フォト
無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 規則遵守に関する報告書 | トップページ | ウナギをめぐる壮絶な戦い »

2018年3月29日 (木)

パプアニューギニアの海洋採掘事業を断行すると開発者

和訳協力:マードック 志保

2018年2月5日 SciDev.Net記事より抜粋

資金難とパプアニューギニア沿岸の地方自治体による法的な異議申し立てをよそに、深海の採掘産業が世界で初めて進められると、ノーチラス・ミネラルズ社の広報担当でもあるプロジェクト開発者が断言する。

カナダに拠点を置くノーチラス社の広報担当マネージャーであるNoreen Dillane氏は、SciDev.Netの取材に対し、会社が「Solwara1(ソルワラ1)」プロジェクトを 「最終的には利益となる」 とみなしているという。電気自動車や蓄電池などの発展に伴い、金属の需要が高まっているためである。

「現在、鉱物の商品価格が非常に高くなっています。金と銅は現在4年ぶりの高値、コバルトは過去最高値、亜鉛は10年ぶりの高値をつけているのです」とDillane氏は語る。

Solwara1は、パプアニューギニア政府の承認のもと、ビスマルク海の海底に埋まっている金と銅の採掘を目指している。パプアニューギニア政府はこのプロジェクトの株式を15%保有してもいる。

ニュースソース
https://www.scidev.net/asia-pacific/environment/news/developer-says-png-sea-mining-project-to-push-through.html

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 規則遵守に関する報告書 | トップページ | ウナギをめぐる壮絶な戦い »

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

20 オセアニア」カテゴリの記事

29 海洋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パプアニューギニアの海洋採掘事業を断行すると開発者:

« 規則遵守に関する報告書 | トップページ | ウナギをめぐる壮絶な戦い »