フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 絶滅危惧種のケープペンギンが乱獲により陥る生態学的な罠 | トップページ | IUCN世界保護地域委員会が気候変動に直面する保護地域の管理ガイドラインを発表 »

2017年10月19日 (木)

絶滅寸前のアフリカノロバの保護への道が拓かれる

和訳協力:ロペス 昌絵、校正協力:石原 洋子

2017年3月9日  CMS News

アフリカノロバの生息域の国々、資金支援者そして専門家からなる代表25名が、3月6日から7日にかけて会合を開いた。
これは、ICUN(国際自然保護連合)のレッドリストで絶滅危惧種IAとされるアフリカノロバを確実に保全するための「ロードマップ」についての合意を得るための会議であった。
アフリカノロバはかつては東アフリカに広く分布していたが、野生では70頭しか残っておらず、そのほとんどはエリトリアとエチオピアの2カ国に生息している。

エリトリアとエチオピアの両国の代表は、CMS(移動性野生動物種の保全に関する条約、通常「ボン条約」)の第12回締約国会議に、各国政府が提案を作成することに同意した。
この会議は、2017年10月23日から28日にかけてフィリピンのマニラで行われるもので、アフリカノロバが条約において最も厳重に保護される附属書Iに掲載されるかが決まるだろう。

CMSのBert Lenten事務局次長は以下のようにコメントしている。
「ボンにある国連本部において、生息地域の国々が集まり、また国際的な保全のためのロードマップについて、それぞれの国からの提案がなされることに大きな期待を寄せています。アフリカノロバは絶滅の危険性がとても高い状況にあるにも関わらず、保護活動家や資金支援者らからしばしば見過ごされてきました。我々はこの種を保護するにはもう遅いということにならないよう、生息国がアフリカノロバの保護が必要だということを認識し、保全活動が実施されるよう、国際的な協力を促進されることをうれしく思います。本会議の開催に助力してくださったドイツの環境・自然保護・建設・原子炉安全省が、私たちをサポートしてくれるきっかけになってくれたことに感謝しています」。

本会議において、珍しいヌビアの亜種の群れがアメリカ合衆国で個人所有されている可能性があるという興味深いニュースが報告された。
これらの報告は専門家によって、この会議の後、緊急課題として追跡調査されることとなった。

生息国の会議は、ICUNの種の保存委員会の専門家グループのメンバーであるDavid Mallon氏よって進められた。
Mallon氏は2014年9月にビシュテクで開催されたCentral Asian Mammals Initiative((仮)中央アジア哺乳類イニシアティブ)のステークホルダー会議など、数々のボン条約の活動に携わってきたベテランである。
また、IUCNのEquid Specialist group(馬科動物専門家グループ)議長のPatricia Moehlman氏も専門知識の提供者として出席した。

ニュースソース
http://www.cms.int/en/news/clear-route-ahead-protecting-africa%E2%80%99s-endangered-wild-ass

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 絶滅危惧種のケープペンギンが乱獲により陥る生態学的な罠 | トップページ | IUCN世界保護地域委員会が気候変動に直面する保護地域の管理ガイドラインを発表 »

12 哺乳類」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

32 ボン条約」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/71951783

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅寸前のアフリカノロバの保護への道が拓かれる:

« 絶滅危惧種のケープペンギンが乱獲により陥る生態学的な罠 | トップページ | IUCN世界保護地域委員会が気候変動に直面する保護地域の管理ガイドラインを発表 »