フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 動物の密猟と密輸に関する情報と分析の速報:ナマコ | トップページ | ボン条約の科学委員会が条約の第11回締約国会議への道を開く »

2014年12月 9日 (火)

WCS、ニューヨーク州議会の象牙と犀角売買禁止の歴史的決議を歓迎

2014年6月12日  WCS Press Releases

和訳協力:橋村 吾土子、校正協力:榎本 まなみ

Wildlife Conservation Society(WCS:野生動物保護協会)は、ニューヨーク州議会下院が水曜日(2014年6月11日)、象牙と犀角の売買禁止をめざす歴史的決議を行ったことを歓迎した。

ニューヨーク州議会下院は、少量の象牙が使われている骨董品の販売、もしくは教育や科学の目的としたものや財産分与のための譲渡を若干の例外として、象牙販売を禁止すべく州の環境法を改正する法案を可決した。
ニューヨーク州議会上院は数日中に同様の法案に取り組むものとされる。

「ニューヨーク州は、象牙と犀角の販売を禁止することによって世界に対しリーダーシップを示す機会を得たのです」と、WCSの代表兼CEOのCristian Samper氏は言う。
彼はPresident's Advisory Council on Wildlife Trafficking (野生生物取引に関する大統領諮問委員会)のメンバーでもある。

「あらゆる行為が-ここアメリカ合衆国においても-ゾウやサイに死をもたらしているのだという空気を、ニューヨークが作り出せるのです。国際社会の一員として、私たちは野生生物の不法取引に対して、今こそ大々的な取り組みを行わなければなりません。さもなければ、私たちの生きているうちに、ゾウのようなすばらしい種が、棲息域の大部分で絶滅するおそれがあります」。

「ニューヨーク州議会上院が同様に象牙と犀角の売買禁止法案を可決し、最終的にはクオモ同州知事がその法案に署名し、法律が成立することを、我々は願っています。州議会下院のSheldon Silver議長、および禁止の強力な推進派であるRobert K. Sweeney下院議員のリーダーシップに対し、また議会のあらゆる協力に対し、謝意を表します」。

「ニューヨークは合衆国最大の象牙輸入地域です。この州法令によって、連邦レベルでの象牙取引禁止を厳格化する連邦政府の取り組みが強化されるで しょう。ニューヨークはまた、ゾウとサイの密猟につながる行為が重大な犯罪であることをはっきりと示しています。彼らはより厳しい処罰を求めており、私たちは最終的に州法令でそうなって欲しいと思っています」。

「この2年間、アフリカ全土とそれ以上の地域で、大規模なゾウの密猟と象牙の不法取引が、経済面でも治安の面でも深刻な問題を引き起こすことが明らかになっています。多くのアフリカゾウ棲息国において、象牙の違法取引が、不安定な無 法状態を作り出すのとともにそれをさらに深刻化させています。こういった国では、人道的な犯罪が劇的に増加しています」。

WCSはアフリカのゾウを救い、現在の密猟や象牙の売買といった危機を終わらせる国際的な取り組みを牽引している。
9月に、WCSは96 Elephants campaign((仮)96頭のゾウキャンペーン:www.96elephants.com)を立ち上げた。
これは、ゾウ殺害を阻止し、不法取引をやめさせ、需要をなくすことによって、Clinton Global Initiative (CGI:クリントン・グローバル・イニシアティブ)の"Partnership to Save Africa's Elephants((仮)アフリカゾウ救済パートナーシップ)"の拡大と支援を行うためのものだ。
WCSの運動は、国内における象牙販売の効果的な一時停止の確保、ゾウの保護強化、象牙の消費とゾウ密猟の危機との間の因果関係について、一般市民を教育することに重点をおいている。

WCS広報部門の副代表兼96 Elephants campaign代表のJohn Calvelli氏は、次のように述べた。
「私たちは、手遅れになる前にこれをやり遂げるようオールバニー(ニューヨーク州の州都)の議員に要請することを、後援者の皆様に強く求めます。ここで、この法律を後押しし、協力してくださったニューヨーク州各地の次の皆様にお礼を申し上げます。NRDC(自然資源防衛協議会)、HSUS(米国動物愛護協会)、TNC(ザ・ネイチャー・コンサーバンシー)、IFAW(国際動物福祉基金)、Environmental Advocates of New York、Sierra Club(シエラクラブ)、PBA NYS(ニューヨーク州警察慈善協会)、Elephants DC、Buffalo Zoo(バッファロー動物園)、Aquarium of Niagara(ナイアガラ水族館)、Rosamond Gifford Zoo(ロザモンド・ギフォード動物園)、Seneca Park Zoo(セニカ・パーク動物園)、Utica Zoo(ウティカ動物園)、NYS Zoo at Thompson Park(トンプソン公園のニューヨーク州立動物園)。また、Enough Project(イナフ・プロジェクト)、The Resolve LRA、United to End Genocide、Relief International(リリーフ・インターナショナル)、そしてInvisible Children(インビジブル・チルドレン)を含む人道主義団体の皆様にもお礼申し上げます」。

州議会下院の法案のリンクはこちら:
http://open.nysenate.gov/legislation/bill/A8824A-2013

ニュースソース
http://www.wcs.org/press/press-releases/congratulate-wcs.aspx

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 動物の密猟と密輸に関する情報と分析の速報:ナマコ | トップページ | ボン条約の科学委員会が条約の第11回締約国会議への道を開く »

01 ゾウ」カテゴリの記事

24 北米」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/58209862

この記事へのトラックバック一覧です: WCS、ニューヨーク州議会の象牙と犀角売買禁止の歴史的決議を歓迎:

« 動物の密猟と密輸に関する情報と分析の速報:ナマコ | トップページ | ボン条約の科学委員会が条約の第11回締約国会議への道を開く »