フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 世界の自然遺産の破壊:「コモドは臨界点に達しつつある」 | トップページ | 新たな指針は持続可能な漁業に資金を呼び込むことができるか? »

2018年7月21日 (土)

セラードのアグリビジネスで栄えた町;少数に利益を多数に苦難をもたらす

和訳協力:立田 智恵子

2018年3月26日 MONGABAYニュースより一部抜粋

ルイス・エドワルド・マガリャエス(以降、LEMとする)は、セラードのアグリビジネスが盛んで、大豆栽培で急速に繁栄した町だ。
この町の人口は2000年の時の4倍の83,000人にまで膨れ上がり、ブラジルで最も急速に人口が増加している町の一つとなっている。
だがLEMでは、働き口や良い条件を求めて田舎から大勢の人々が押し寄せるという、成長期の問題を抱えている。

公共事業は人口増加の追いつくことができず、都市の道路の大部分はまだ依然として未舗装で、衛生サービスも人口増加に遅れをとっている。
地方から新たにやって来る多くの人たちは専門的技術を持っておらず、実入りの良い仕事を得ることも、高度に機械化・専門化した産業であるアグリビジネス経済の恩恵に与かることもできない。
そのため彼らは貧しいままなのだ。

大部分の人たちは、サンタ・クルーズに行き着くことになる。
そこは貧窮化した地域で、麻薬の密売や犯罪組織による暴力が、毎日のように途切れなく発生している。
比較的高い技術を持ち、かつ運の良い人は、ジャルディン・パライソ(パラダイス・ガーデン)に落ち着く。
ここは高所得層の住む近隣の地域で、セキュリティ用の柵やアラームが犯罪防止のために備えつけられている。

専門家たちは、LEMはアグリビジネスによって栄えた世界のほかの町と同じ道を辿るだろうという。
つまり、人口は速いペースで増加するが、初期の経済利益や都市化に対してその後の発展や投資が持続しないのだ。
無秩序な成長は環境に悪影響を及ぼし、貧困の悪化、土地所有や富の集中をもたらすのだ。

ニュースソース:
https://news.mongabay.com/2018/03/cerrado-agribusiness-boomtown-profits-for-a-few-hardships-for-many/

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 世界の自然遺産の破壊:「コモドは臨界点に達しつつある」 | トップページ | 新たな指針は持続可能な漁業に資金を呼び込むことができるか? »

26 南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/73875077

この記事へのトラックバック一覧です: セラードのアグリビジネスで栄えた町;少数に利益を多数に苦難をもたらす:

« 世界の自然遺産の破壊:「コモドは臨界点に達しつつある」 | トップページ | 新たな指針は持続可能な漁業に資金を呼び込むことができるか? »