フォト
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 最前線にて―気候変動に直面する小島嶼国に支援 | トップページ | 熊農場の熊の心臓は「正常でない」 »

2014年10月28日 (火)

キツネザルの保護団体がマダガスカルのアンジャナハリベ・スド特別保護区の境界設定プロジェクトを助成

和訳協力:木谷 咲子 校正協力:鈴木 洋子

2014年6月30日 African Conservation Foundation News

Lemur Conservation Foundation(LCF:(仮)キツネザル保護基金)は、マダガスカルのAnjanaharibe-Sud Special Reserve(ASSR:アンジャナハリベ・スド特別保護区)の境界設定プロジェクトに資金を提供している。
ASSRは、マダガスカル北東部の広大な山岳熱帯雨林地帯であり、絶滅寸前のシルキーシファカやインドリを含む、11種のキツネザルたちの生息地である。
ここは長年、生物多様性の観点から保護の優先性が高い地域であると同時に、忘れ去られている保護区であると認識されていた。

LCFは、キツネザルの重要な生息場所であるASSRを保護する取り組みに喜んで参画している。
ASSRは1958年に保護区として制定された。
1993年には、World Wildlife Fund(WWF:世界自然保護基金)が、ASSRおよびそれと隣接するマロジェジ国立公園周辺で、大規模な「integrated conservation and development program(ICDP:統合的保全開発プログラム)」を開始した。
WWFは、すべての管理権限がMadagascar National Parks(MNP:マダガスカル国立公園)に譲渡された2004年まで、それらの保護区を管理していた。

ASSRは、マダガスカルで最も多様な生物が保護されている地域の一つとして、長年認識されてきた。
絶滅寸前のシルキーシファカとインドリを含む、少なくとも11種のキツネザルが、この保護区で発見されている。
シルキーシファカは世界で最も珍しい哺乳類のうちの一つである。
残存する野生の個体は2,000匹に満たず、飼育されている個体はいない。
ASSRに住むインドリたちは、マダガスカルの生息地の最北の個体群である。

ASSRは長きにわたり、生物多様性がとても高く、またキツネザルにとって重要な生息地であると、研究者や自然保護活動家たちには認識されていたにもかかわらず、近年まで研究、観光、保護活動はほとんどなされていなかった。
マダガスカルで最も忘れ去られた、保護の優先順位の高い場所の一つなのだ。

ASSRは、マダガスカルでも大規模な熱帯雨林の一つである。
93種の両生類と爬虫類、そして180種のアリに加えて、74種の鳥類が発見されている。
ASSRにおける膨大な数の植物相リストはまだ完成していないが、植物の多様性は注目に値するものとして知られている。
シダ類は200種以上確認されている。
加えて、著しく観光客を引きつけるのは、古代のtakhtajania(シキミモドキ科タクタヤニア属)の低木である。
最初の顕花植物として進化したものの一つで、おそらく恐竜がいた時代からマダガスカルに生育してきたものだ。

ASSR特別保護地区の総合計画には、境界設定などの保護優先度、Camp Indriの発展、キツネザルの調査、森林再生プロジェクト、そして地域社会との共同活動が含まれている。
このプロジェクトは、アンダパのマダガスカル国立公園事務所によって実施され、Duke Lemur Center(デューク大学キツネザルセンター)のSAVA Conservation(SAVA保護イニシアティブ)によって管理、進行がなされている。

シルキーシファカやインドリなどのキツネザルの種についての詳細は、ASSRやAko Projectなど、LCFの保護プログラムにて学んでいただきたい。
LCFのウェブサイトはこちら:http://www.lemurreserve.org

LCFについて:
LCFはPenelope Bodry-Sandersによって1996年に設立された。
LCFは、使命を達成するための事業すべてに技術を吹き込むという方針のもとに、専ら科学研究、教育、キツネザルの繁殖を目的としたプログラムを通して、マダガスカルの霊長類の保護と保全のリーダーとなっている。
LCFは、フロリダのマイオークカシティの100エーカーの広さの施設を本拠地とする、アメリカ動物園水族館協会公認の民間団体である。
9~13エーカーの広さの、自然を模した放し飼いの生息場所に、現在40頭以上のキツネザルが生息している。
LCFは、自然科学、保護、教育、技術、そしてキツネザルの代弁者として尊重され、またマダガスカルや世界の保護活動そして環境管理に取り組む象徴的なイメージを持つ団体である。

ニュースソース
http://www.africanconservation.org/in-focus/item/lemur-conservation-foundation-funds-a-boundary-demarcation-project-in-the-anjanaharibe-sud-special-reserve-madagascar

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 最前線にて―気候変動に直面する小島嶼国に支援 | トップページ | 熊農場の熊の心臓は「正常でない」 »

09 サル」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

40 保全対策」カテゴリの記事

41 保護区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/57802470

この記事へのトラックバック一覧です: キツネザルの保護団体がマダガスカルのアンジャナハリベ・スド特別保護区の境界設定プロジェクトを助成:

« 最前線にて―気候変動に直面する小島嶼国に支援 | トップページ | 熊農場の熊の心臓は「正常でない」 »