が高まっている。

ECが資金調達したレッドリストの報告書は、初めてヨーロッパ原産の海水魚類を完全に評価したもので、地中海、黒海、バルト海、北海、大西洋北東部に生息する1,220種すべてを評価している。
この中には、これまでに大量に漁獲されてきた多くの種が含まれ、これらの種は大規模な商業的漁業や遊漁、零細漁業を支えてきたのだ。
絶滅の危機に直面している種の数が最も多いのは、地中海、イベリア半島西部の沿岸、マカロネシア諸島の海域である。

サメ類、エイ類、ギンザメ類(軟骨魚綱の魚たち)は、ヨーロッパでは絶滅の危険度が最も高い海水魚であり、その40.4%が絶滅の危機に瀕し、39.7%は個体数が減少していることが判明した。
たとえば、絶滅危惧IA類のAngelshark(学名:Squatina squatina、ホンカスザメ)は、かつてはヨーロッパの全海域で見られたが、漁業に伴う混獲の影響を受け、現在は主としてカナリア諸島周辺海域でしか見られない。

続きを読む "ヨーロッパの海水魚についての初めての完全な評価により乱獲による大きな脅威が明らかに" »

2015年9月 4日 (金)

保全活動の成功にもかかわらず、ヨーロッパの鳥類の13%がまだ絶滅の危機に

和訳協力:戸井田 若菜、校正協力:星子 啓子

2015年6月3日 IUCN Redlist News Release

European Commission(欧州委員会)とBirdLife International(バードライフ・インターナショナル)が作成し、本日発表した新たなEuropean Red List of Birds(欧州版鳥類レッドリスト)によると、ヨーロッパの鳥類の13%が絶滅の危機にあり、その主な原因は生息地の喪失、生息環境の悪化、気候変動であるという。

「欧州版レッドリストを見ると、個体数があまりにも減ってしまった種を救うために、残された最後の生息地を保護し、外来種の根絶や命取りとなる送電線の絶縁対策といった活動を行うなど、私たちが適切な対策に取り組んできたことがわかります」と、バードライフのEuropean Species Programme((仮)欧州種プログラム)の責任者であるChristina Ieronymidou氏は語る。
「しかし現在私たちは、農地における生態系の劣化から気候変動に至るまでの、さらに大きな問題に直面しています。このような問題には、より広範囲にわたる厳しい対応が迫られるのです」。

全ヨーロッパレベルにおいて評価された533種の鳥類のうち、67種(13%)は地域的絶滅の危機にあり、6種はすでに絶滅している(1800年以降)。
2004年以降、レッドリストで格上げされた鳥類は全部で29種にのぼる。
それらはかつて、ヨーロッパでは軽度懸念と考えられていたが、現在は絶滅が危惧されるかまたは準絶滅危惧種とされている。

例えば、かつては非常によくみられた海鳥2種が、現在は絶滅危惧IB類に指定されている。
Atlantic Puffin(ニシツノメドリ)とNorthern Fulmar(フルマカモメ)は北大西洋の象徴的な鳥であるが、その個体数は近年、魚の乱獲と気候変動の両方の影響により激減し始めた。

続きを読む "保全活動の成功にもかかわらず、ヨーロッパの鳥類の13%がまだ絶滅の危機に" »

2015年8月28日 (金)

ヨーロッパの薬用植物が減少、2%が絶滅の危機に――IUCNレポート

和訳協力:池田 磯香、校正協力:山本 麻知子

2015年5月26日 IUCN News story

IUCN(国際自然保護連合)は、European Red List of Medicinal Plants((仮)ヨーロッパ薬用植物レッドリスト)を作成し、これによりヨーロッパに自生しているすべての主要な薬用植物の現状についての情報が初めて発表された。
この評価には、樹木、水生植物、着生植物を含む、広い生育環境を持つ400の維管束植物が対象となっている。
これらの植物の中には、一般的に広く用いられるArnica(学名:Arnica montana、アルニカ)、St. John's Wort(学名:Hypericum perforatum、セイヨウオトギリソウ)、Rosemary(学名:Rosmarinus officinalis、ローズマリー)、Common Heather(学名:Calluna vulgaris、ギョリュウモドキ)などが含まれる。

「我々が使用する処方薬の50%近くに、植物由来の自然物質が使用されています。ヨーロッパの野生植物には非常に多くの種類があり、我々の健康を何世紀にもわたって支えてきたのです」と、EU Commissioner for Environment, Maritime Affairs and Fisheries (欧州連合環境・海事・漁業担当委員)のKarmenu Vella氏は言う。
「これらの植物には極めて多様な使用法があり、その経済的価値は明らかです。また、我々がこの価値ある自然資本を保護する必要があることははっきりしています。最新の科学データにより、我々は、自らが正しい道を進んでいるかを知ることができるのです」。

「絶滅危惧種の割合は、他の種のグループと比れば比較的に低いです。健康管理の他、ハーブティーやスパイス、食品、栄養補助食品、化粧品など、広範に使用される薬用種の重要性を考えれば、これは概して良いニュースであると言えます」と、IUCNのGlobal Species Programme (グローバル種プログラム)の副代表のJean-Christophe Vie氏は語った。
「しかし、絶滅というのは、野生生物を保護しようとする際に我々が考慮しなければならない基準の一つにすぎません。1/3近くの種の個体数が減少しており、このことから、これらの植物の長期的な生存のために積極的な保護策が必要であることがわかります」。

続きを読む "ヨーロッパの薬用植物が減少、2%が絶滅の危機に――IUCNレポート" »

2015年6月17日 (水)

IUCNが地中海地方東部における淡水生物多様性の危機的状況に警鐘を鳴らす

和訳協力:森田 猛、校正協力:オダウド 陽子

2015年2月2日 IUCN News story

International Union for Conservation of Nature(IUCN:国際自然保護連合)は、地中海地方東部における淡水生物多様性の包括的評価から憂慮すべき結論を発表した。
この調査のねらいは、現在この地域において知名度の低い淡水生物多様性保全の喚起、総合水資源管理の実践の促進、政策立案者に対する信頼性の高い最新データの提供である。

World Wetlands Day(世界湿地の日)である2月2日に、地中海地方東部に生息する1,236種(魚類、軟体動物、トンボ類、イトトンボ類、植物、鳥類、両生類、哺乳類、節足動物)の保護状況の評価の研究が発表された。
これらの種のうち3分の1近くは地球上のほかの地域ではみられない種であり、この地域が生物の宝庫であることを示している。

今回の調査により対象種のほぼ5分の1(19%)、ならびにこの地域の固有種の半数以上(58%)が絶滅の危機に晒されていることが明らかになった。
6種(すべて魚類)は地球全体で絶滅(EX)、さらに18種(魚類7種と軟体動物11種)についてはCritically Endangered Possibly Extinct((仮)絶滅寸前で絶滅した可能性がある種)とされ、早急に実態調査を行い、これらの種がまだ存続しているかの確認を要すると判定された。

トルコの草の根保護団体Doğa DerneğiのEngin Yilmaz会長は、「調査によりこの地域の淡水生物の生育・生息環境が切迫した状況にあることがわかります。淡水環境に生息する種を守り、そして社会的、経済的、環境的側面で将来必要とされる、淡水環境がもたらす価値を守るためには、早急に湿地の復旧および保護を行う必要があります」、としている。

続きを読む "IUCNが地中海地方東部における淡水生物多様性の危機的状況に警鐘を鳴らす" »

2015年5月 4日 (月)

クマ・パトロール隊、ホッキョクグマの毛皮の違法取引を監視

和訳協力:池田 磯香、校正協力:松尾 亜由美

2015年1月15日 The Polar Bear Programme News

2014年12月初め、WWF(世界自然保護基金)ロシアのクマ・パトロールの専門家らは、インターネット上でホッキョクグマの毛皮の違法取引の証拠の探索を行った。
2003年以来行われているこのようなキャンペーンは9回目を迎える。
データは過去22カ月にわたって集められた。

クマ・パトロールのメンバーは、ホッキョクグマの毛皮の販売に関する38件の書き込み、そして、数頭(3頭から8頭まで)のホッキョクグマの毛皮の購入が可能であると買い手に情報提供している7つのウェブサイトを発見した。

結果として、価格は10年前に監視活動を始めて以来最高レベルに達していることが判明した(最高で毛皮1枚当たり290万ルーブル(約540万円、2015年2月24日付換算レート:1ルーブル=1.86円))。
ホッキョクグマの毛皮1枚の平均価格は現在22,280ドル(約265万円、2015年2月24日付換算レート:1ドル=118.91円、以降同レートとする)で、前回の調査時より200ドル(約24万円)上がっている。

価格の高騰はおそらく、カナダから合法的に輸出された毛皮の増加が原因だろう。
しかし、最近ロシア産の毛皮も高値で売られている。
これは、ロシア製の毛皮がカナダ製と偽られているということであろう。

「ホッキョクグマの毛皮の違法取引に対しての罰則が強化されたにもかかわらず、彼らは依然としてインターネットでの販売を続けているのです」と、WWFロシアのクマ・パトロール隊のリーダー、Viktor Nikiforov氏は述べた。
「ロシアでのオンライン販売は、地理的に言えば、モスクワとサンクトペテルブルグに集中しています。そしてかなりの数(25%以上)がウクライナ地区の市場(キエフで3件、そしてさらにドニプロペトロウシクとドネツクで3件)で見つかっています」。

ニュースソース
http://programmes.putin.kremlin.ru/en/bear/news/24998

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

2015年3月12日 (木)

EU、絶滅危惧種の違法な殺害を減らすために1200万ユーロを投資

アフリカ、カリブ海、太平洋において追い詰められている種に焦点を当てた資金提供

和訳協力:岡本 明子、校正協力:榛木マエ 久実

2014年7月4日  CITES Press Releases

European Commission(EC:欧州委員会)とConvention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora (CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称「ワシントン条約」)の事務局は、アフリカ、カリブ海、太平洋における象徴種の密猟を最小限にするために、1200万ユーロ(約15億8千万円、2015年3月10日付換算レート:1ユーロ=131.4円)を支援する協定に、今週署名した。

Minimising the Illegal Killing of Elephants and other Endangered Species (MIKES:(仮)ゾウおよびその他の絶滅危惧種の密猟最小化プログラム)と呼ばれる計画の期間は50カ月あり、法施行基準とレンジャーによる監視体制に基づいて、ゾウやその他の象徴種の実情と脅威について定期的な信用できる情報をもたらしている。

European Union(EU:欧州連合)は、特に、アフリカ、カリブ海、太平洋(ACP)グループ諸国の事務局との関係において、野生生物犯罪と闘う世界的な取り組みを強化するきわめて重要な役割を担ってきた。
ECは、ボツワナでのゾウサミット開催期間中の2013年12月にMIKESを支持する決定を発表した。

「違法取引ために野生動物を殺害している犯罪者達との闘いは、前線では勝ったり負けたりするでしょう。このプロジェクトは、まさにより一層の支援が必要とされる厳選された現場で勇敢に尽力しているレンジャー達に、実用的で即時的なサポートを提供するものなのです」と、CITESのJohn E. Scalon 事務局長は述べている。

「EUは長期にわたる変わらないCITESの支持者であり、国家レベルで効果的なCITES規制を施行してきました。それは、このタイムリーで必要性の高いイニシアティブによってさらに強化されています」と、Scalon事務局長は付け加えた。

続きを読む "EU、絶滅危惧種の違法な殺害を減らすために1200万ユーロを投資" »

より以前の記事一覧