フォト
無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« タンザニアが水力発電のために原生自然の残る保護区を伐採 | トップページ | 野生生物保護区の3分の1が道路や町の建設により破壊されている―研究論文 »

2018年8月28日 (火)

金持ちが残酷な違法取引によってオーストラリアの爬虫類を求める

和訳協力:野田 詔治

2018年5月16日 news.com.auニュースより一部抜粋

愛すべきオーストラリアの爬虫類は、闇市場に持ち込むために、靴下から穴の開いた本まで、様々なものに詰め込まれている。

動物の密輸犯罪で有罪となったNiall Cooke氏はABCの番組『7.30』で、違法取引について語り、アオジタトカゲやヘビを含む動物は数百万円にもなると証言した。

彼はヨーロッパやアジアの資金力のある仲買人は、10万ドル(約1,100万円以上)もの値で販売される外国の生物を欲していると言った。

「私が聞いた中で最高の値段は、オーストラリアの東海岸で見られるレースオオトカゲと呼ばれるトカゲに付いたものだ」と、Cooke氏は7.30で語った。

「そのトカゲは、アメリカやドイツでは、1つがいで8万~10万ドル(約900万円から1100万円もの値がつけられる」。

Cooke氏は、保護動物を保持したり輸送したりした40以上の罪で有罪となったが、それ以来彼の人生が変わった。

ニュースソース:
http://www.news.com.au/technology/science/animals/cashedup-buyers-demand-aussie-reptiles-in-cruel-illegal-trade/news-story/4df72faaf37f7e09fd86d19691ec8559#.8w0b0

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« タンザニアが水力発電のために原生自然の残る保護区を伐採 | トップページ | 野生生物保護区の3分の1が道路や町の建設により破壊されている―研究論文 »

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

20 オセアニア」カテゴリの記事

14 両生・爬虫類」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« タンザニアが水力発電のために原生自然の残る保護区を伐採 | トップページ | 野生生物保護区の3分の1が道路や町の建設により破壊されている―研究論文 »