フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« グアテマラのジャガー、新たにカメラトラップを使い広域で調査 | トップページ | 侵略的外来種:18平方kmにわたるネズミのわな »

2013年8月16日 (金)

コンゴの森林の存続のためにはゾウが必要

翻訳協力:サハデ 美穂、校正協力:小林 かおり

2013年3月21日 African Conservation Foundation Habitat News

コンゴにおけるマルミミゾウの密猟に対して介入を行わなければ、地球上最後の大型動物の一つを絶滅させる以上に壊滅的な結果を引き起こす可能性があり、研究者達は当該地域における生物多様性に大きな影響が及ぼされると推測している。

1999年以来ユネスコの危機遺産となった(自然遺産登録は1984年)コンゴ民主共和国のサロンガ国立公園での、マルミミゾウの個体数の減少が、新たな科学的調査の中心になっている。
この調査は、多くの樹種の生き残りがゾウにかかっていることを立証するものだ。

「調査結果は、劇的で憂慮すべきものです」と、マックス・プランク進化人類学研究所の生態学者David Beaune氏は述べている。
「ゾウは大量の植物を摂取し、非常に長い距離を移動して植物の種子を散布するため、摂取された植物はゾウの消化器官を通じて旅をするかのようなものです。
このことからゾウは、森林の『巨大な植木屋』だと考えられていますが、多くの人はそのことに気づいていません」。

ある最近の研究で調査された18種の樹木のうち、ゾウがいない環境で健在ぶりを見せたのはたった6種だけであった。
残りの12種は『ゾウ散布樹種』であると考えられる。
つまりその12種には、種子散布に関してゾウの代わりとなるパートナーがいないことを意味しているのだ。

危機にさらされている樹種の一つであるIrvingia(アーウィンギア:アフリカンマンゴーの仲間)は、ゾウに種子散布を依存している。
このことは、エサとしてアーウィンギアの果実を頼りとしている、ボノボ(別名、ピグミーチンパンジー)やチンパンジーを含む一部の霊長類にも影響を与える。

「我々は引き続き、中央アフリカでマルミミゾウの大虐殺が行われているという報告を受けており、個体数がさらに減少していることも観察しています。
それにつれて、ゾウ散布樹種群にとってもまた、脅威が高まっているのです」と、the African Conservation Foundation((仮)アフリカ環境保護基金)の理事であるArend de Haas氏は述べた。
「マルミミゾウの絶滅という周知の危険性は無視できません。しかしながら、樹種の生き残りと、ゾウ散布樹種に依存する野生生物へのカスケード効果(ある事象が次々と影響を及ぼしていくこと)は、さらなる懸念事項といえます」。

森林の更新(世代交代)や個体数の変動は、人の目に見えるよりも長い時間を要すため、ゾウが乱獲された森林が周囲に及ぼす影響は、すぐには現れないかもしれない。
ゾウが森林から姿を消し始めて、森林空洞化が進みつつあっても、そこにある植物種は無傷なままであるように見えるのだ。

世界遺産に登録されているにも関わらず、サロンガ国立公園もまた33,346平方kmもの空洞化した森林へと変貌する危機に瀕している。
この運命を変え、当該地域の生物多様性を守るために、サロンガ国立公園に生息するマルミミゾウの減少を食い止めなければならない。

サロンガ国立公園はまた、石油会社COMICO(米国/オランダ)、ディバイン・インスピレーション・グループ(南アフリカ)とソコ・インターナショナル(英国)による石油利権開発と石油探査の脅威にもさらされている。

http://www.africanconservation.org/habitat-news/item/congo-forests-need-elephants-to-survive

« グアテマラのジャガー、新たにカメラトラップを使い広域で調査 | トップページ | 侵略的外来種:18平方kmにわたるネズミのわな »

01 ゾウ」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/52614271

この記事へのトラックバック一覧です: コンゴの森林の存続のためにはゾウが必要:

« グアテマラのジャガー、新たにカメラトラップを使い広域で調査 | トップページ | 侵略的外来種:18平方kmにわたるネズミのわな »