フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 犯罪現場から法廷へ:ICCWCが象牙に関するガイドラインを発表 | トップページ | 渡りルート保全協定成立20周年 »

2015年5月 4日 (月)

クマ・パトロール隊、ホッキョクグマの毛皮の違法取引を監視

和訳協力:池田 磯香、校正協力:松尾 亜由美

2015年1月15日 The Polar Bear Programme News

2014年12月初め、WWF(世界自然保護基金)ロシアのクマ・パトロールの専門家らは、インターネット上でホッキョクグマの毛皮の違法取引の証拠の探索を行った。
2003年以来行われているこのようなキャンペーンは9回目を迎える。
データは過去22カ月にわたって集められた。

クマ・パトロールのメンバーは、ホッキョクグマの毛皮の販売に関する38件の書き込み、そして、数頭(3頭から8頭まで)のホッキョクグマの毛皮の購入が可能であると買い手に情報提供している7つのウェブサイトを発見した。

結果として、価格は10年前に監視活動を始めて以来最高レベルに達していることが判明した(最高で毛皮1枚当たり290万ルーブル(約540万円、2015年2月24日付換算レート:1ルーブル=1.86円))。
ホッキョクグマの毛皮1枚の平均価格は現在22,280ドル(約265万円、2015年2月24日付換算レート:1ドル=118.91円、以降同レートとする)で、前回の調査時より200ドル(約24万円)上がっている。

価格の高騰はおそらく、カナダから合法的に輸出された毛皮の増加が原因だろう。
しかし、最近ロシア産の毛皮も高値で売られている。
これは、ロシア製の毛皮がカナダ製と偽られているということであろう。

「ホッキョクグマの毛皮の違法取引に対しての罰則が強化されたにもかかわらず、彼らは依然としてインターネットでの販売を続けているのです」と、WWFロシアのクマ・パトロール隊のリーダー、Viktor Nikiforov氏は述べた。
「ロシアでのオンライン販売は、地理的に言えば、モスクワとサンクトペテルブルグに集中しています。そしてかなりの数(25%以上)がウクライナ地区の市場(キエフで3件、そしてさらにドニプロペトロウシクとドネツクで3件)で見つかっています」。

ニュースソース
http://programmes.putin.kremlin.ru/en/bear/news/24998

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 犯罪現場から法廷へ:ICCWCが象牙に関するガイドラインを発表 | トップページ | 渡りルート保全協定成立20周年 »

06 クマ」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

23 ヨーロッパ」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/59792153

この記事へのトラックバック一覧です: クマ・パトロール隊、ホッキョクグマの毛皮の違法取引を監視:

« 犯罪現場から法廷へ:ICCWCが象牙に関するガイドラインを発表 | トップページ | 渡りルート保全協定成立20周年 »