フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 「これまで通り続ける」と、日本は新たな「調査捕鯨」計画を発表した | トップページ | 海洋の過小評価について-IUCNが注目した海洋の炭素調節能の新たな証拠 »

2015年6月 3日 (水)

海の野生生物にとって素晴らしい日!

和訳協力:石井 綾子、校正協力:榛木マエ 久実

2014年11月9日 CMS News

本日、エクアドルのキトで開催されていたCMS(移動性野生動物の種の保全に関する条約、通称「ボン条約」)の第11回締約国会議(CoP11)が閉幕した。
CMSの締約国は、1週間にわたる真剣な討議や交渉の後に多数の決議を可決し、海洋生物、陸上生物、渡り鳥類の種を保全するために大胆な措置を講じた。

CMS傘下の地域協定であるASCOBANS(バルト海及び北海の小型クジラ類の保全に関する協定)に最も関連が深い決議には、以下のものが含まれる。

・移動性の種のための戦略的計画 2015-2023年

・CMS傘下の協定間での協調および共通サービスの強化

・CMS関連条約と市民社会との関係強化

・野生クジラ類の商業目的の生け捕り

・クジラ目文化の保全の意味

・気候変動と移動性の種に関する活動プログラム

・再生可能エネルギーと移動性の種

・船による海洋野生生物の持続可能な観察

・海洋廃棄物の管理

「Shark COP((仮)サメCOP)」と広く呼ばれている会議で、締約国はConservation of Migratory Sharks and Rays((仮)移動性のサメとエイの保全、CRP20)の決議に加えて、合計21種のサメとエイをリストに掲載した。
さらに、それ以外の魚類1種、鳥類5種、陸生哺乳類2種、アカボウクジラ(Ziphius cavirostris)の地中海個体群とホッキョクグマ(Ursus maritimus)の水生哺乳類2種を条約の附属書Ⅰまたは附属書Ⅱに追加した。

COP11の全資料はこちら
記事、インタビュー映像、プレスリリース、COP11に関するその他の資料が掲載されているCMSニュースルームはこちら

ニュースソース
http://www.cms.int/en/node/6515

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 「これまで通り続ける」と、日本は新たな「調査捕鯨」計画を発表した | トップページ | 海洋の過小評価について-IUCNが注目した海洋の炭素調節能の新たな証拠 »

05 クジラ・イルカ」カテゴリの記事

32 ボン条約」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/60214543

この記事へのトラックバック一覧です: 海の野生生物にとって素晴らしい日!:

« 「これまで通り続ける」と、日本は新たな「調査捕鯨」計画を発表した | トップページ | 海洋の過小評価について-IUCNが注目した海洋の炭素調節能の新たな証拠 »