フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« ベトナムで絶滅危惧種のカメの大規模な押収-支援が求められる | トップページ | 北タンザニアにおけるキリンの研究と保護 »

2017年2月24日 (金)

違法取引から救われた5種の野生動物が与える希望

和訳協力:赤瀬 エリサ、校正協力:山本 麻知子

2015年11月19日 One Green Planet News

野生動物の違法取引は、世界で最も利益の上がる不法な取引である。
外国の動物やその体の一部の販売および取引は、毎年巨額の利益を上げているが、悲しいことにそれが野生動物にとって大きな負担となっている。
過去40年間だけでも、世界の約52%の野生動物が姿を消している。
気候変動や生息地の喪失といった要因がこの野生動物の減少に関与してはいるが、違法取引が動物の個体群に最も直接的な影響を与えていることはほぼ間違いない。

野生動物の取引に関して言えば、ほとんど手当たり次第である。
ある動物が利益を生む限り、標的となる。
殺され、装飾品や絨毯(敷物)、宝石などに変えられたり、漢方薬として使われたり、また贅沢なレストランで出されることもあれば、捕獲されて生きたまま外国産の野生動物ペットとして売買されることもある。

違法な野生動物取引の結果として、象牙のために15分に1頭のゾウが、1日に少なくとも3頭のサイが殺されていると推測される。
挙げ句の果てに、野生で生きるトラよりも、現在米国において家庭でペットとして飼われているトラのほうが多いのだ。

違法な野生生物取引に巻き込まれた動物の話では、大部分が悲惨な結末を迎える一方、そうでないものもある。
野生動物を食い物にし、利益を得ている人間がたくさんいる一方で、野生動物を救済し、保護するために人生を捧げている人間もいる。

これらの5種の動物は搾取の犠牲となっていたが、親切で献身的な個人や組織の手により、より良い未来が期待される生きる見本である。

1.ナマケモノのVish

ナマケモノのVishは、ペルーのサン・マルティン県、タラポトでペットとして飼うために赤ん坊の時に生息地から捕獲された。
人間の子供と同じように、ナマケモノは生まれてからの数年間は母親が非常に手をかけて育てるので、適切な世話がなされなかったため、Vishの健康状態は非常に悪かった。
この幼いナマケモノにおいては、幸運なことに、近隣者が当局に生後3ヶ月のナマケモノが住宅地で違法に飼われていると密告したのである。

気づいてくれた市民のおかげで、Vishは飼われていた家から救い出され、保護団体のNeotropical Primate Conservation(NPC)に引き取られた。
NPCでVishは訓練を受けた医師によって育てられ、 強く丈夫に成長するために必要とされる十分な食物と養育が施された。
数週間のリハビリを受け、状態が良くなったところでVishを野生地に戻すことが可能となった。

2.アムールトラの子供

違法に売買されたトラの多くは、外国産の野生動物ペットとして売られるか、殺されて体の一部が昔ながらの漢方薬に使用される。
また悲しいことに、上流階級の人々から珍味としての需要もある。

ロシアの管理当局は、密猟者が中国に密輸しようとしていた、アムールトラの子を入れたコンテナを押収した。
そのトラの子は密猟者に母親を殺された後、生息地から捕獲されたようだった。
もし救出されていなかったら、そのトラの子はレストランの珍味としてその一生を終えていただろうと警察は確信する。

残念なことに、このトラの子は野生に戻すことはできなかったが、自然保護区の安全な領域で生活できるだろう。

3.絶滅の危機に瀕するカメ達

ベトナムの管理当局は、先月密猟犯を2組逮捕し、少なくとも合わせて200匹以上の淡水ガメを押収した。
救出される前にはスーツケースに収められており、押収されたのはIndochinese Box Turtle(ベトナムモエギハコガメ)、Bourrets Box Turtle(ラオスモエギハコガメ)、Keeled Box Turtles(ヒラセガメ)、Big-headed Turtles(オオアタマガメ)などだった。

それらすべてのカメにAsian Turtle Program(ATP:アジアン・タートル・プログラム)とTurtle Conservation Centre(カメ保護センター)の両施設において処置が施され、リハビリが行われた。
うまくすれば、適切な処置によって、いつか野生地に戻ることができることだろう。

4.約3mのニシキヘビ

先月、漁師の集団が電気ショックRock python(ニシキヘビの一種)を与えて、森から運び出している、という知らせを受けた環境部局のKEMADOの局員は、素早い行動にでた。
ニシキヘビの胆嚢は昔ながらの漢方薬に用いられることが多く、もし救出されていなければ、このニシキヘビは殺されていただろうと当局は確信する。
KEMADOの迅速な対応のおかげで、このニシキヘビは生息地に戻された。

5.オラウータンのBudi

赤ん坊のオラウータンBudiは、生後10ヶ月間をペットとして飼われた後、International Animal Rescue(IAR:インターナショナル・アニマルレスキュー)によって救出された。
Budiを保持していた女性はBudiを鶏小屋に入れ、餌としてはコンデンスミルクしか与えていなかった。
この貧しい食生活によりBudiは重度の栄養失調になり、IRAの救助員によってようやく保護された時も、希望はないかのように思われた。
Budiは苦痛で悲鳴をあげることなしには動くことができなかったが、手厚い処置と適切な食生活が与えられ、状態は改善し始めた。

今、Budiは丈夫で健康な若いオラウータンとなり、IRAが運営するオラウータンの学校で、野生下で生活するために必要な基本的な事がらを学んでいる。
Budiがいつか野生地に戻れると、救出者は信じている。

あなたにできること

我々みんなが違法な野生生物の取引から動物たちを守るために一役買うことができる。
概して、この取引は消費者の需要により活発になるものだ。
自分自身の消費習慣に目を向け、象牙の表札やべっこう製のアクセサリーなど、野生動物から作られた製品の購入をやめ、そして生きている野生動物をペットとして飼うことをやめることで、小さな変化をもたらそう。

野生生物の違法取引を阻止するため、個人的に情報をご希望の場合は、以下の記事を参照して欲しい。

Do Consumers Have the Power to Shut Down the Wildlife Trade?(消費者に野生生物取引をやめさせる力はあるか?)
How U.S. Citizens Are Stepping Up to Stop the Trade(取引を中止させるため、いかに米国市民が取り組むか)
Why Teaching Our Kids About the Wildlife Trade is Important(子供達に野生生物の取引について教えることが重要である理由)

ニュースソース
http://www.onegreenplanet.org/animalsandnature/animals-rescued-from-illegal-wildlife-trade/

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« ベトナムで絶滅危惧種のカメの大規模な押収-支援が求められる | トップページ | 北タンザニアにおけるキリンの研究と保護 »

12 哺乳類」カテゴリの記事

14 両生・爬虫類」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/69704523

この記事へのトラックバック一覧です: 違法取引から救われた5種の野生動物が与える希望:

« ベトナムで絶滅危惧種のカメの大規模な押収-支援が求められる | トップページ | 北タンザニアにおけるキリンの研究と保護 »