フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« アジア版CITES附属書Ⅱサメ類およびオニイトマキエイ属種の最新リスト施行のための地域行動計画書 | トップページ | WDC、野生のイルカやクジラの生体捕獲をやめる新たな国際合意を歓迎 »

2015年2月12日 (木)

IUCNが提唱 - コガシラネズミイルカ絶滅阻止へ緊急対策を

和訳協力:和田 一美、校正協力:藤木 香

2014年9月16日 IUCN News Story

メキシコだけでその姿が見られる小型イルカ、Vaquita(コガシラネズミイルカ)の数が、保全活動の実施にもかかわらず、減少し続けている。
International Committee for the Recovery of the Vaquita(CIRVA:(仮)コガシラネズミイルカ回復のための国際委員会)の最新報告によれば、1990年代初めにはおよそ600~800頭が生息したが、今や100頭あまりにまで減少している。

IUCN(国際自然保護連合)のSpecies Survival Commission(SSC:種の保存委員会)のCetacean Specialist Group(CSG:鯨類専門家グループ)は、International Whaling Commission(IWC:国際捕鯨委員会)の第65回会合に、目前に差し迫まるコガシラネズミイルカ絶滅の危険性への留意を促す公式文書を提出した。

2000年初頭にBaiji(ヨウスコウカワイルカ)が絶滅したのに引き続き、クジラ類での次なる種、メキシコのカルフォルニア湾北部に生息が限定されるコガシラネズミイルカ(学名:Phocoena sinus)の喪失に世界は直面している。
コガシラネズミイルカは、大型魚であるTotoaba(学名:Totoaba macdonaldi、トトアバ)漁の刺し網に誤って絡まり、命を落としている。
このトトアバの浮き袋は、中国市場で極めて高価な商品なのだ。
コガシラネズミイルカとトトアバのどちらも、IUCNレッドリストでCritically Endangered(絶滅危惧IA類)に指定されている。

CSGのメンバーであり、IWCの公式オブザーバーでもあるJustin Cooke氏はこう語る。
「CIRVAが提案にあるように、立ち入り禁止区域での刺し網漁を即刻停止しなければ、今後数年で絶滅するでしょう。刺し網漁の主なターゲットであるトトアバが、世界的な不法取引で高値がつくことからも、厳密な規制の実施が必要です」。

Advisory Commission to the Presidency of Mexico for Recovery of the Vaquita((仮)コガシラネズミイルカ回復のためのメキシコ大統領諮問委員会)が昨年設立されたのも、高官らの深刻な懸念を反映したものであるが、残念ながら、メキシコ当局やその他の関係機関による保全策も、現時点でコガシラネズミイルカの個体数減少に歯止めをかけるのには十分ではない。

そのため、IUCNは、責任当局に対し、CIRVAが最近提案した政策の即刻実施を要請した。
またIWC加盟国に対して、必要とされるいかなる支援もメキシコに提供するように呼びかけた。

とりわけ、トトアバがCITES付属書Ⅰの掲載種(商業目的での国際取引は禁止)であること、また、この大型魚捕獲で利用される網がコガシラネズミイルカを混獲し、死に至らしめていることに留意して、米国と中国政府がそれぞれ自国領土内あるいは経由する形での、違法なトトアバ取引きを防ぐ取り組みを強化することがなによりも重要である。

コガシラネズミイルカにとって安全となる漁業技術の向上などのようなものが長期的な解決策なのだろうが、種の絶滅の回避には、提案された立ち入り禁止区域での刺し網漁を即刻中止することが必須だ。

IWC第65回会合は、2014年9月15日から18日までスロベニアのポルトロージュで開催されている。

ニュースソース
http://www.iucn.org/news_homepage/?18337/IUCN-calls-for-immediate-action-to-prevent-the-Vaquitas-extinction

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« アジア版CITES附属書Ⅱサメ類およびオニイトマキエイ属種の最新リスト施行のための地域行動計画書 | トップページ | WDC、野生のイルカやクジラの生体捕獲をやめる新たな国際合意を歓迎 »

05 クジラ・イルカ」カテゴリの記事

12 哺乳類」カテゴリの記事

17 海洋生物」カテゴリの記事

24 北米」カテゴリの記事

30 ワシントン条約 CITES」カテゴリの記事

34 IUCN 国際自然保護連合」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

重要な情報を伝える姿勢は尊重したいと思います.
しかし,和訳関係者の氏名まで表にされていながら薬がいい加減なのに驚いています.
メキシコ湾とカリフォルニア湾を地図で見て下さい.

冒頭の「メキシコ湾」,原文は「Mexico」ではないですか.

ご指摘いただきありがとうございます。
該当箇所を確認の上、修正をいたしました。
今後もご協力をよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/58885569

この記事へのトラックバック一覧です: IUCNが提唱 - コガシラネズミイルカ絶滅阻止へ緊急対策を:

« アジア版CITES附属書Ⅱサメ類およびオニイトマキエイ属種の最新リスト施行のための地域行動計画書 | トップページ | WDC、野生のイルカやクジラの生体捕獲をやめる新たな国際合意を歓迎 »