フォト
無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 50年以上にわたりタグ装着・再捕獲したサメから得られた最新のサメアトラス | トップページ | アフリカゾウの生息域分布はヒトの占有する生態系では採餌機会により強い影響を受ける »

2020年3月27日 (金)

違法な伐採、漁業、野生生物取引の実質費用は年1兆~2兆ドルに

和訳協力:深井 悠、校正協力:鈴木 洋子

2019年10月29日 World Bank Blogs

違法な伐採、漁業、野生生物取引により、世界から貴重な天然資源が、そして最終的には開発の利益や人々の暮らしが奪われている。
統計値は厳しい現実を示しており、象牙を得るために約30分に1頭のゾウが、また角を取る目的で8時間に1頭のアフリカのサイが密猟され、魚は5匹のうち1匹は不法に漁獲されており、そして特にアフリカと南アメリカにおけるある特定の国々では、木材の50~90%が違法に切り出されて取引されている。
すべての違法取引額のうち35%はシタン材に由来すると推定される。

世界銀行は先週「Illegal Logging, Fishing and Wildlife Trade: The Costs and How to Combat It((仮)違法な伐採、漁業、野生生物取引-そのコストと戦い方)」という新たなレポートを発表した。
本レポートでは、これらの違法行為の年間のコストを1兆~2兆ドル(約110兆~220兆円、2020年2月18日付換算レート:1USドル=109.75円)という膨大な金額であると計算した。
こうした損失のうち90%以上が、森林や野生生物、沿岸資源がもたらし、炭素貯蔵、生物多様性、水のろ過、洪水貯留など、現在は市場によって評価されていない生態系サービスに由来しているものだ。

この市場の失敗は、地球の生態系保全の取り組みについての大きな政策課題となっている。
天然資源の原産国政府は、地球の生態系保全のための財政的な利益を獲得するべきなのだ。
そして地域の暮らしを改善し財政的な収益を増やすために、合法的で持続可能な伐採や森林管理、合法的な漁業と野生生物取引を促進する必要がある。

こういった生態系サービスを保全することは、Sustainable Development Goals(SDGs:持続可能な開発目標)を進展させるために不可欠である。
違法行為は、多くのSDGsの目標、中でも特に、生物多様性の保全と気候変動の制限に左右される目標を達成しようとする、私たちの能力を蝕んでいる。
達成を阻害されているSDGsの目標には、貧困、飢餓、健康、水と公衆衛生、持続的な都市とコミュニティ、気候変動対策、海洋生物、そして陸上生物に関するものが含まれている。
これは特に、生計が不均衡に自然資本に依存している低所得国に当てはまる。
最新のレポートによると、こうした国々においては、政府が推定で年間70億~120億ドル(約8000億円~1兆3000億円)の潜在的な財政的な収益を失っているとされている。

市場の失敗の問題に加えて、違法な伐採、漁業および野生生物の取引は、官民両部門にわたる組織的な汚職とぜい弱な統治によって拍車がかかっている。
この数十億ドル規模の国際的な違法取引は、国際的な犯罪組織によって行われており、範囲と収益において人身売買や麻薬密売と比肩するものである。
的を絞った取り組みや、しばしば成功を収めた取り組みが行われたにもかかわらず、こうした違法行為と戦うイニシアチブは、他の国際的な犯罪と戦う取り組みと比較すると見劣りがする。
例えば2019年の世界銀行の調査によると、アフリカとアジア67か国の違法な野生生物取引を取り締まるために、年間およそ2億6000万ドル(約285億円)が費やされている一方で、2017年に米国連邦政府のみで麻薬管理の取り組みに300億ドル(約3兆3000億円)を費やしたことが判明した。

では、世界の貴重な天然資源の違法取引に取り組むにはどうすればいいのだろうか?
このレポートは、こうした違法行為の根本原因に対処するための、地域、国、世界規模ででの行動を調整する有用なロードマップを提供している。
また、こうした犯罪に対処し、天然資源を保護する取り組みを強化するために、国の能力を各国が向上させる一助となる方策も提案している。
例えば、不正資金の洗浄やテロリストの資金調達に対してのリスク評価を行う場合、各国が脅威、脆弱性、そして環境犯罪の影響を考慮することができる、などである。

他に提案された方策には以下のものがある。

・天然資源の大規模な違法取引は、国際的な組織犯罪と同じくらい深刻であることを理解すること。
・違法取引されている野生生物、林産物、海産物の需要に拍車をかけるインセンティブや行為を変えること。
・天然資源の違法取引に取り組むために財政的援助を拡大し、官民で提携ができるようにすること。
・持続的な生計を促進するために、ガバナンスを強化し、絶滅の危機の恐れがない野生生物や漁業対象種および樹木の合法的取引を支援する商的、法的、財政的環境を確立すること。
・自然資産の管理と違法活動との戦いから得られる恩恵を分かちあうために、解決策の設計と実施の際に、地域コミュニティ、特に先住民族を中心に据えること。
・サプライチェーン全体における違法行為に対処するために国の戦略を活用すること。
・炭素貯蔵や生物多様性などの地球全体の生態系サービスによる恩恵を獲得すること。

何よりも、このような違法行為と戦い、自然資本会計によって天然資源の真の価値を記録するために、私たち、すなわち官民部門、非政府組織や市民団体、地域コミュニティや先住民族が、皆ともに協力する必要がある。
協力すれば、私たち皆が依存しているこれらのかけがえのない生物多様性資源の保護の現状を変えることができるのだ。

こちらのリンク先からレポートを読んで欲しい。
Global Environment Facility(GEF:地球環境ファシリティ)により資金提供を受けている Global Wildlife Program(GWP:世界野生生物プログラム)は、「Illegal Logging, Fishing and Wildlife Trade: The Costs and How to Combat It」の研究および制作に資金を援助した。
Juan Jose Miranda Montero氏、Elisson Wright氏、Muhammad Najeeb Khan氏からなる世界野生生物プログラム/世界銀行グループのチームが、本論文を執筆した。

ニュースソース:
https://blogs.worldbank.org/voices/real-costs-illegal-logging-fishing-and-wildlife-trade-1-trillion-2-trillion-year?cid=SHR_BlogSiteShare_EN_EXT

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

« 50年以上にわたりタグ装着・再捕獲したサメから得られた最新のサメアトラス | トップページ | アフリカゾウの生息域分布はヒトの占有する生態系では採餌機会により強い影響を受ける »

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 50年以上にわたりタグ装着・再捕獲したサメから得られた最新のサメアトラス | トップページ | アフリカゾウの生息域分布はヒトの占有する生態系では採餌機会により強い影響を受ける »