フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 野生生物犯罪を暴く | トップページ | ミャンマーにおける野生生物の違法取引と木材の違法伐採との戦い »

2015年4月12日 (日)

ザンビア野生生物管理局、野生動物の密猟品売買撲滅を目指しCOMACO農家の支援を得る

和訳協力:岡本 明子、校正協力:清水 桃子

2015年1月5日 WCS Press Releases

・ゾウとヒョウが密猟され、2件検挙された
・Markets for Conservation注1(COMACO:保全のためのコミュニティ市場)の農家が当局に重要な情報を提供
・Wildlife Conservation Society(WCS:野生生物保護協会)が設立したCOMACOが、元密猟者を持続可能な農業従事者に転向させる

その多くが元密猟者である小規模農家の共同組合のメンバーが、Zambia Wildlife Authority(ZAWA:ザンビア野生生物管理局)による2名の野生生物密売人の検挙に重要な役割を果たした。
2名は、野生動物の違法取引に関与している主要な密売組織の一員として象牙取引を行おうとしていた。

元密猟者で、今やCOMACOの模範農家として他の農業従事者へ自給自足できるよう研修を行っている農民が、ルアングア谷の西側での密売人による違法な野生生物取引の動きについて情報を提供した。
その情報はCOMACOのスタッフからZAWAへ伝えられ、ZAWAは2件の検挙という結果となったおとり捜査を実施した。
またその捜査では、ルサカの外で活動する野生生物密猟組織の詳細を明らかにする情報が得られた。

この検挙に続いて、当局は、伝えられるところでは野生生物禁制品、特に象牙とヒョウの毛皮などをコンゴと中国の買い手に売ろうとしていたとされる、犯罪組織の他の密売人の名前を知ることもできた。

2003年以来、WCSが世話役を務めるCOMACOは、ザンビアにおいて、国立公園周辺に住む貧しい農家を支援する活動を続けている。
それは、保全目標を達成する代わりに技術を向上させ、利益を上げ、彼らの生産品が市場価格を上回る価格で売れるようにするものだ。
このプログラムには今や109,000人のメンバーが参加している。

COMACOの代表で設立者である、WCSのDale Lewis氏は次のように語る。
「これらの最近の検挙は、我々のプログラムの一人の模範的農家の善意から始まりました。進んで法執行を助けようとしてくれる農家の風潮が確実に見られ、ようやくCOMACOモデルの本当の利点が現れ始めたと信じています」。

ルアングア谷の東側で最近起こった別の事件では、この地域でのゾウの密猟についてルサカ出身の警察官の関与がCOMACOの農家によって示唆された。
事件はZAWAに報告され、検挙がなされたが、象牙は見つからなかった。
検挙された警察官は未登録の銃火器所持で出頭を命じられた。

COMACO農家トークと呼ばれる地方ラジオ番組では、違法行為を目撃したらラジオ局に電話をすることを農家に奨励している。
情報はその後、適切な法執行機関に送られる。
通報は月平均20~30件ほどである。

またLewis氏は次のように語った。
「2015年は、我々とZAWAと森林局とが緊密な連携を継続して行い、COMACOが提供している市場誘因のモデルと教育を通して農家とともに保全の輪を築いていく重要な年となるでしょう。来るべき年には、ZAWAが我々の模範的な農家から何人かを任命し、密猟者をHonorary Wildlife Officers注2(HWPO:客員野生保護管)に転向させ、全員に携帯電話を支給できるようにしたいと思っています。我々が監視していることを密猟者達が知れば、その機会が限定され、リスクが高いと気付くでしょう」。

ZAWAは善意ある地域コミュニティの仲間からの情報提供ネットワークを管理する。
COMACOの農家はその中でも、これら報告されている事件ですでに示されているように、さらなる強みとなるだろう。

注1:本文ではMarkets for Conservationとされているが、Community Markets for Conservationsのことと思われる。
注2:本文ではHonorary Wildlife Officersとされているが、Honorary Wildlife Protection Officersのことと思われる。

ニュースソース
http://press.wcs.org/NewsReleases/tabid/13614/articleType/ArticleView/articleId/6538/Zambia-Wildlife-Authority-ZAWA-Gets-Assist-from-Markets-for-Conservation-COMACO-Farmers-in-Helping-Close-Down-a-Wildlife-Poaching-Racket.aspx

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 野生生物犯罪を暴く | トップページ | ミャンマーにおける野生生物の違法取引と木材の違法伐採との戦い »

22 アフリカ」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/59557622

この記事へのトラックバック一覧です: ザンビア野生生物管理局、野生動物の密猟品売買撲滅を目指しCOMACO農家の支援を得る:

« 野生生物犯罪を暴く | トップページ | ミャンマーにおける野生生物の違法取引と木材の違法伐採との戦い »