フォト
無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« ライオンの骨の取引における南アフリカの役割:見過ごされている話 | トップページ | 米Trump大統領の諮問委員会、トロフィーハンティングを野生生物保護へすり替えか »

2018年11月17日 (土)

リザードキング~違法野生生物取引の象徴

違法野生生物取引の中心人物に関する潜入捜査-リザードキングは商売を再開するのか?

和訳協力:加藤 有起枝

2018年7月6日 アル・ジャジーラメディアネットワークニュースより一部抜粋

野生生物の違法取引は少なくとも年間19億ドル(2兆円以上)の価値があると考えられており、それは、薬物や模造品の売買および人身売買のブラックマーケットを足してようやく匹敵する金額である。

取引のために捕獲された動物は、輸送の間生き残ったとしても、大概はペットとなるか、漢方薬や食材となって終わる。
密輸される動物、一部は公然と取引されているが、その中でも世界で最も取引されているのはセンザンコウであり、中国のいくつかの地域で絶大な人気の珍味である。

そのような野生生物の違法取引における有名人であり、法の手によって捕えられたのがAnson Wong氏である。

20年以上の間、Anson Wong氏は絶滅のおそれのある野生生物の違法取引の「顔」として国際的に知られていた。
そのマレーシア人の悪名は、1998年にベストセラーとなった「The Lizard King(トカゲの王)」という本に由来したものだ。
それは、「Operation Chameleon」と呼ばれる5年間の捜査中に、アメリカの調査員によって彼がメキシコに誘いこまれた後に逮捕されたことを本にしたものだった。

Anson Wong氏は後に絶滅危惧種の密輸の罪で有罪となり、刑務所での71か月の懲役を言い渡されたが、報告によれば、彼は2012年の釈放時に違法野生生物取引に復帰したという。

ニュースソース:
https://www.aljazeera.com/programmes/rewind/2018/07/lizard-king-illegal-wildlife-trade-poster-boy-180705073635817.html

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« ライオンの骨の取引における南アフリカの役割:見過ごされている話 | トップページ | 米Trump大統領の諮問委員会、トロフィーハンティングを野生生物保護へすり替えか »

12 哺乳類」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/74431996

この記事へのトラックバック一覧です: リザードキング~違法野生生物取引の象徴:

« ライオンの骨の取引における南アフリカの役割:見過ごされている話 | トップページ | 米Trump大統領の諮問委員会、トロフィーハンティングを野生生物保護へすり替えか »