フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« ニュージーランドのペンギンが危機に | トップページ | 南極ロス海に世界最大の海洋保護区指定 »

2017年10月 3日 (火)

くくり罠によるかつてない数の野生動物の減少

和訳協力:武井 和也、校正協力:長谷川 祐子

2017年1月20日 WCS News Releases

WCS(野生生物保護協会)の科学者Tony Lynamほかの共同執筆による重要な論文がサイエンス誌に掲載された。
アジア各地に仕掛けられたくくり罠によって、かつてない数の野生動物が絶滅の危機にあることを伝えたものだ。

論文によると、自家製の罠の使用が、東南アジアにおける持続不可能な水準の商業的な狩猟に拍車をかけ、種の絶滅を招くほどになっているという。

執筆者らは、野生動物なき「空白の森」になることを防ぐためのこの問題への対処法を提言している。

他の執筆者らは以下のメンバーである。
Thomas N. E. Gray氏/ワイルドライフ・アライアンス;Teak Seng氏/World Wildlife Fund(世界自然保護基金);William F. Laurance氏/ジェームズクック大学;Barney Long氏/グローバル・ワイルドライフ・コンサベーション;Lorraine Scotson氏/ミネソタ大学;William J. Ripple/オレゴン州立大学。

ニュースソース
https://press.wcs.org/News-Releases/articleType/ArticleView/articleId/9725/BREAKING-NEWSSnares-Wiping-Out-Wildlife-in-Unprecedented-Numbers.aspx

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« ニュージーランドのペンギンが危機に | トップページ | 南極ロス海に世界最大の海洋保護区指定 »

19 アジア」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/71864773

この記事へのトラックバック一覧です: くくり罠によるかつてない数の野生動物の減少:

« ニュージーランドのペンギンが危機に | トップページ | 南極ロス海に世界最大の海洋保護区指定 »