フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« クジラ目の文化の保全の意味 | トップページ | Born Free USAが委託した最新の報告書で、組織犯罪、政府の腐敗、および民兵によるゾウの密猟・象牙の不法取引のつながりが発覚 »

2014年8月29日 (金)

南アフリカ共和国のサイの大規模飼育場で35頭のサイが気腫疽の細菌が原因で死ぬ

和訳協力:三尾 美里、校正協力:久保 直子

2014年4月25日 African Conservation Foundation News

南アフリカ最大のサイ飼育場経営者であり、貿易促進を主唱するJohn Hume氏は、この2か月で大打撃を経験した。
自ら経営するElandslaagte飼育場のサイ1,000頭の間で気腫疽が発生し、35頭が死んだのだ。

Hume氏の代弁者であるTerry Bengis氏は、Klerksdorp(地名:クレルクスドルプ)のElandslaagte飼育場に近い牧場や飼育場の全動物に、この細菌(Clostridium novyi、ノーヴィ菌)に対する予防接種がすぐに必要であると語った。

North West Department of Economic Development and Conservation((仮)北西州経済開発・環境・自然保護部門)の広報担当のDumisa Seshabela氏は、その地域のほかの牧場や飼育場経営者に、Elandslaagte飼育場で気腫疽が発症したことに関する警告を発信したところだという。

Bengis氏によれば、この細菌には20~25の変異があるという。
Onderstepoort(地名:オンダースタプアルト)からの獣医師を含む科学者たちは、細菌の特定に成功し、現在この病気に対するワクチンの開発を試みている。

「我々は、これを先駆的な仕事と考えています」とBengis氏は語った。

死んだサイの死骸はすべて、病気のさらなる蔓延を防ぐために焼却された。

生態学者たちは、北西州での最近の大雨の後、動物たちが放牧されている草地で細菌が繁殖したと思われる、と述べた。
また、動物たちがおかれている不自然な飼育状況と、サイの数の多さ(1,000頭)が、発生を可能にした、と彼らは語った。
生態学者たちは、サイの飼育数が飼育場の収容量を超えていると考えている。

Bengis氏によると、病気の症状は、動物の鼻から粘液(鼻水)が流れ出ることから始まる。
4日後には、足で立つのが不安定になり、その後まもなく死ぬ。

Hume氏は現在、ワクチン接種が可能になりしだい、残りのサイに麻酔をかけ、予防接種をするつもりでいる。

http://www.africanconservation.org/in-focus/item/35-rhino-die-from-blackquarter-bacteria-on-mega-rhino-farm-in-south-africa

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« クジラ目の文化の保全の意味 | トップページ | Born Free USAが委託した最新の報告書で、組織犯罪、政府の腐敗、および民兵によるゾウの密猟・象牙の不法取引のつながりが発覚 »

04 サイ」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

42 野生生物の暮らす環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/57052477

この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカ共和国のサイの大規模飼育場で35頭のサイが気腫疽の細菌が原因で死ぬ:

« クジラ目の文化の保全の意味 | トップページ | Born Free USAが委託した最新の報告書で、組織犯罪、政府の腐敗、および民兵によるゾウの密猟・象牙の不法取引のつながりが発覚 »