フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 絶滅危惧IA類のニシコククジラ保護のための画期的な協力 | トップページ | 愛知目標は失敗? »

2015年1月13日 (火)

ホッキョクグマ、ボン条約での保護指定にむけ前進

和訳協力:星野 友子、校正協力:清水 桃子

2014年11月7日  CMS News

全体委員会で、ホッキョクグマをCMS(「移動性野生動物の種の保全に関する条約」、通称「ボン条約」)の附属書Ⅱ(国際協定の対象となる移動性の種)に加えるというノルウェーの提案が、CMSの締約国会議の本会議の採決案件として推薦されることが決定し、第一関門を突破した。

締約国からのすべての参加者がこの提案を支持した。
ホッキョクグマの生息国で、条約の非加盟国である、COP(締約国会議)にオブザーバーとして出席していた米国も、ノルウェーの提案に賛同した。
同じくホッキョクグマの生息国で条約非加盟国のカナダは、動議に反対こそしなかったものの、CMSの附属書Ⅱにホッキョクグマを追加する意義について疑問を呈した。

いくつかの自然保護NGOがノルウェーに賛同する一方、イヌイットを代表するオブザーバーは、既存の保護政策ですでに国際合意がなされており、またカナダ北部の地域社会には、ホッキョクグマと密接に関わり生活をしてきた数世紀に渡る歴史がある点に触れ、反対を表明した。

ニュースソース
http://www.cms.int/en/news/polar-bear-%E2%80%93-one-step-closer-listing-under-cms

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 絶滅危惧IA類のニシコククジラ保護のための画期的な協力 | トップページ | 愛知目標は失敗? »

06 クマ」カテゴリの記事

12 哺乳類」カテゴリの記事

27 北極 南極」カテゴリの記事

32 ボン条約」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/58525417

この記事へのトラックバック一覧です: ホッキョクグマ、ボン条約での保護指定にむけ前進:

« 絶滅危惧IA類のニシコククジラ保護のための画期的な協力 | トップページ | 愛知目標は失敗? »