フォト
無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 森林破壊:ナイジェリアは自国の森林の96%を失っている | トップページ | 商業捕鯨を再開しようとする日本の努力が激しい論争の引き金に »

2018年10月27日 (土)

捕食者がいない島であることが絶滅危惧種を救うことに役立つ理由

和訳協力:西田 実幸

2018年8月20日  Independentニュースより一部抜粋

数々の環境復元プロジェクトが現在もニュージーランドの各地で行われ、在来の動物や植物がかつて生育・生息していた地で再び繁栄できるように、広大な生態系が発達していくよう、大切に管理している。

ネズミ類、ポッサムの仲間、オコジョ - これらはニュージーランドの野生動物に多大な脅威を与えている生物である。
人の手で持ち込まれたこれらの捕食者は、ニュージーランドの鳥類や爬虫類、無脊椎動物を蹂躙し、多くの種を絶滅寸前に追い込んだ。
毎年2500万羽の鳥が殺されているのだ。

行動すべき時が来た。
そしてニュージーランドは対応した。
今までにない目標が編み出された。
2050年までに捕食者のいない場所にするというものだ。

まずは、在来種でない種(外来生物)のいない国にする、というシンプルな目標から始まる。

これまでの取り組みはすべて失敗しており、費用も相当かかっている。
外来の捕食者を管理するために、現在も年に7000万ドル(約52億円)以上の費用がかかっている。

しかしながら、『Predator Free 2050目標』の最も重要な点は、ニュージーランド国民の支持を得ているということだ。
何万人ものボランティアと多くの土地所有者が、彼らにとっての自然な景観を取り戻すために、日々共に闘っている。

キャンペーンに参加して、Old Mout Ciderのキーウィを救う取り組みを支援しよう!

ニュースソース:
https://www.independent.co.uk/life-style/save-the-kiwi/why-predator-free-islands-will-help-save-endangered-species-a8496421.html

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 森林破壊:ナイジェリアは自国の森林の96%を失っている | トップページ | 商業捕鯨を再開しようとする日本の努力が激しい論争の引き金に »

20 オセアニア」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

38 外来生物」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/74283741

この記事へのトラックバック一覧です: 捕食者がいない島であることが絶滅危惧種を救うことに役立つ理由:

« 森林破壊:ナイジェリアは自国の森林の96%を失っている | トップページ | 商業捕鯨を再開しようとする日本の努力が激しい論争の引き金に »