フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« Born Free USAが委託した最新の報告書で、組織犯罪、政府の腐敗、および民兵によるゾウの密猟・象牙の不法取引のつながりが発覚 | トップページ | コンゴのヴィルンガ国立公園で象牙のためにゾウが犠牲に »

2014年9月 2日 (火)

UNODCは「新たな野生生物と森林犯罪のためのグローバル・プログラム」を採用

和訳協力:清田 美弥子、校正協力:岩崎 友理子

2014年5月21日 Stories from UNODC

動植物の違法取引のレベルの悪化に伴い、UNODC(国連薬物犯罪事務所)は新たに、「Global Programme for Combating Wildlife and Forest Crime((仮)野生生物・森林犯罪と闘うためのグローバル・プログラム)」を採用した。
このグローバル・プログラムは今後4年以上実施され、地方、国家、地域を基礎とした、これらの犯罪の予防と撃退のための、行政の能力開発の重要なステップとなるだろう。
また、これは野生生物の需要の減少に貢献するよう、人々の意識を高めるだろう。

グローバル・プログラムの開発では、野生動物と森林にもたらされる危機への対応が、もはや単なる自然保護問題ではない、という認識が強まっている。
この残酷で違法な取引を前例のないほど増大させているのが組織犯罪がであるという理解の高まりとともに、かつてないほどの緊急対策が必要となっている。
この点において、また法執行および刑事司法の問題を支援するUNODCの能力を引き出すことに関して、グローバル・プログラムは、この様な犯罪の対策法の立法、捜査、検察、司法の能力強化、マネーロンダリングや汚職に関連する問題の撲滅などの、多くの分野において支援するであろう。
また、グローバル・プログラムは、これらの犯罪の影響を受けている地域社会に生活手段をもたらそうとする国連加盟国をも援助する。

「このグローバル・プログラムができたことは、近年どれほどこの重要な問題が大きくクローズアップされてきたかを示しています」と、UNODCのYury Fedotov事務局長はコメントした。
「このことは、深刻かつ拡大している問題と、UNODCがこの戦いを支援する独特な立場にある組織であることを際立たせます。協力国の既存のイニシアティブを補足することを可能にする、協調的なグローバルマナーに則ってこの問題に取り組む事により、供給と需要の両サイドで我々が貢献することができると、私は自負しています」。

野生生物と森林犯罪は、組織犯罪の特に破壊的な形態を表している。
例えば、世界のトラの個体数は、1世紀前の約100,000頭から今日の3,000頭に急激に減少し、毎年平均110頭のトラが殺害されることで、個体数は減少し続けている。
サ イの個体群もまた、現存する5種のうち3種が危機にさらされており、それらはInternational Union for Conservation of Nature(IUCN、国際自然保護連合)の、絶滅危惧種に関するレッドリストで「critically endangered(絶滅危惧IA類)」に指定されている。
アフリカのサイ個体群の90%をかかえる南アフリカでは、2013年に1,004頭のサイが殺害され、これは2003年の22頭と比べると破滅的な数値だ。
一方、アフリカ全域では年に20,000頭以上のゾウが、象牙のために密猟されていると推定されている。

それもまた、ほかの形態の犯罪と強く繋がっているのだ。
詐欺、マネーロンダリングや汚職は、しばしばこの犯罪に関与している。
麻薬、人身売買、銃火器の取引の手口やルートは、動植物の密輸業者に使われている。
それはまた、特に木材取引で狙われやすい地域ある、東アジアと太平洋の犯罪組織の、独自の重要な資金源なのだ。
犯罪グループは年間約23兆円(102円/ドル、6月14日現在。以下同じ)を、野生生物犯罪で生み出している。
これは、この地域一帯での国境を越えた組織犯罪が生み出す、年間約92兆円の大部分を占める。

グローバル・プログラムの導入は、先週ウィーンで行われた第23回Commission on Crime Prevention and Criminal Justice(犯罪防止刑事司法委員会)によって採択された。
その会議中に、委員会は環境犯罪に対処すべく、より力を入れることを呼びかけた。
そして、森林生産物の密売を撃退するための、犯罪防止と刑事司法の対策の強化を目指した決議草案を提出したのだ。

http://www.unodc.org/unodc/en/frontpage/2014/May/unodc-adopts-new-global-programme-for-combatting-wildlife-and-forest-crime.html?ref=fs2

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« Born Free USAが委託した最新の報告書で、組織犯罪、政府の腐敗、および民兵によるゾウの密猟・象牙の不法取引のつながりが発覚 | トップページ | コンゴのヴィルンガ国立公園で象牙のためにゾウが犠牲に »

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/57070947

この記事へのトラックバック一覧です: UNODCは「新たな野生生物と森林犯罪のためのグローバル・プログラム」を採用:

« Born Free USAが委託した最新の報告書で、組織犯罪、政府の腐敗、および民兵によるゾウの密猟・象牙の不法取引のつながりが発覚 | トップページ | コンゴのヴィルンガ国立公園で象牙のためにゾウが犠牲に »