フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« CITESとIUCNが密猟と違法な野生生物取引への取り組みで連携を強化 | トップページ | 春の謎の大量死で世界のサイガの個体数は2週間で半数以下に »

2017年1月24日 (火)

11月7日(土)、全米で祝うバイソンの日

和訳協力:古澤 陽子、校正協力:木田 直子

2015年11月6日  WCS News Releases

National Bison Day((仮)バイソンの日)は今年で4回目を迎え、アメリカ最大の陸上動物による環境、文化、経済への貢献を称える

ハッシュタグ#BeardsforBison、#NationalBisonDayを使って、ソーシャルメディア上で盛り上がろう

Vote Bison Coalition((仮)バイソン決議連合)は、アメリカの象徴であるアメリカバイソンの環境、文化、歴史、経済への貢献を称え、年に一度の記念日であるNational Bison Dayを祝う。

11月7日土曜日に、全米のバイソン支援者が各地域でバイソンを称えるイベントを開く予定だ。
過去には、ネイティブ・アメリカン、バイソン生産者、自然保護活動家、アウトドア活動の愛好家、教育者、その他の公的・民間の協力者が何十もの州でイベントや啓蒙活動を行い、この日を祝賀してきた。

また支援者は、#NationalBisonDayというハッシュタグの使用や、「Beards for Bison」キャンペーンを通じてソーシャルメディアを賑わせる。
このキャンペーンは、本物の髭やbeardsforbison.orgからダウンロードした作り物の髭を付けて自分の写真を撮り、ハッシュタグ#beardsforbisonでソーシャルメディアに投稿するというものだ。

先週、2015年11月7日土曜日をNational Bison Dayとして正式に認める決議案が上院で可決された。
この決議案は、Michael Enzi(共和党、ワイオミング州)、Joe Donnelly(民主党、インディアナ州)両上院議員が提案し、共和党、民主党双方の上院議員に支持された。

この取り組みは、Vote Bison Coalitionという、50を超える団体、原住民の部族、企業などからなるグループによって支持され、Inter-Tribal Buffalo Council(部族相互野牛協同組合)、National Bison Association(全米バイソン協会)、Wildlife Conservation Society(WCS:野生生物保護協会)が主導している。

WCS広報部門の副代表であるJohn Calvelli氏は次のように述べた。
「National Bison Dayは、バイソンがいかに我々のアイデンティティ、歴史、文化を象徴しているかを称える機会です。バイソンの姿を見て感動しないアメリカ人はいないでしょうし、誇りに思わない人もいないでしょう。バイソンがネイティブ・アメリカンの霊的な象徴であること、アメリカで初めて保護に成功したという過去を持つことから、今日ここに、アメリカの独自性の象徴としてバイソンを称えます」。

部族相互野牛協同組合のJim Stone事務局長は、「今年もインディアンは、バイソンがアメリカの象徴であるという証としてNational Bison Dayを祝賀することを楽しみにしています。アメリカにおけるバイソンの地位は高まる一方で、原住民部族の人々の夢を実現しつつあります」と述べた。

全米バイソン協会のDave Carter事務局長は、「National Bison Dayは、この堂々たる動物に当然の敬意を表すると同時に、牧場主、自然保護活動家、原住民の部族長の方々が、アメリカ中の牧草地や放牧地にバイソンを呼び戻そうと取り組んできた活動に、人々の目を向けさせるきっかけとなります」と述べた。

WCSのSenior Conservationist((仮)上級自然保護活動家)であり、またバイソンプログラムのコーディネーターであるKeith Aune氏は次のように述べた。
「アメリカバイソンは、北米で最も重要かつ印象深い野生動物の1種として全世代の人々に広く認識されている、まさに象徴的な種です。アメリカの草原地帯を形作る役割を担い、我々の色鮮やかな歴史の一部を成すバイソンは、アメリカの国獣として認められるに値します。これほどインパクトの強い過去を持ち、人間の文化や経済、自然環境に影響を与え続ける動物は稀です」。

北米最大の陸上哺乳類であるバイソンは、アメリカの歴史、文化、経済に大きな役割を果たしている。
西漸運動により絶滅寸前に追いこまれるまで、バイソンはほぼ北米全土を自由に動き回っていた。
バイソンは、20世紀初頭に牧場主や自然保護活動家、政治家らが団結してこの種を守ろうとした努力により絶滅の淵から救い出され、アメリカで保護が成功を収めた初の事例として知られている。
この活動は、1907年にルーズベルト大統領とAmerican Bison Society(アメリカバイソン協会)が、15頭のバイソンをブロンクス動物園からオクラホマ州のWichita Mountains Wildlife Refuge(ウィチタ山脈野生生物保護区)へ鉄道で移したことから始まった。
アメリカンインディアンの多くの部族は、バイソンを先祖から受け継いだ遺産の神聖で霊的な象徴としてあがめており、西部諸州の部族の土地でバイソンの群れを飼い続けている。
今では全50州に公的または民間所有の群れが存在しており、動物園や保護区、公園で野生動物を観察するレクリエーションの機会を提供し、数百万ドル規模のバイソン牧場や製品加工事業を支えている。

なお、National Bison Dayの決議案は、Enzi上院議員およびDonnelly上院議員の他に、Tammy Baldwin(民主党、ウィスコンシン州)、Michael Bennet(民主党、コロラド州)、John Cornyn(共和党、テキサス州)、Dianne Feinstein(民主党、カリフォルニア州)、Kirsten Gillibrand(民主党、ニューヨーク州)、Orrin Hatch(共和党、ユタ州)、Martin Heinrich(民主党、ニューメキシコ州)、John Hoeven(共和党、ノースダコタ州)、James Inhofe(共和党、オクラホマ州)、Mike Lee(共和党、ユタ州)、Edward Markey(民主党、マサチューセッツ州)、Jerry Moran(共和党、カンザス州)、Rob Portman(共和党、オハイオ州)、Pat Roberts(共和党、カンザス州)、Charles Schumer(民主党、ニューヨーク州)、John Tester(民主党、モンタナ州)、John Thune(共和党、サウスダコタ州)、Tom Udall(民主党、ニューメキシコ州)、Sheldon Whitehouse(民主党、ロードアイランド州)、Roger Wicker(共和党、ミシシッピ州)らの、各上院議員に支持された。

アメリカの象徴であるアメリカバイソンとは

バイソンは、アメリカの歴史、文化、経済に大きな役割を果たしている。
西漸運動により絶滅寸前に追いこまれるまで、バイソンはほぼ北米全土を自由に動き回っていた。
バイソンは、20世紀初頭に牧場主や自然保護活動家、政治家らが団結してこの種を守ろうとした努力により絶滅の淵から救い出され、アメリカで保護が成功を収めた初の事例として知られている。
この活動は、1907年にルーズベルト大統領とAmerican Bison Society(アメリカバイソン協会)が、15頭のバイソンをブロンクス動物園からオクラホマ州のWichita mountains Wildlife Refuge(ウィチタ山脈野生生物保護区)へ鉄道で移したことから始まった。
アメリカンインディアンの多くの部族は、バイソンを先祖から受け継いだ遺産の神聖で霊的な象徴としてあがめており、西部諸州の部族の土地でバイソンの群れを飼い続けている。
今では全50州に公的または民間所有の群れが存在しており、動物園や保護区、公園で野生動物を観察するレクリエーションの機会を提供し、数百万ドル規模のバイソン牧場や製品加工事業を支えている。

バイソンは現在、アメリカの2州の州旗や内務省の紋章、硬貨に使用されている。
さらに、ワイオミング州の州の哺乳類に、また、オクラホマ州およびカンザス州の州の動物に指定されている。
バイソンはアメリカの文化に最も深く根差した哺乳類であり、国獣に指定され称えられるという栄誉に値する動物であるといえる。

バイソンは、今もネイティブ・アメリカンやインディアン部族にとって、文化的な価値を持つ存在だ。
60以上の部族が、サウスダコタ州、オクラホマ州、ニューメキシコ州、モンタナ州、その他の州に広がる100万エーカー以上のインディアンの土地でバイソンを復活させようと努力している。
今日でもバイソンは、文化的慣習、社会的儀式、宗教上の儀式を通して、ネイティブ・アメリカンの暮らしにの中で精神的に密接に結びついている。

民間の牧場で製造されるバイソン製品は、ここ10年以上の間、経済的に非常に好調である。
全米で2,500以上あるバイソン牧場で民間に所有されているバイソンの総価値は、2013年には2億8000万ドル(約334億6千万円、2016年1月4日付換算レート:1 USドル=119.5円)を超えていると概算された。
サウスダコタ州、ノースダコタ州、ネブラスカ州、テキサス州、コロラド州、モンタナ州などに存在するバイソン牧場は、雇用の創出、持続可能でヘルシーな食肉の供給、アメリカ国民の食の安全に貢献している。

北米最大の陸上哺乳類であるバイソンは、かつてこの大陸を自由に移動しながら、キーストーン種として、草をはみ、土地を肥沃にし、大地を踏みしだき、またその他の活動により平原やプレーリーの生態系を維持する助けとなってきた。
バイソンはイネ科やカヤツリグサ科、広葉草本に属する草を食べ、その種を分散させることで植生と景観を形作った。
鳥類の中には、無数の野生のバイソンが何千年もの間食べてきた草の種類や植生構造に適応、または共進化した種もいる。

部族相互野牛協同組合、全米バイソン協会、WCSの運営委員会メンバーが指揮するVote Bison Coalitionは、バイソンを国の哺乳類に指定することと、毎年11月の第1土曜日をNational Bison Dayとして祝うことを目的に、2012年に設立された。
この組織は、バイソンを称える取り組みを支持する50を超える企業、原住民の部族グループおよびその他の組織により構成されている。
コロラド州のJohn Hickenlooper知事、ブラックフット族のEarl Old Person族長、ルーズベルト大統領の玄孫であるTed Roosevelt V氏が連合の諮問委員を務めている。

ニュースソース
http://newsroom.wcs.org/NewsReleases/tabid/13614/articleType/ArticleView/articleId/8311/Happy-NationalBisonDay-America-Celebrates-on-Sat-Nov-7.aspx

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« CITESとIUCNが密猟と違法な野生生物取引への取り組みで連携を強化 | トップページ | 春の謎の大量死で世界のサイガの個体数は2週間で半数以下に »

12 哺乳類」カテゴリの記事

24 北米」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/69303886

この記事へのトラックバック一覧です: 11月7日(土)、全米で祝うバイソンの日:

« CITESとIUCNが密猟と違法な野生生物取引への取り組みで連携を強化 | トップページ | 春の謎の大量死で世界のサイガの個体数は2週間で半数以下に »