フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« BP裁判のヤマ場はメキシコ湾沿岸への長期的影響 | トップページ | 太平洋上の広大な海洋保護区における将来の課題が世界公園会議の焦点に »

2015年5月28日 (木)

湿地を大切にしよう、私たちの未来のために:湿地の喪失を防ぎ、阻止し、そして残すために今すぐ行動しよう

和訳協力:ジョンソン 雅子、校正協力:鈴木 洋子

2015年2月2日  UNEP Press Releases

World Wetland Day (世界湿地の日)は、 湿地の重要性や価値の普及啓発を促進させるために、毎年2月2日に実施されている。

最新の調査によると、1900年以降、世界中の湿地の64%が失われており、この40年間だけで淡水性の植物や動物の個体群の76%が姿を消した(WWFのLiving Planet report (生きている地球レポート)から)とされている。
これは、他のどの生態系よりも悪い状況である。
湿地の喪失と劣化という、この世界的な下降傾向に立ち向かうために、ラムサール条約は各国政府や保護団体と連携して、民間セクターを迎え入れ、科学的な専門知識を採り入れている。

「Wetlands for our future (湿地を大切にしよう、私たちの未来のために)」-これが今年の世界湿地の日のテーマで、私たちすべてに湿地が様々な形でもたらすものや、私たちが湿地の保護と回復に寄与できる多くの方法に脚光を当てることを目的としている。

湿地がもたらす多くのサービスや恩恵、そして人類や地球にとっての湿地の重要性を認識している人はほんの一握りしかいない。
最も重要なことは、 私たちが毎日使う水が湿地から来ているということである。

加えて、湿地は人類に食糧を与えてくれる。
湿地である水田で育つ米は、およそ30億人の主食となっている。
人は平均して毎年19kgの魚を消費する。
売られている魚のほとんどは、沿岸水域や河口で産卵し稚魚を育てる。
さらに、世界中で採取される全淡水の70%が農作物の灌漑に使用される。

湿地は水から有害廃棄物を浄化して濾過し、工場から出る重金属や毒素を吸収するのを助け、また有害な肥料や農薬を吸収も助ける。
例えば、ウガンダ共和国のカンパラにあるナキブボ湿地は、下水や工場排水を無料で濾過している。
同じ作業を行うための処理プラントでは年に200万ドル(約2兆4千億円、2015年2月22日付換算レート:1USドル=119円、以降同レートとする)の費用がかかる。

湿地は自然の緩衝装置の役目を果たす。
河川流域の泥炭地や湿性草原は、自然のスポンジとして働き、降雨を吸収し、広大な表面の水たまりを作って河川の氾濫を緩和する。
同じ貯蔵能力がまた、干ばつの影響からも守ってくれる。

湿地は持続可能な暮らしと産物を提供する。
618万人の人々が、生きるために漁業や水産業に直接的に依存している。
また、建設材、植物油、薬草、家畜の飼料、そして織物に用いる植物の茎や葉なども湿地によってもたらされる。

加えて、私たちの将来のために重要なことは、湿地が気候変動との戦いに役立つことだ。
泥炭地だけでも、世界の総森林の炭素の2倍の量に匹敵する炭素を貯蔵している。
さらに、海面上昇に直面する今、沿岸湿地はハリケーンや津波の影響を低減する
湿地は、また海岸線を固定し浸食に耐える。

国際的に重要なラムサール条約湿地であるジュネーブのローヌ川の堤防から、ラムサール条約事務局長のChristopher Briggs博士は次のように語った。
「湿地の回復について世論を高め、そのことに強い関心を持つ熱心な何千人もの人々に参加してもらう素晴らしいチャンスです。彼らは変化をもたらすことを望んでいます。私たちが一致協力すれば偉業を達成できるのです。私は湿地で過ごすことが大好きですし、多くの人もそうです。そして、私たちの川、湖、砂浜や青い海を孫の世代が楽しめるような状態に保っていくことが、我々の責務なのです」。

「食糧、水、気候調整などの湿地がもたらすサービスは、世界的には15兆ドル(約1800兆円)に値すると推定されます。このことは、湿地が人間と等しく環境にとっても如何に不可欠であるかを実証し、さらに湿地保護の必要性も際立たせます。同時に、炭素に富むマングローブ林は、陸地の森林に比べ3倍から5倍の速さで伐採されていますが、その破壊の経済コストは、毎年420億ドル(約5兆円)の経済的損失に値します」と、国連事務次長兼UNEP(国連環境計画)事務局長のAchim Steiner氏は述べた。

そして彼は、「ラムサール条約はまた、湿地が非生産的で無価値だという認識から、湿地が社会に多様な価値を提供するものだという認識へと、考えを変化させるために役立っています。現在、世界中で2,186か所のラムサール条約湿地があり、その面積は世界中で2百万haを超えますが、これらの極めて重要な生態系を侵害する開発が続けられているので、さらなる課題が前途に待ち受けているのです」と付け加えた。
「世界湿地の日は、post-2015 sustainable development agenda (ポスト2015年持続可能な開発アジェンダ)において重要な役目を果たす湿地、および湿地に依存する地域社会が、今もなお直面している課題にさらに大きな光を当てます」。

今年の世界湿地の日には、ラムサール条約は湿地の破壊速度を緩め、その下降傾向を覆すための小さな変化を起こそうと誓いを立ててくれる人々を招待している。
例えばシャワーの時間を短縮したり、再利用可能な買い物袋を使用したりすることで、誰でも変化をもたらすことができる。
地域にある湿地の清掃を呼びかければ、更に効果を挙げることができる。
私たちのウェブサイト、www.worldwetlandsday.orgにアクセスするか #WetlandsForOurFutureのハッシュタグでこのキャンペーンに協力してほしい。

私たちの生活に湿地が果たす不可欠な役割について他の人たちにも教える必要がある。
これを考慮して、ラムサール条約は15歳から24歳の人たちに湿地の写真を撮ってもらい、フォトコンテストを行っている。
我々は、次世代の人々にこの素晴らしい生態系についてもっと学んでもらい、私たち全員の将来のために湿地を守る戦いに参加してもらうことを望んでいる。

ニュースソース
http://www.unep.org/newscentre/default.aspx?DocumentID=2818&ArticleID=11129&l=en

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« BP裁判のヤマ場はメキシコ湾沿岸への長期的影響 | トップページ | 太平洋上の広大な海洋保護区における将来の課題が世界公園会議の焦点に »

33 その他国際条約」カテゴリの記事

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/60082378

この記事へのトラックバック一覧です: 湿地を大切にしよう、私たちの未来のために:湿地の喪失を防ぎ、阻止し、そして残すために今すぐ行動しよう:

« BP裁判のヤマ場はメキシコ湾沿岸への長期的影響 | トップページ | 太平洋上の広大な海洋保護区における将来の課題が世界公園会議の焦点に »