フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« マダガスカルの爬虫類:絶滅の危機ながらまだ終わりじゃない | トップページ | 10%の鳥類は保護の網にかからずにいる »

2015年3月 6日 (金)

スマトラサイ-次の200年はあなたの行動にかかっている

和訳協力:木谷 咲子、校正協力:星子 啓子

2014年7月25日  IUCN Redlist News Release

あなたは、スマトラサイ(学名:Dicerorhinus sumatrensis)を見たことがあるだろうか?
人は自分たちの知るもの、そして愛するものを保護する、とよく言われる。
だからこそSOS(Save Our Species、自然保護NGO)は、この独特かつカリスマ的な、そして絶滅危惧IA類に指定されるスマトラサイの短編ビデオを共有し、絶滅の危機にさらされた種を、生息地を、そしてそこに従事する人々を守るという、SOSの試みを見てもらおうと考えた。
そしてInternational Ranger Day(国際レンジャーデー、7月31日)の取り組みとして、残された数少ないスマトラサイを密猟者から保護するためにたゆまぬ努力を続けるRhino Protection Units(RPUs:(仮)サイ保護部隊)の任務についても焦点を当てる。

スマトラサイが、生物史に初めて記録されてから、今年でちょうど200年になる。
1814年にドイツの生物学者であるJohann Gotthelf Fischer von Waldheim氏が、アジアに生息する二つの角を持つ毛サイ、もしくはスマトラサイの生物的な記述をした。
かつては個体数が多く、インドからボルネオまで幅広く生息しており、スマトラサイは二世紀以上にわたり繁栄していた。
しかし専門家によると、現在ではスマトラ島にあるインドネシアの3つの国立公園、Bukit Barisan Selatan(ブキ・バリサン・セラタン)、Gunung Leuser(グヌン・レウセル)とWay Kambas(ワイ・カンバス)にのみ生息し、その数は100頭にも満たないであろうと言われている。
数世紀にわたる狩猟、生息地の喪失と分断化は、劇的に個体数を減らした。
一方で、残されたスマトラサイこそ種の回復の最後の砦である。

SOSによる助成を受けている事業のプログラムオフィサーであり、IUCN(国際自然保護連合)の会員で、International Rhino Foundation(IRF:国際サイ財団)に所属するBill Konstant氏によると、問題は、次の200年のスマトラサイの生息を確実にするために、私たち全員が力を合わせられるかと言うことだ。

スマトラでは、特別な訓練を受けたRPUsが固有種のスマトラサイ、ゾウ、トラ、バクの個体数調査はもちろん、昼となく夜となく監視することによって、政府の森林警備隊を支援している。
各RPUは、銃の所持や密猟の容疑者を逮捕する権限を持つ野生生物保護管が指揮している。
野生生物保護管は、地域コミュニティから集められたチームによってサポートされている。

地元の協力と関与が、この任務の遂行において欠かせないものだ。
その結果として、IRFは地元の協力団体であるYayasan Badak Indonesia(YABI(仮)ヤヤサン・バダック・インドネシア)といくつかの政府当局とともに、ブキ・バリサン・セラタン国立公園をパトロールする7組の4人組みのRPUとWay Kambas国立公園に駐在する5つの部隊に対する訓練と装備の提供に、共に取り組んでいる。
これは、全部で48人の十分な訓練を受けたプロたちが、彼らより少し数が多い少数の絶滅危惧種のサイを護衛している、ということだ。
高度に訓練された彼らは、足をとられながら湿地を歩き、生い茂った熱帯のジャングルを這うように進み、長い時間と日々を費やしパトロールを行う。
保護すべき動物に遭遇することは稀なことだ。
しかしそれでも、この仕事に責任を持ち、情熱を抱いているのだ。

彼らの仕事を援助することは、種の生存にかかる重大なことだ。
レンジャーだけでなく公園の管理人や自然保護に携わる科学者たちが、スマトラサイの個体群が確実に生き残れるように協力することは、認められ、報われるべきことなのだ。
それは成功するまで続けられる、世界の宝を保護するための努力なのだから。

希望もある。
例えばAndatuはインドネシアの飼育センターで初めて産まれたスマトラサイである。
しかし、種を守るためには飼育下繁殖だけに頼るわけにはいかない。
それよりも、私たちの意志、能力、財源を集結させたものこそが、世界中の絶滅の危機にさらされた種の見通しを変えることができるのだ。

このように、スマトラサイの200周年記念は種が時とともに変転していくことをも認識させた。
未来は危ういばかりでなく、すべて私たちの手に委ねられている。
そんな現実に私たちは直面しているのだ。
行動しよう。
SOSに寄付をすれば、あなたも現地での種の保存に協力することができる。
SOSは、IRFとスマトラの連携組織が実施しているような、地元で行われる最善のプロジェクトに資金を送る組織である。

ニュースソース
http://www.iucnredlist.org/news/the-sumatran-rhino-another-200-years-its-your-call

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« マダガスカルの爬虫類:絶滅の危機ながらまだ終わりじゃない | トップページ | 10%の鳥類は保護の網にかからずにいる »

04 サイ」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

34 IUCN 国際自然保護連合」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/59129038

この記事へのトラックバック一覧です: スマトラサイ-次の200年はあなたの行動にかかっている:

« マダガスカルの爬虫類:絶滅の危機ながらまだ終わりじゃない | トップページ | 10%の鳥類は保護の網にかからずにいる »