フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 5カ所の驚異の自然、世界遺産登録へ | トップページ | 地球上で最も絶滅が危惧される動物種を守るためのミッション »

2013年11月 2日 (土)

WSPA、胆汁のためのクマの利用禁止を韓国国会議員たちに呼びかける

翻訳協力:秋元 紗月、校正協力:井上 舞
 
2013年6月11日 WSPA Latest News
 
6月11日、韓国ソウルの国会正論館で、WSPA(World Society for the protection of Animal、世界動物保護協会)およびGKU(Green Korean United、グリーン・コリア・ユナイテッド)が記者会見を開いた。
胆汁を漢方薬に使用する目的で、クマが今もなお受けている残虐行為や身体的、精神的苦痛が語られ、マスメディア、支持者、そして議員たちがこれに耳を傾けた。
 
Jang Hana議員は会見の中で、WSPAおよびGKUが、この問題に対する世間の関心を高めたことに感謝を述べた。
議員はThe Special Bill for Farmed Bear Management((仮)養殖クマ管理のための特別法案)を発議しており、他の議員たちに同法案を一刻も早く可決させるよう訴えている。
 
この日の会見は、クマの胆汁産業の残虐さに対し、世界的関心が高まっている背景を受けて行われた。
2011年にWSPAが韓国政府に宛てた同産業の廃止を求める嘆願書には16万人が署名している。
 
WSPAのRegional Engagement Project((仮)地域雇用プロジェクト)マネージャーのLuke Nicholson氏は会見で次のように語った。
「韓国におけるクマの胆汁採取禁止に向けて、本日、重大な一歩を踏み出しました。クマを守るために立ち上がり、嘆願書に署名してくださった方々は、自分たちの声が大きな変化を生み出していることを知り、喜ばれることでしょう。彼らの持続的なサポートがなければ、この会見は実現できませんでした。今後数週間、さらに良いニュースが届くことを期待しています」。
韓国国民、the Korean Bear Farmer's Association((仮)クマ養殖業者協会)、環境保護団体や動物愛護団体、そして韓国政府環境部はいずれも、クマの胆汁採取が禁止されることを望んでいる。
 
Hangil Research and Consulting(ハンギル・リサーチ社)の報告書によれば、胆汁を購入したことがある韓国人は1.2%にとどまる。
一方、89.5%がクマの捕獲飼育と胆汁採取のための畜殺に反対しており、85.4%がこれを違法化することに賛成している。
 
韓国政府は、Hana議員の提出法案の採決を今月末までに行う予定である。
 

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 5カ所の驚異の自然、世界遺産登録へ | トップページ | 地球上で最も絶滅が危惧される動物種を守るためのミッション »

06 クマ」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/53757181

この記事へのトラックバック一覧です: WSPA、胆汁のためのクマの利用禁止を韓国国会議員たちに呼びかける:

« 5カ所の驚異の自然、世界遺産登録へ | トップページ | 地球上で最も絶滅が危惧される動物種を守るためのミッション »