フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 西アフリカの各国政府がエボラ出血熱を制御するためにブッシュミートを禁止 | トップページ | グローバルマーチで、ライオンのキャンド・ハンティングに抗議! »

2014年8月 7日 (木)

英国国境管理隊により押収された13匹の絶滅危惧種のイグアナ密輸の罪で二人の女性に12か月の実刑判決

和訳協力:河本 惠司、校正:アダムス 雅枝

2014年4月10日 CITES Other News Items

2014年2月3日、絶滅危惧種でCITESの附属書Iに指定されている、13匹のSan Salvador iguanna(Cyclura rileyi)が税関検査を実施していた国境管理隊員によって発見され、二人の女性がロンドンのヒースロー空港で逮捕された。
二人はバハマからの便で到着し、ドイツのデュッセルドルフへ向かう便に搭乗する予定だった。
イグアナは1匹ずつ靴下に包まれ、スーツケースに詰め込まれていた。
この長旅を12匹が生き延びたが、1匹は輸送中に死んだ。

2014年4月3日木曜日、Isleworth Crown Court(アイズルワース刑事法院)で、二人の密輸入者は罪を認め、それぞれが12か月の実刑判決を受けた。

CITES事務局は、告訴された二人への有罪判決と量刑の決定だけでなく、この事件でのUK Border Force(英国国境管理隊)がとった効果的な執行活動を称賛した。
San Salvador iguannaは絶滅に危機に瀕しており、野生下での生息数はわずか数百匹にすぎない。
種の保護状態を考慮すると、今回の押収の重要性は非常に高い。

現在、このイグアナをカリブ海の自生地に戻す協議が進められている。

さらに詳しくい情報は、英国国境管理隊のプレスリリースをご参照いただきたい。

http://www.cites.org/eng/two-women-sentenced-for-smuggling-endangered-iguanas

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 西アフリカの各国政府がエボラ出血熱を制御するためにブッシュミートを禁止 | トップページ | グローバルマーチで、ライオンのキャンド・ハンティングに抗議! »

14 両生・爬虫類」カテゴリの記事

30 ワシントン条約 CITES」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/56815940

この記事へのトラックバック一覧です: 英国国境管理隊により押収された13匹の絶滅危惧種のイグアナ密輸の罪で二人の女性に12か月の実刑判決:

« 西アフリカの各国政府がエボラ出血熱を制御するためにブッシュミートを禁止 | トップページ | グローバルマーチで、ライオンのキャンド・ハンティングに抗議! »