フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で密猟者のバイクを押収 | トップページ | 重要な国際的合意の成立によってヒョウの保護が注目される »

2014年11月 5日 (水)

西アフリカのアフリカウスイロイルカ、漁の取り締まり強化が功を奏する

和訳協力:湊 紗矢可、校正協力:小山 園子

2014年6月30日  IUCN Redlist News Release

多くの絶滅危惧種と同様に、絶滅危惧II類のアフリカウスイロイルカ(Sousa teuszii)は人間の活動によって追い詰められている。
水産業や商業漁業が、地域で伝統的漁法を行う漁師たちを浜辺から200m以内の海域へと追いやり、この未知なる海洋哺乳類の重要な生息域で網をふるわせている。
IUCN(国際自然保護連合)のメンバーであり、SOS(Save Our Species)の補助を受けているWildlife Conservation Society(WCS:野生生物保護協会)は、最近の報告で、2か所あるプロジェクト実施地域の1つである、コンゴ共和国のConkouati-Douli National Park(CDNP:コンクアチ・ドゥリ国立公園)内の海域にて、問題の根源と見なされているトロール漁船を抑止し、阻止するために、定期的に、また頻繁に行われている監視パトロールの効果について伝えている。

プロジェクトの代表であるTim Collins氏によると、パトロール船は2013年12月以来、この公園内の海域で不法に漁業をしていたトロール船(鉄鋼船と木造船の両方)15艘を拿捕した。
同氏は、各パトロール船には限られた人数の監視員しか乗船していないため、すべての不法漁船に乗り込むのは困難で、取り締まり中に逃げられることもあると説明する。
最近では、トロール船は日中には公園内の水域には姿を見せず、日没後の8時から9時に侵入し、早朝5時から6時に去るようになった。
Collins氏たちは、この新たな活動パターンにどう対応するかを検討中である。
議論されている方法の一つは、夕方出航して、夜陰に紛れて沖へ出て停泊するというものだ。
早朝、不法トロール漁船は沖へ戻ったところを拿捕されるだろう、と同氏は説明し、ただこの方法に危険が伴わないわけではないが、と付け加えた。

拿捕した漁船は、大抵この地域に登録されたもので、乗組員はコンゴ人と在コンゴ中国人である、とCollins氏は説明する。
いずれの場合も、船長は拘束、船舶の書類は押収され、起訴のために上陸させられる。
また多くの場合、罰金の回収手続きと漁具没収のため、漁船は沿岸の村の停泊地へ護送される。
さらに公園内では、長い網(一番下の刺し網が全長2.5kmを超えることも多い)を備え、コンゴ人、ベナン人、ガーナ人、セネガル人の乗組員を乗せた西アフリカのピローグ(大木を彫りぬいて形作ったカヌー)も発見されるようになった。
こうした船はすべて、自分たちの網を補修するためのもので、停泊制限区域についての情報を知らされている。
これらの船は、常に警告は受けるものの、比較的ゆるやかに取り扱われる。

きわめて重要なことに、集められた罰金は地域の漁業協同組合に提供される分を除き、国立公園内の取り締まり強化に再投資されてきた。
これはプロジェクトと漁師の双方にとって、非常に重要なことになっているようだ、とCollins氏は言う。
「私達が措置を取る代わりに、漁師はイルカの生息地である沿岸部では漁をしないという合意を尊重することを約束しました。使命を果たし、金銭的利益の一部を返却できるということが重要で、地域の支持と賛同を得る一助となっています」。
この活動を、ほとんどの住民が貧困のために個人的な犠牲を払う余裕のない地域や、網を禁漁区域に仕掛け直してしまうリスクのある地域で行うことは、極めて困難である。

解決策の一環として、トロール船による脅威を排除する一方、地方の漁業の利害関係者の管理を改善したり、伝統的な漁法の管理改善のため地域に漁業協同組合を設置したりすることで、プロジェクトの継続的な効果も生まれている。
海洋パトロールによる良い結果や効果的で明確な公園管理への再投資、漁業協同組合の創設などにより、保全への取り組みの成功だけでなく、国の当局や地域社会の取り締まり強化への関心の高さも証明され、国立公園沿岸のイルカとその他の種の保全の可能性が高まっている。
このプロジェクトのMayumba National Park(マユンバ国立公園、ガボン)とコンクアチ・ドゥリ国立公園(コンゴ共和国)での詳細については、こちらをご覧いただきたい。

ニュースソース
http://www.iucnredlist.org/news/enforcement-paying-off-for-the-atlantic-humpback-dolphin-of-western-africa

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で密猟者のバイクを押収 | トップページ | 重要な国際的合意の成立によってヒョウの保護が注目される »

05 クジラ・イルカ」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

34 IUCN 国際自然保護連合」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/57886303

この記事へのトラックバック一覧です: 西アフリカのアフリカウスイロイルカ、漁の取り締まり強化が功を奏する:

« ベトナムのチュー・モン・レイ国立公園で密猟者のバイクを押収 | トップページ | 重要な国際的合意の成立によってヒョウの保護が注目される »