フォト
無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« セラードのアグリビジネスで栄えた町;少数に利益を多数に苦難をもたらす | トップページ | 世界的な木材取引が森林に危害を加え、数十億ドルを犠牲にさせるのか?ここにその対処方法がある。 »

2018年7月24日 (火)

新たな指針は持続可能な漁業に資金を呼び込むことができるか?

和訳協力:田澤 優子

2018年2月18日 Eco-Businessニュースより一部抜粋

プログラムの採用者と支持者の増加を受けて、Environmental Defense Fund(EDF:環境防衛基金)、Meloy Fund、およびEncourage Capitalは、持続可能な形で管理された漁業の基準策定と私たちの豊かな海の回復に必要な資金を呼び込むために、今月に入って、世界的な漁業への投資に関する新たなガイドラインを発表した。
その声明は、メキシコのリビエラ・マヤで開催されたワールドオーシャンサミット2018の場で出された。

毎年、漁業には多くの公費および私費が投じられているが、大抵の場合、持続可能性はそうした資金の誘因にもならず、意味のある結果ももたらさない。
つまり、私たちは今、世界的な魚の乱獲や食の安全に関する問題を解決する大きなチャンスを失いつつあるということである。
そこには、多様な資金提供者からの、かなり多額で、より連携した投資が求められる。

Principles for Investment in Sustainable Fisheries((仮)持続可能な漁業に対する投資の原則)の目的は、新しく二次的な資金を漁業への投資に呼び込むこと、責任のある資金管理につなげること、漁業における環境面および社会面での持続可能性の確立が、投資への利益還元をもたらすことにもなるという安心感を投資家たちに与えること、である。

上記の原則はまた、特に小規模の漁業や沿岸の地域コミュニティへ新たな資金導入を行う場合の、投資家の人権にも焦点を当てている。
このガイドラインはすでに15を超える基金や投資ファンド、プロジェクト開発者、NPOによって支持または採用されている。

ニュースソース
http://www.eco-business.com/news/can-new-principles-drive-money-into-sustainable-fishing/

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« セラードのアグリビジネスで栄えた町;少数に利益を多数に苦難をもたらす | トップページ | 世界的な木材取引が森林に危害を加え、数十億ドルを犠牲にさせるのか?ここにその対処方法がある。 »

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

29 海洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな指針は持続可能な漁業に資金を呼び込むことができるか?:

« セラードのアグリビジネスで栄えた町;少数に利益を多数に苦難をもたらす | トップページ | 世界的な木材取引が森林に危害を加え、数十億ドルを犠牲にさせるのか?ここにその対処方法がある。 »