フォト
無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

15 魚類

2018年7月14日 (土)

インドネシアの漁師たちはフカヒレスープの需要に応えて儲けるためにフカヒレ漁に依存する

インドネシアの漁師たちはフカヒレスープの需要に応えて儲けるためにフカヒレ漁に依存する

和訳協力:櫻葉汀 ミホ

2018年4月15日 South China Morning Postニュースより一部抜粋

フカヒレ漁はインドネシアにおいて違法であるにもかかわらず、その行為は広く行なわれている。
報告によると、インドネシアがフカヒレの最多輸出国であり、次いでインドである。
漁獲量の多くは合法的なサメ漁に由来するかもしれないが、フカヒレ量からのフカヒレの漁獲量は不明で、しばしば需要のある保護対象種が標的となる。

インドネシア海洋・水産省の海洋管理総局によると、通常フカヒレの輸出先は香港、中国、マレーシア、カナダ、シンガポール、ベル―およびロシアである。

続きを読む "インドネシアの漁師たちはフカヒレスープの需要に応えて儲けるためにフカヒレ漁に依存する" »

2018年3月31日 (土)

ウナギをめぐる壮絶な戦い

和訳協力:日高 穂香

2018年2月5日 Smithsonian.com記事より抜粋

問題となっているウナギは、古くから生息し、カナダの先住民Prosperの1部族であるPaqtnkek Mi'kmaw部族から珍重されている種だ。
この部族では数千年にわたり、このウナギを食料や材料、薬、神への供物として用いてきた。
ロブスターやサーモンほど魅力的ではなく、何十年もの間商業的価値がこうした海産物よりもはるかに劣っていたこのウナギは、長い間、カナダ大西洋州の多くの大規模な商業的漁業者の魚群探知機から逃れてきた。
しかしウナギへの世界的な需要の急増に伴い、この状況は急速に変化している。

続きを読む "ウナギをめぐる壮絶な戦い" »

2018年1月23日 (火)

地中海でのタツノオトシゴ類・ヨウジウオ類減少の最初の兆し

和訳協力:河本 惠司、校正協力:河村 美和

2017年1月23日  IUCN News

ヨウジウオ科の魚は、オスが妊娠し、稚魚そのものを出産するユニークな魚類である。
絶滅危惧種に関するIUCN(国際自然保護連合)レッドリストによると、地中海では、評価されたタツノオトシゴ類の15%近くがNT(準絶滅危惧)とされており、これは、今の傾向が続けば、それらのタツノオトシゴ類が間もなく絶滅の危機に瀕してしまうことを意味するものだ。
地中海に生息するタツノオトシゴ類の半数以上については、絶滅のリスクを評価するための情報が不足している。
したがって、その分布、個体数動向、脅威を調査し、保全対策が必要かどうかを判断するためには、さらなる研究が急務である。

タツノオトシゴ類やヨウジウオ類は主に、生息地の減少および劣化の脅威にさらされており、その原因は、沿岸開発、ならびにトロール網および底引き網などの破壊的な漁具の使用である。
またこれらの魚類は、トロール網漁で混獲されて時にはそのまま飼われたり、水族館への販売用に漁獲対象にされたり、伝統医学の薬に利用されたり、珍しい魔除けおよび宗教的なお守りとして使用されたりすることもある。

こうした高まる脅威に立ち向かうために、過去数十年に生息数の20~30%が減少したNTに指定されているタツノオトシゴ類である、Hippocampus hippocampus(ヨウジウオ科タツノオトシゴ属の1種)およびHippocampus guttulatus(ヨウジウオ科タツノオトシゴ属の1種)は共に、Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora(CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称ワシントン条約)によって既に保護されており、またSpecially Protected Areas and Biological Diversity Protocol of the Barcelona Convention(SPA/BD:地中海の特別保護地域と生物多様性に関する議定書)の附属書IIにおいても保護対象にされている。
さらに、地中海沿岸国の中にはスロベニアのように、こうした種を法的に保護する国もある。

続きを読む "地中海でのタツノオトシゴ類・ヨウジウオ類減少の最初の兆し" »

2017年10月31日 (火)

イトマキエイを取り巻く変化

和訳協力:コスキー・福田 志保、校正協力:鈴木 康子

2017年3月30日  IUCN News

マンタ(オニイトマキエイ属のエイ類のこと)は世界中のスキューバダイバーが探し求める優雅で、海洋生物の象徴とも言える存在である。
マンタの近縁種であるイトマキエイ(イトマキエイ属のエイのこと)には9種がおり、マンタに比べて知名度が低いものの、専門家でない限りほとんどマンタと見分けがつかない。
観光客に人気のマンタは知名度があるため、保護への動きに高まりが見られる一方、イトマキエイが注目されることは少なく、個体数のさらなる減少リスクが高まっている。
ICUN(国際自然保護連合)のSpecies Survival Commission(種の保存委員会)、Shark Specialist Group(SSG:サメ類専門家グループ)のJulia M Lawson氏とNicholas K Dulvy氏はそう記している。

鰓板の国際取引がイトマキエイとマンタを脅威にさらしている。
濾過摂食を行うエイ類は、太陽に照らされる表層海水を軟骨性の鰓板繊維を使って"ふるいにかける"ことにより、プランクトンや小魚を濾しとって食べている。
鰓板は中国南部や世界中の中華街で需要が高く、最終的な売値が1kg当たり400ドル(約4万5千円、2017年4月30日付換算レート:1USドル=111.5円)に達することもある。
取引では2種類のマンタと3種類の大型のイトマキエイから取れる大きな鰓板が好まれるが、小型の種や稚魚の鰓板も市場に出回っている。

鰓板は「Peng Yu Si」という商品名で、免疫機能を強化し、血行を促進することで病を防ぐとされる滋養強壮剤の主材料として取引されているが、健康上の効能に根拠はない。
鰓板が伝統的漢方薬として使われるようになったのは比較的最近の1970年代で、過去10年にわたり使用量は増加している。

続きを読む "イトマキエイを取り巻く変化" »

2016年9月24日 (土)

ウナギ属の保全と取引について(CITES CoP17の決議案)

-解釈と施行に関わる問題、特定種に関わる問題-

和訳協力:蛯名 郁矢、校正:JWCS

1. 当文書は、EUおよび加盟諸国により提出された。

背景
2. ウナギ属の国際的な取引は数十年続いており、養殖や食料品、アクセサリーに関わる製品が取引対象になっている。回遊の障害物、棲息地の喪失、タービンに巻きこまれての死亡、汚染、疾病、寄生虫、捕食者などその他多くの問題や、上記の取引および国内使用を目的としたウナギ属の漁獲により、一部のウナギ属の個体群は、種の存続を妨げる利用を避けるために取引を管理することが求められる水準にまで減少した。しかしながら、個体数の減少を理由に、ある一種類のウナギ属の採集と取引の両方またはいずれかを規制すると、別の種に需要が向かう。したがって、ウナギ属を種全体として持続的に管理できるよう、その取引と管理状況についてのデータを一元化することが急務である。

3. Anguilla anguilla(ヨーロッパウナギ)はCoP14にてワシントン条約附属書IIに掲載され、2009年より施行された。ヨーロッパウナギの生物学的実態につては、とりわけICES/GFCM/EIFAAC2 Working Group on Eels(WGEEL)により数年間に渡り監視されている。 ヨーロッパ域内では激減した状態であるあめ、2010年12月以降ヨーロッパウナギに対するnon-detriment find(種の存続等を害することにならないという確認・NDF)に認可を与えることができていない。近年、ヨーロッパウナギのEU内外への輸出入は認められておらず、2011年以降、全EU加盟国の同種の輸出割り当て量はまったくない状態が続いている。ヨーロッパウナギの保護状態を改善するために、2007年にEUではウナギ保護に関するEU内での法令を採択し、ヨーロッパウナギの資源量の回復の手立てを打った。この「規則」に定められた義務に従い、EU加盟国は国際的な水準でウナギ資源管理計画を策定してきた。そうした管理計画には、産卵場所に向かって海洋に泳ぎ出るウナギの成体の割合が、人間の影響がなければそうなっていただろう推定資源量の少なくとも40%以上には長期的に到達することを目的とした管理政策(具体的には、漁業の削減、川の「継続性」の改善、汚染の軽減など)が含まれている。

続きを読む "ウナギ属の保全と取引について(CITES CoP17の決議案)" »

2016年4月21日 (木)

オニイトマキエイの個体群に関する予備調査開始

和訳協力:村井 光、校正協力:鈴木 康子

2015年10月19日 CMS News

CMS(移動性野生生物の種の保全に関する条約、通称「ボン条約」)の事務局は、モナコ政府からの資金援助を受け、Manta Trust(マンタトラスト)と協力して、ガラパゴス諸島とエクアドルおよびペルーの沿岸海域におけるGiant Manta Ray(オニイトマキエイ、通称マンタ)の個体群の関連性に関する予備調査を開始した。

オニイトマキエイの個体群は、漁獲による持続不可能なほどの影響を受けており、その乾燥鰓板の需要が増加するにつれ、その影響はますます増大している。
漁師が狙う海域のオニイトマキエイの個体群が急速に減少しているのは、数々の状況証拠からも確実である。

続きを読む "オニイトマキエイの個体群に関する予備調査開始" »

2016年4月 1日 (金)

気候変動が進んだらサメは捕食者でいられないかもしれない

和訳協力:鈴木 康子、校正協力:オダウド 陽子

2015年11月13日 e360 digest

アデレード大学(オーストラリア)の研究者がScientific Reports誌に発表した研究によると、気候変動が進んで海中の二酸化炭素(CO2)濃度と海水温が上昇すると、サメが小型化するとともに、捕食者としての攻撃性が低下するかもしれないという。

研究室の大型水槽で、餌となる底生生物を探すのに嗅覚を頼りにするサメの一種であるPort Jackson sharks(ポートジャクソンネコザメ)の飼育実験を行った結果、水温とCO2レベルを同時に上昇させると、サメのエネルギー必要量は増加し、代謝効率は低下することがわかった。
過去に行われたCO2と嗅覚に関する研究で確認されていたことだが、CO2レベルが上昇すると、サメの嗅覚もエサを探し出すことができないほど鈍くなった。
同時に、実験環境でのこれらの効果がサメの成長速度を劇的に低下させた。

Ivan Nagelkerken主任研究員は「捕食能力が低下することにより、サメは最強の捕食者ではいられなくなるでしょう。しかし、サメが食物連鎖の頂点の地位にいることは海の生態系を健全に保つためには必要不可欠なのです」と述べている。

ニュースソース:
http://e360.yale.edu/digest/sharks_will_likely_be_less_effective_hunters_with_climate_change/4584/

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

2016年1月29日 (金)

ヨーロッパの海水魚についての初めての完全な評価により乱獲による大きな脅威が明らかに

和訳協力:坂本 義教、校正協力:木田 直子

2015年6月3日  IUCN Redlist News Release

IUCN(国際自然保護連合)およびEuropean Commission(EC:欧州委員会)が本日発表したEuropean Red List of Threatened Species((仮)絶滅危惧種に関する欧州レッドリスト)によれば、ヨーロッパ海域では、ヨーロッパの海水魚全種のうち7.5%が絶滅の危機に瀕しているという。
一部の種は回復しつつあるとはいえ、その他の多くの商業魚種に関する海洋管理は成功を収めているとはいえない。
ヨーロッパのサメ類、エイ類、ギンザメ類の40.4%で絶滅の危険度が高まっている。

ECが資金調達したレッドリストの報告書は、初めてヨーロッパ原産の海水魚類を完全に評価したもので、地中海、黒海、バルト海、北海、大西洋北東部に生息する1,220種すべてを評価している。
この中には、これまでに大量に漁獲されてきた多くの種が含まれ、これらの種は大規模な商業的漁業や遊漁、零細漁業を支えてきたのだ。
絶滅の危機に直面している種の数が最も多いのは、地中海、イベリア半島西部の沿岸、マカロネシア諸島の海域である。

サメ類、エイ類、ギンザメ類(軟骨魚綱の魚たち)は、ヨーロッパでは絶滅の危険度が最も高い海水魚であり、その40.4%が絶滅の危機に瀕し、39.7%は個体数が減少していることが判明した。
たとえば、絶滅危惧IA類のAngelshark(学名:Squatina squatina、ホンカスザメ)は、かつてはヨーロッパの全海域で見られたが、漁業に伴う混獲の影響を受け、現在は主としてカナリア諸島周辺海域でしか見られない。

続きを読む "ヨーロッパの海水魚についての初めての完全な評価により乱獲による大きな脅威が明らかに" »

2015年5月20日 (水)

サメ類に関するCITES附属書掲載の歴史

和訳協力:久野 陽子、校正協力:石原 洋子

CITES Website (2015年5月14日現在)

サメ類(板鰓亜綱に属する種)は、2003年からCITES(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称「ワシントン条約」)の附属書に掲載され始めた。
年々、さらに多くの種類が追加されており、現在18種類がCITESの附属書に掲載されている(詳しくは下の表注)を参照)。

種別
附属書
発効日
Cetorhinus maximus (Basking shark:ウバザメ)

(2000年9月13日以降発効日まではⅢ)
2003年2月13日
Rhincodon typus (Whale shark:ジンベイザメ)
2003年2月13日
Carcharodon carcharias (Great white shark:ホオジロザメ)

(2000年9月13日以降発効日まではⅢ)
2005年1月12日
Pristidae spp. (Sawfishes:ノコギリエイ科-7種)
2014年9月14日
Lamna nasus (Porbeagle shark:ニシネズミザメ)

(2000年9月13日以降発効日まではⅢ)
2014年9月14日
Carcharinus longimanus (Oceanic whitetip shark:ヨゴレ)
2014年9月14日
Sphyrna lewini (Scalloped hammerhead:アカシュモクザメ)

(2000年9月13日以降発効日まではⅢ)
2014年9月14日
Sphyrna mokarran (Great hammerhead shark:ヒラシュモクザメ)
2014年9月14日
Sphyrna zygaena (Smooth hammerhead shark:シロシュモクザメ)
2014年9月14日
Manta spp. (Manta rays:オニイトマキエイ属全種)
2014年9月14日

続きを読む "サメ類に関するCITES附属書掲載の歴史" »

2015年5月18日 (月)

マダガスカル政府が国内初のサメ保護区を設立

和訳協力:赤瀬 エリサ、校正協力:浅原 裕美子

2015年2月4日 WCS Press Releases

・19種のサメを保護するアントゥンギル湾の新保護区
・新法により、地方自治体に対し漁業区域の独占的使用および管理の権利を付与

Wildlife Conservation Society(WCS:野生生物保護協会)によると、マダガスカル政府は、国内の海洋資源とそれに依存する自治体を守る新法の一環として、国内初のサメのための海洋保護区を設立した。

2月2日に開かれたマダガスカルの首都アンタナナリボでの記者会見でマダガスカル政府は、アントゥンギル湾にサメの保護区を設置し、沿岸部の自治体に対してその地域の漁業区域における独占的使用および管理の権利を与える新法の施行を開始することを発表した。
またこの新法は、ロングアイランド湾よりわずかに広い1,446平方マイルの広さを持つアントゥンギル湾での、外国漁船による漁業活動を規制するものでもある。

「WCSからご支援をいただき、この法律や管理計画を策定するために、参加型で協調的なアプローチを採用しました。そして合理的かつ持続可能な水産資源の開発を確かなものにするために、漁業活動と健全な生態系のバランスを追求することにしました」と、アンタナナリボで行われた記者会見で漁業・水産資源省のAhmad大臣は語った。

「これからの20年、アントゥンギル湾での野生生物保護や持続可能な自然資源の管理に力を入れることでWCSがこの分野でその存在感を示し、地方自治体、漁業・水産資源省などの政府機関、および利害関係者らと長期的な戦略的同盟やパートナーシップを結んだことが、この成功のカギなのです」と、WCSのマダガスカルプログラムの同国内の責任者であるAlison Clausen氏は述べた。
「私たちは、マダガスカル政府と連携してアントゥンギル湾でのこの新しい試験的な漁業共同管理の構想を実行し、ほかの漁業区域への導入を促進することを期待しています」。

続きを読む "マダガスカル政府が国内初のサメ保護区を設立" »

より以前の記事一覧