フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« UNODCは「新たな野生生物と森林犯罪のためのグローバル・プログラム」を採用 | トップページ | ハミルトンガメを救うべき時 »

2014年9月 4日 (木)

コンゴのヴィルンガ国立公園で象牙のためにゾウが犠牲に

和訳協力:下島 深雪、校正協力:加藤 哲子

2014年5月30日 African Conservation Foundation News

3頭の象の死骸が、牙を奪われ、毒殺されたとみて間違いない状態で、コンゴ民主共和国の東部のヴィルンガ国立公園で先頃発見されたと、地元のNGOが火曜日に発表した。

「密猟されたゾウの死骸すべてに同様の特徴がみられます。ひどく損傷して牙が取られていますが、銃弾は受けていません。IDPEの現地調査員がゾウの付近でハゲワシ10羽の死骸を発見しましたが、これらにも弾痕は見られませんでした。ハゲワシはゾウの死骸を食べに来たと思われます。このことから、ゾウは毒殺されたと思われます」。
Julien Paluku北キヴ州知事とJoseph Kabilaコンゴ民主共和国大統領にあてた書簡で、Innovation for Development and Environmental Protection (IDPE、(仮)開発・環境保護イノベーション)の代表はこう訴えた。

IDPEによると、殺された3頭のうち2頭は、昨年5月10日にKageziというウガンダとの国境近くの町で発見された。
3頭目は、5月14日にNyakakomaという漁村から2km離れた場所で発見された。
殺されたゾウの位置情報はGPSにより取得した。

Nyakakomaはヴィルンガ国立公園の中でも武装が厳重な地域にある。
Armed Forces of the DRC(FARDC、コンゴ民主共和国政府軍)の部隊がこの地域を管理しており、石油会社であるSOCO International社(英国)がエドワード湖で行う石油探査事業の警護にあたっている。

IDPEのBantu Lukambo氏は言う。
「一連の報告が一貫して示すのは、ヴィルンガ国立公園内のいたるところで活動する密猟者が新たな方法で密猟を行っているということです。つまり、象牙目的に毒入りの餌で動物を殺しているのです」。

野生生物の毒殺は極めて有害である。
標的の動物ばかりか、死骸を食べる動物や、同一地域に営巣する渡り性猛禽類までも殺してしまう。

「ゾウのような大型動物を殺すのに使われる多量の毒は、地域の河川の水系に流れ込む雨水を通して、食物連鎖のすべての部分に害を及ぼす危険が非常に高いのです」と、IDPEは付け加えている。
これはまた、野生動物を食べるすべての人にとっての危険でもある。
この地域では野生動物の肉は盛んに取引されているからだ。

このNGOによると、4月から5月の間に、コンゴ民主共和国の東部州に隣接するガランバ国立公園でも、30頭のゾウの行方がわからなくなっている。

出来事のこの符合は偶然ではない。
「象牙の違法売買が増加しており、ヴィルンガ国立公園のような保護地域で、ゾウが計画的に絶滅させられるという我々の深刻な懸念が裏付けられています」と、IDPEのBantu Lukambo氏は言う。

IDPEは、北キヴ州知事に独自に調査を行うことを要請した。

ヴィルンガ国立公園の管理者は、象牙の違法な売買ネットワークだと思われるものから、調査を開始した。

北キヴ州知事にあてたIDPEから書簡(PDF):
http://www.africanconservation.org/images/files/idpe-elephant-report.pdf

ニュースソース:
http://www.africanconservation.org/in-focus/virunga/item/elephants-killed-for-their-ivory-in-virunga-national-park-dr-congo

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« UNODCは「新たな野生生物と森林犯罪のためのグローバル・プログラム」を採用 | トップページ | ハミルトンガメを救うべき時 »

01 ゾウ」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/57077732

この記事へのトラックバック一覧です: コンゴのヴィルンガ国立公園で象牙のためにゾウが犠牲に:

« UNODCは「新たな野生生物と森林犯罪のためのグローバル・プログラム」を採用 | トップページ | ハミルトンガメを救うべき時 »