フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 自然と共存する社会の実現(B20東京サミット協働提案より一部抜粋) | トップページ

2019年9月 6日 (金)

サメの保護のため貧困と生態系の課題に取り組むリベリア

和訳協力:深井 悠、校正協力:木田 直子

2019年1月25日 PHYS ORG news

George Toe氏は、サメを何匹か捕まえれば漁師の懐が潤い、ひもじい家族を養う一助となった古きよき日々を思い起こす。

15年ほど前には、地元の漁師が危険を冒してリベリア沖に出れば、船に魚を200匹、場合によっては300匹載せて戻ってこれると見込めたものだと45歳の男は回想する。

「今は10匹捕まえるのさえ難しいです」とToe氏は語る。
「今は、何か見つけるまでに45mile(72km)は海に出ないといけません」。

Toe氏の懸念には、世界最貧困国の1つであるリベリアが直面するジレンマが集約されている。
リベリアは、絶滅の危機に瀕しつつも過小評価されることの多い、これらの美しい種の保護に努めているからだ。

毎年何千万匹ものサメやエイが、概して東アジアや東南アジアにおけるフカヒレスープや伝統薬に用いられる製品に対する貪欲な需要を満たすために、海から引き上げられる。

乱獲によって海の健康に壊滅的な影響が生じていると専門家は語る。
しかしこれらの種の保護は、漁獲をきわめて重要な収入源と見なす漁師からの反対に遭うことが多い。

漁はリベリアに住む30,000人を超える人々に生計を立てさせ、リベリア国内で消費されるすべての動物性たんぱく質の2/3を占める。

国連の人間開発指数において、リベリアは189か国中181位と低位置につける。
平均給与は月あたり100ドル(約10,630円、2019年8月31日付換算レート:1USドル=106.3円)で、多くのリベリア人は1日当たりわずか1ドル(約106円)でやりくりしている。

サメとエイの保全には、これらの古くから存在する種の存続だけでなく、商用になる魚資源の維持もかかわっている。

「サメを失うことにより、生態系の著しい不均衡が引き起こされる可能性があるのです」と、運動団体であるEnvironmental Justice Foundation(EJF:環境正義財団)は語る。

サメを捕獲すると、頂点捕食者を欠いた中で大型魚が多くの小型魚を捕食するため、食物連鎖が崩れるのだ。

監視プログラム

3年間のイニシアティブの下、National Fisheries and Aquaculture Authority(NaFAA:国家漁業養殖公社)はサメとエイの個体数に関するデータを収集する予定だ。
個体数と生息域を監視し、合法な漁と違法な漁の双方を追跡する。

この活動は、サメとエイの保全に役立つように、2014年にリベリアが他の西アフリカ12か国と交わした、訓練とデータ収集に関する誓約に従うものだ。

試験プログラムでは、リベリア海域においてヒラシュモクザメからイトマキエイ類までの19種が記録された。

これらの種はいずれも、絶滅危惧種に関するIUCNレッドリストにおいて注視すべき存在だ。

EJFによるとサメとエイはゆっくりと成長し、性的成熟に達するのが遅く、繁殖率が低いために特にぜい弱であるという。

「これらの種の正確な個体数の監視と持続的な管理は、長期的な解決のために、リベリアの漁業にかかわる人々と、彼らがよって立つ生態系の双方にとって必要不可欠なのです」と、水産庁のEmma Glassco長官は語る。

疑念

しかしデータ収集は1つのステップにすぎない。
大事なのは海で何が起きているかであり、地元の漁師たちの支援も不可欠だ。

AFP通信社の取材に応じた人の多くは明らかに疑念を抱いていた。

42歳の漁師であるKojo Amuaysee氏は、港に戻り、電動モーターカヌーからサメを2匹水揚げしながら言った。
「昔は十分に魚が捕まえられたものです…今はかつて魚を捕まえていた場所で魚を捕まえるのは難しいんです」。

しかしAmuaysee氏は、漁業に携わる「ひとが多すぎるんです」と語った。

「私は、サメやエイを殺したから魚がいなくなったとは思いたくありません」。

Toe氏は、漁獲量の減少は、隣接するコートジボワールとギニアからの違法トロール漁業者の行いのせいだという。

「彼らは私たちの海域に漁にやって来て、その後不要な魚を海に捨てるので海が汚染され、生きている魚が追いやられてしまいます。はるか遠くへ行ってしまうんです」。

EJFは、なぜサメやエイが極めて重要であるかを漁師に説明するための、映像を見せる草の根プログラムによる保全計画を後押ししている。

普及活動からは、漁師たちが保全活動に鋭敏な感受性を持てることが窺える。
EJFのAugustine Fayiah氏は、サメの乱獲を罰するための法律の制定を提案した人もいた、と語った。

「3年の間に、漁師たちが自らを律せるかどうかが分かるでしょう。もしできないなら、政府はこの2種を殺すことを止めさせる法律の制定を決断するかもしれません」と、Fayiah氏は語った。

ニュースソース:
https://phys.org/news/2019-01-liberia-poverty-ecology-sharks.html

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

 

« 自然と共存する社会の実現(B20東京サミット協働提案より一部抜粋) | トップページ

15 魚類」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

29 海洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然と共存する社会の実現(B20東京サミット協働提案より一部抜粋) | トップページ