フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« マラウィで密猟者が記録的な懲役刑に | トップページ | 東アジアサミットで野生生物の違法売買への対処に関する宣言を採択 »

2015年4月18日 (土)

野生生物犯罪対策における大きな一歩

和訳協力:野本 良子、校正協力:朝倉 加恵子

指名手配中の野生生物犯罪組織の首謀者を含む、名の知られた環境犯罪の犯人の居場所を特定するインターポールの取り組みをCITESが支援する

2014年11月17日  CITES PRESS RELEASE

本日、インターポールはInternational Consortium on Combating Wildlife Crime(ICCWC:野生生物犯罪と闘う国際コンソーシアム)の協力のもと、野生生物犯罪を含む深刻な環境犯罪に関わった手配中の人物を対象とした、初めての国際的な取り組みを開始したと発表した。
インターポールの捜査の最初の段階である国際指名手配リスト、INFRA-Terra(International Fugitive Round Up and Arrest:インフラ・テラ)に、特に野生生物犯罪に関わった逃亡中の環境犯罪の犯人9人が記載された。
そこにはケニアの象牙密輸組織の首謀者とされるFeisal Mohamed Aliの名もある。

Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora(CITES:絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、通称「ワシントン条約」)の事務局も、ICCWCの協力者に対して、この最初の段階で選ばれた事件の容疑者を追いつめるのに役立つ情報の入手につながる、公的な支援を依頼する声明を出した。

CITES事務局の法執行支援担当の主任であるBen Janse van Rensburg氏は、「この最初の取り組みは、野生生物犯罪のネットワークへの対策における大きな一歩となるでしょう。各国が野生生物犯罪をますます深刻な問題として捉えはじめており、我々はこのような犯罪の犯人を法に照らして処罰するために、犯人の居場所を特定し、逮捕するためのあらゆる手段を講じます。みなさんも現場での目となり、耳となることで、この総力戦における重要な役割を担うことになります。みなさんの協力が、犯罪者を最大限の法の力に直面させ、適切に罰することにつながるのです」とコメントした。

Ben Janse van Rensburg氏はまた「歴史的に見ても、世界各国は我々の自然遺産に対する犯罪の容疑で指名手配されている逃亡者を追いつめるために、この法執行の手段を利用してきませんでした。CITES事務局はこの仕組みを活用し、野生生物犯罪とそれを陰で操る首謀者たちとの戦いのためのこの取り組みを強力に支援 する政府を支持します」と付け加えた。

野生生物犯罪は多くの国々において安全面だけでなく、政治的安定性や経済、天然資源、そして文化遺産などに対して重大な脅威となってきている。
こうした脅威への効果的な対策は、しばしば政府の環境部局や野生生物に関する法執行機関が単独で持つ範疇をしばしば越え、また個別の国家や単一の地域の範疇を越えることさえある。
今回の逃亡者を対象とした取り組みは、このような犯罪と戦うために世界中が総力をあげて支持する、国境を越え、容疑者が通過した国や行き先の国などの広範囲に渡って行われるものとなるだろう。

この取り組みにおける技術面と金銭面での支援については、European Union(欧州連合)の多大な寄与のもと、ICCWCから申し出があった。

インフラ・テラに記載された容疑者だけでなく、国際指名手配されている人物の居場所に関する情報は、インターポールのFugitive Investigative Support unit(逃亡犯罪人捜査支援課)で収集している。
情報は、自国の犯罪防止プログラムに匿名で持ち込むことも可能である。

ニュースソース
http://www.cites.org/eng/interpol_operation

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« マラウィで密猟者が記録的な懲役刑に | トップページ | 東アジアサミットで野生生物の違法売買への対処に関する宣言を採択 »

30 ワシントン条約 CITES」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/59630252

この記事へのトラックバック一覧です: 野生生物犯罪対策における大きな一歩:

« マラウィで密猟者が記録的な懲役刑に | トップページ | 東アジアサミットで野生生物の違法売買への対処に関する宣言を採択 »