フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« サイの密猟と角の違法取引を防止する具体的な戦略と活動を発展させるため、原産国、経由国、消費国が一堂に会す | トップページ | 海水魚類の欧州レッドリスト作成への取り組み »

2014年2月 4日 (火)

極地をつなぐ―小さな一歩から大きな前進へ

翻訳協力:野本 良子、校正協力:桐生 洋子

2013年10月9日 IUCN Redlist News Release

欧州の主だった動物園と水族館はAssociation of Zoos and Aquariums(北米動物園水族館協会)やArctic Action Team((仮)北極活動チーム)、そのほかの協力団体とともに、European Association of Zoos and Aquaria (EAZA、欧州動物園水族館協会)を通じて、北極と南極における生物の多様性を保護するため意識と行動の変化を呼びかけていく。

欧州動物園水族館協会は今後2年間、Pole to Pole Campaign((仮)極地をつなぐキャンペーン)を欧州と中東地域で展開していく予定だ。
北極と南極に生きる多種多様の生物が直面している問題をテーマにしたキャンペーンは、すべての人を対象に、極地の生物を救う日常の小さな行動の変化に焦点を当てる。

北極と南極を代表する非常に人気の高いホッキョクグマとオウサマペンギンが、このキャンペーンの「メイン・キャラクター」を務める。
世界中の動物園で飼育されている彼らと、キャンペーンの「サポート・メンバー」となる生物(ホッキョクギツネ、シロイルカ、ジャコウウシ、ヒゲペンギン、アホウドリ類、ニュージーランドオットセイなど)たちの話は、人々の日常生活で小さな変化を生み出し、そして極地の生物やその生息地を後世にわたって救うことになる。

欧州動物園水族館協会が展開する(仮)極地をつなぐキャンペーンは、すぐにでも実行できる簡単な日常的な行動の変化に焦点を絞っている。
「Pull the Plug Challenge((仮)プラグを抜こう運動)」はとてもわかりやすく、そのまま行動にうつせる。
1つ以上の電化製品のプラグを2ヶ月間コンセントから抜くことを誓うのだ(この期間の延長は可能)。
コンセントからプラグを抜くという小さな継続できる行動は、たくさんの人が参加できるので大きな効果を生み出す。
この「入門編」となる運動を通じて人々は意識を変え、より良い環境に心配りするようになる。
電力の消費量を減らし、北極や南極のみならず、極地以外の生物の多様性を保護するには、より多くの人々の参加が重要と協調する。

使用していない電化製品の多くが使っていない状態で、電力を消費していることに気づいていない人は多い。
電化製品や電子機器などが、動いていない状態、または電源が切れている状態であっても消費する電力を待機電力という。
使っていない状態の電化製品は多く、地球上の二酸化炭素排出量のおよそ1%を生み出している。

欧州動物園水族館協会所属の動物園を訪れる1億4千万の人々全員が携帯電話を充電した後すぐにコンセントからプラグを抜いたら、2,900万kWの電力、422,149バレル分の石油、サッカー競技場119,032面分もの森林を守ることになると見られている。
極地をつなぐキャンペーンの主旨は、こうした継続できる行動を促すことにある。
「(仮)プラグを抜こう運動」に参加して、一人の小さな行動がよりよい環境を生み出すことに人々が気づくことを期待する。
このような意識の変化は、様々な継続できる行動へと拡がり、必ず雪だるま式の効果をもたらすだろう。

http://www.iucnredlist.org/news/pole-to-pole-one-small-step-one-giant-leap

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« サイの密猟と角の違法取引を防止する具体的な戦略と活動を発展させるため、原産国、経由国、消費国が一堂に会す | トップページ | 海水魚類の欧州レッドリスト作成への取り組み »

27 北極 南極」カテゴリの記事

34 IUCN 国際自然保護連合」カテゴリの記事

39 気候変動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/54764047

この記事へのトラックバック一覧です: 極地をつなぐ―小さな一歩から大きな前進へ:

« サイの密猟と角の違法取引を防止する具体的な戦略と活動を発展させるため、原産国、経由国、消費国が一堂に会す | トップページ | 海水魚類の欧州レッドリスト作成への取り組み »