フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 庭のソテツは認可されたものですか? | トップページ | 世界の欲求が新たに野生生物種を絶滅の淵へ-IUCNレッドリスト »

2015年7月 3日 (金)

笑顔をともに:バングラデシュで絶滅危惧種のイルカ・クジラ類の保護のために相互教育を展開する

翻訳協力:坂本 義教、校正協力:和田 一美

2014年12月18日  IUCN Redlist News Release

保全とは人に関することであり、SOSの支援を受けて活動しているWildlife Conservation Society (WCS:野生生物保護協会)の、バングラデシュでの絶滅危惧種の沿岸のイルカ・クジラ類の保護活動の中核なのだと、WCSのこの事業の代表者であるBrian D.Smith氏は説明する。
それは、文化を尊重しつつ対話する形で、漁業コミュニティに働きかけることを必然的に伴う。

Brian氏のチームは、プロジェクトの早い時期から、イルカ・クジラ類の死亡数を大幅に減らすには、関係する漁師だけでなく、彼らが暮らすコミュニティにも目を向けた、広範囲におよぶ効果的な教育の必要性を認識していた。
「私たちはコミュニティが支援する強い支持層を構築する必要がありました」と、Brian氏はまとめた。

Foundation for the Third Millenniumから追加資金を得たプロジェクトチームは、漁師が生活するスンダルバンスに接した15の地域コミュニティで、ボートを主体にした対話式の展示会を主催し、およそ1万7,000人の訪問者を魅了した。
来訪者の多くは、沿岸刺網漁を営む漁師が住む辺境の村から来ていた。
この刺網にもつれ、ベンガル湾のイルカ・クジラ類が殺されているのだ。

展示会は、情報を提供するパネルや対話型の要素を組み込んでいた。
この中にはイルカの等身大モデル、ゲーム、イルカの出産シーンの映像、イルカの骨や頭蓋骨、歯を陳列したショーケースもあった。

これらの資料は、訪問者に、視覚的、触覚的体験とともに、自国の水域に生息する世界的に重要なイルカ・クジラ類の多様性に精神的なつながりをもたらした。
この中には、優先的に保全すべき淡水性および海洋性のイルカ・クジラ類も含まれていた。

10人から15人の訪問者グループを案内したのは、展示会の前にWCSが主催した2日間の集中的訓練ワークショップに参加した大学生17名の1人である。

その普及啓発キャンペーンには、国際的に賞賛されたベンガル語のドキュメンタリー映画2作品『Shushuk,Our Rivers and Mankind』と『Exploring our Waters』を上映するイーブニング・ショーも含まれていた。

会場の出入り口でおよそ350名の訪問者に行ったインタビューにより、イルカ類とその保全のために講じなければならない対策についての知識が実質的に深まったことが判明した。
例えば、入口と出口でインタビューしたのは以下のような内容である:

1.インタビューを受けた人の69.5%は、イルカ類が呼吸のため水面に戻る必要があると理解していたが、その理解がほぼ100%に増した;

2.イルカ類に対する脅威を説明することができたのは55.6%だったが、90%以上に増した;

3.イルカの肉と油の所持を禁じる法律を知っていたのは13.0%だったが、95%に増した;

4.バングラデシュのイルカ類の多様性についての知識があったのは15.9%だったが、95%に増した。

「この展示会から得た教訓として、保全のための教育的な普及啓発には、種の生物学的な重要性やそれらの種が健全な水界生態系で果たす役割に関する知識を単に伝えるだけではだめで、もっとそれ以上のことが必要だということです」。

「人の心を捉えることも必要です。それはイベントに参加した訪問者の笑顔の中に見て取れます」。
あらゆる年齢層の訪問者、様々な経歴の訪問者からShushuk Melaにたいへん肯定的な反応が得られたことは奮起させられる話だ。

この対話型で実施したボートでの展示会を介して、WCSは、地元の漁業コミュニティが漁業で生計を維持しつつ、イルカ・クジラ類とその保全の可能性に関する知識をある程度深めるという成果を達成したのだ。 

SOSがより多くの種を保護するために

絶滅危惧種の保護には非常に重要な意味がある。
なぜなら、私たちが守っているのは私たち自身の生命維持システムだからだ。
ほんの数例だが、野生生物や自然は私たちに食べ物から燃料、雨風をしのぐ場所まで、たくさんの基本的な生活に必要なものをもたらしてくれるうえ、芸術、言語、デザインの分野でインスピレーションまで与えてくれるのだ。
現在、SOSは200を超える種を保護している。
引き続きより多くの自然遺産を保護できるよう、どうかSOSへ寄付いただきたい。

ニュースソース
http://www.iucnredlist.org/news/share-our-smiles-interactive-educational-outreach-to-save-threatened-coastal-cetaceans-in-bangladesh

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 庭のソテツは認可されたものですか? | トップページ | 世界の欲求が新たに野生生物種を絶滅の淵へ-IUCNレッドリスト »

05 クジラ・イルカ」カテゴリの記事

12 哺乳類」カテゴリの記事

17 海洋生物」カテゴリの記事

34 IUCN 国際自然保護連合」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/60565868

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔をともに:バングラデシュで絶滅危惧種のイルカ・クジラ類の保護のために相互教育を展開する:

« 庭のソテツは認可されたものですか? | トップページ | 世界の欲求が新たに野生生物種を絶滅の淵へ-IUCNレッドリスト »