フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« ソトイワシ、カライワシ、ターポンの保全には経済的誘因が効果的 | トップページ | ヘビ年 »

2013年5月 7日 (火)

モロッコで珍しいカマキリ2種を再発見

2013年2月28日 IUCN News

翻訳協力:小松 勝 校正協力:森田 猛

60年間記録のなかったカマキリ2種類が、先日イタリアとモロッコの科学者のチームにより再発見された。
モロッコにおける2011年5月の探索期間中に、イタリアとモロッコのカマキリ専門家チームは珍しいカマキリ2種類を確認している。アプテロマンティス属の一種、Werner's wingless Mantis (Apteromantis bolivari)は1948年以降の記録が残っていない。また、モロッコオオカマキリ (Tenodera rungsi)は1952年以降、採集されていない。

IUCN(国際自然保護連合)のSSC (種の保存委員会)のバッタ専門家グループのメンバーで、今回のプロジェクトの主任調査員Roberto Battistonによると 、Werner's wingless Mantisは4箇所の異なる地域で発見されており、想像以上に分布している可能性があるとのこと。

対照的にモロッコオオカマキリはきわめて珍しく、おそらく保全対策によって保護していく必要があると思われる。一般的にカマキリは出現場所がわかりにくいため、分布に関する知識は非常に乏しい状況にある。なお、このプロジェクトはMohamed bin Zayed Species Conservation Fundによって資金提供されている。

全文は、以下のサイトからダウンロード可能:
http://www.israbat.ac.ma/IMG//pdf/Battiston_SV34_2_115.pdf

 

<原文>
http://iucn.org/about/work/programmes/species/news/?12548/MantisMorocco

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。クリックしてランキングにご協力ください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« ソトイワシ、カライワシ、ターポンの保全には経済的誘因が効果的 | トップページ | ヘビ年 »

16 昆虫」カテゴリの記事

22 アフリカ」カテゴリの記事

34 IUCN 国際自然保護連合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/51528620

この記事へのトラックバック一覧です: モロッコで珍しいカマキリ2種を再発見:

« ソトイワシ、カライワシ、ターポンの保全には経済的誘因が効果的 | トップページ | ヘビ年 »