フォト
無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 男性が発見した、何千もの野生のタツノオトシゴの死体を売る店 | トップページ | 警察がスペインでクロマグロの違法取引のネットワークを壊滅 »

2019年1月19日 (土)

アジアゾウが象皮取引という新たな脅威に直面

和訳協力:易 あかね

皮の違法取引が薬や高級品の相場を値上がりさせている

2018年4月24日 Nikkei Asian Reviewより一部抜粋

かつて象牙を狙われ、既にアジアでは絶滅の危機にあるゾウが、新たな脅威に直面している。
ミャンマーやその他の国の密猟者が、中国で売られる宝飾品や大象珠、また胃潰瘍やガンに効くと言われる治療薬の材料となる象皮を販売しているのだ。
他の場所では、象皮はゴルフバッグやデザイナーブーツなどの高級品から財布やベルト、そしてバイクのシートの材料にすらなるのだ。

アジアゾウの皮の違法取引は、小規模な皮の販売から卸売販売に至るまでここ4年で成長してきている。
英国を拠点とする野生生物の保護団体であるエレファント・ファミリーによると、アジアでは、違法取引には中国の製薬会社の一部によるものと同様に、公開した形でのネット販売が含まれているという。
エレファント・ファミリーは、中国製品のほとんどがアジアゾウの皮の違法貿易の産物であると考えている。
アフリカ4カ国から法的な認可を受けた象皮取引は厳しく管理され、規制されている。

自然保護活動家らは、象皮が密猟の動機として象牙に取って代わり始めることや、どのような合法な取引であっても違法取引に抜け穴をつくるものであることを危惧している。
これらの理由から環境保全論者はアジアゾウの皮の輸入を完全に禁止するよう、各国に要請している。

団体による詳細な報告書は火曜日にバンコクで発表されたが、ミャンマーのハンターから違法取引の痕跡をさかのぼり、ミャンマーやラオスで象皮が切られもしくは粉にされ、そしてその後中国へ密輸されていたという流れを突き止めた。
以前の報告書では、スイスを拠点とするWWF(世界自然保護基金)が、象の剥皮はタイやインド、ラオス、コロンビア、マレーシアに広がる可能性があると警告していた。

ニュースソース:
https://asia.nikkei.com/Location/Southeast-Asia/Thailand/Asian-elephants-face-new-threat-in-skin-trade

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 男性が発見した、何千もの野生のタツノオトシゴの死体を売る店 | トップページ | 警察がスペインでクロマグロの違法取引のネットワークを壊滅 »

01 ゾウ」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアゾウが象皮取引という新たな脅威に直面:

« 男性が発見した、何千もの野生のタツノオトシゴの死体を売る店 | トップページ | 警察がスペインでクロマグロの違法取引のネットワークを壊滅 »