フォト
無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« インドネシアのオランウータン保護計画事業での地方公務員の役割に活動家らの期待が高まる | トップページ | 香港税関、240万HKドルに及ぶホンジュラスからの密輸材24トンを押収 »

2018年6月28日 (木)

世界の海洋生物多様性の中心に危機迫る

和訳協力:大森 康子

2018年4月10日 Science Dailyニュースより一部抜粋

スウォンジー大学の生物科学部が行った研究によって、世界の生物多様性の中心地で広範囲にわたって主要な海洋資源が失われる危機に瀕していることが分かった。

この調査結果について『Science of the Total Environment』誌の最新号に書くにあたり、研究者は、西太平洋に位置する有名なコーラル・トライアングル海域の中核を成す、広大なインドネシア諸島全域での海草藻場に対する危険性を調査した。

この海域は世界の生物多様性の中心地として広く知られており、藻場は「海の草原」だ。

ここは、非常に生産性の高い浅海域で、海生植物からなる沿岸環境である。
このような危機に瀕した海域が、海洋生物にとって重要な食糧や隠れる場所を供給しているのだ。

Richard Unsworth博士が中心となって進めた研究から、インドネシアで調査した海草藻場の最大90%が、過去5年間に広範囲にわたり損傷を受け、劣化したことが分かる。

ニュースソース
https://www.sciencedaily.com/releases/2018/04/180410132848.htm

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« インドネシアのオランウータン保護計画事業での地方公務員の役割に活動家らの期待が高まる | トップページ | 香港税関、240万HKドルに及ぶホンジュラスからの密輸材24トンを押収 »

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

17 海洋生物」カテゴリの記事

18 植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の海洋生物多様性の中心に危機迫る:

« インドネシアのオランウータン保護計画事業での地方公務員の役割に活動家らの期待が高まる | トップページ | 香港税関、240万HKドルに及ぶホンジュラスからの密輸材24トンを押収 »