フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 厳しい漁業管理で気候変動の影響に立ち向かう | トップページ | アジア版CITES附属書Ⅱサメ類およびオニイトマキエイ属種の最新リスト施行のための地域行動計画書 »

2015年2月 8日 (日)

アモイ宣言

2014年5月15日

和訳協力:清水 桃子、校正協力:アダムス・雅枝

我々、中国、 香港(中国)、マカオ(中国)、インド、インドネシア、イラン、日本(オブザーバー)、韓国、マレーシア、モルディブ、パキスタン、シンガポール、スリランカ、タイそしてイエメンの漁業担当当局およびCITES(「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」、通称「ワシントン条約」)担当当局の代表は、FAO(食糧農業機関)とCITES事務局が主催の、「サメ類およびManta Rays(オニイトマキエイ属の種のこと。以降、オニイトマキエイ類とする)のCITES附属書への新規掲載に関する事項実施のための能力評価に関するアジア地域ワークショップ」(2014年5月13日~15日に中国福建省廈門にて開催)において、第16回締約国会議で合意し、2014年9月14日から施行とした、サメ類およびオニイトマキエイ類の新規CITESリスト掲載1)に関する実施事項を検討・議論した。

サメ類やエイ類の保全と持続可能な利用の重要性を念頭に置き、該当地域の国々における"制限、課題、必要性"を入念に調査した上で、サメ類とオニイトマキエイ類のCITES附属書Ⅱへの新規掲載に関する事項を効果的に実施するため、以下の項目を最優先すべき行動として我々は提言する:

・データ収集の向上
・国内法の立法、法執行(監視、規制、調査)および国際協力の強化
・保全と管理対策の強化
・訓練とキャパシティ・ビルディングの強化/人材開発
・資金の確保

我々は、サメ類およびエイ類の保全と持続的利用に関する情報と専門知識の共有の強化のために、すべての国々がRegional Fisheries Bodies(地域漁業機関)と緊密に連携し、CITESの附属書に掲載されている海洋生物に関わる地域的な野生生物の法執行ネットワークを存分に活用することを奨励する。

我々は、サメ類およびオニイトマキエイ類へのCITES規制の遵守のため、並びにこれらの種の保全および持続可能な利用のための、アジア各国による対策向上の努力に対し、政府および支援団体に支援を要請する。

我々は本ワークショップの資金提供者であるEU(欧州連合)と中国、またホスト国である中国、そして本企画を組織としてご支援頂いたFAOとCITES事務局に感謝の意を表する。

2014年5月15日、中国福建省廈門

1)oceanic whitetip shark(学名:Carcharhinus longimanus、ヨゴレ)、scalloped hammerhead shark(学名:Sphyyna lewini、アカシュモクザメ)、great hammerhead shark(学名:Sphyrna mokarran、ヒラシュモクザメ)、smooth hammerhead shark(学名:Sphyrna zygaena、シロシュモクザメ)、porbeagle shark(学名:Lamna nasus、ニシネズミザメ)とオニイトマキエイ属全種(学名:Manta spp.)、CITES附属書Ⅱへ新規掲載、2014年9月14日発効。

ニュースソース
http://www.cites.org/sites/default/files/eng/news/sundry/2014/xiamen_declaration_%26_action_plan.pdf

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 厳しい漁業管理で気候変動の影響に立ち向かう | トップページ | アジア版CITES附属書Ⅱサメ類およびオニイトマキエイ属種の最新リスト施行のための地域行動計画書 »

11 サメ」カテゴリの記事

15 魚類」カテゴリの記事

17 海洋生物」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

30 ワシントン条約 CITES」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/58790974

この記事へのトラックバック一覧です: アモイ宣言:

« 厳しい漁業管理で気候変動の影響に立ち向かう | トップページ | アジア版CITES附属書Ⅱサメ類およびオニイトマキエイ属種の最新リスト施行のための地域行動計画書 »