フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« ソデグロヅルの保護条例締結20周年記念 | トップページ | 西アフリカのアフリカウスイロイルカ、漁の取り締まり強化が功を奏する »

2014年11月 3日 (月)

ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で密猟者のバイクを押収

和訳協力:木南 誠、校正協力:遠藤 智子

2014年5月29日 IUCN Redlist News Release

SOS(Save Our Species)プログラムの補助を受けているDouc Langur Foundation(ドゥクラングール基金)のLois Lippold氏は、ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で絶滅の危険性の高いコロブス亜科のサルとテナガザル類を保護するための同氏のプロジェクトが、再び喜ばしい成果を上げていると報告した。
同氏は2013年8月に、公園内で初めて密猟者の逮捕に成功したと報告していた。
しかし今回は、ここ3か月だけで、チュー・モン・レイ国立公園で100台以上のオートバイを押収し、5,795個の罠を破壊したという。

Lois氏は、オートバイは密猟者の公園内における主要な移動手段であるため、これらの成果は重要である、と解説する。
ベトナムを訪れたことがある人ならば、オートバイが同国においていかに重要であるか知っているだろう。
何しろ人口8000万人の国に、推定4000万台のオートバイがひしめいている上に、ベトナムの人々はバランスさえ取れればどんな物でもこの二輪の乗り物で運搬するのだ。
従って、絶滅危惧IA類のテナガザルから貴重な木材に至るまで、何でもオートバイで公園から運び出している密猟者にとって、この馬力の強い乗り物を失うことは非常な痛手である、と公園の管理者たちは言う。

罠の捜索チームはさらに、5,795個の罠を発見して破壊するとともに、密猟者の露営27か所も焼き払った。
これらの成果は、機動力の高い複数の捜索チームと交通量の多い省道に設けた検問所によってもたらされた。
こうした活動の結果、ベトナムの1か所の国立公園で、3か月間に押収したオートバイの数と違反者逮捕数の最高記録が更新された、とLois氏は語る。
罠はすでに破壊済みだが、オートバイの処分方法は未定である。

Lois氏はさらに、これらの押収が行われたことは、ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園周辺の密猟者に強力なメッセージを発することになる、という。
少なくとも、逮捕が経済的な面からの抑制効果があることは明らかである。
軽量オートバイの新車は200ドル未満で手に入るが、それがベトナムの平均月収に相当する額だということは一考に値するはずである。

ニュースソース
http://www.iucnredlist.org/news/poachers-lose-motorbikes-at-chu-mom-ray-national-park-viet-nam

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« ソデグロヅルの保護条例締結20周年記念 | トップページ | 西アフリカのアフリカウスイロイルカ、漁の取り締まり強化が功を奏する »

09 サル」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

34 IUCN 国際自然保護連合」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

41 保護区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/57836668

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で密猟者のバイクを押収:

« ソデグロヅルの保護条例締結20周年記念 | トップページ | 西アフリカのアフリカウスイロイルカ、漁の取り締まり強化が功を奏する »