フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« タンザニアによるアフリカゾウ格下げ提案(2012年12月18日に取下げ) | トップページ | アフリカマナティの附属書改正提案 »

2013年3月 5日 (火)

ブルキナファソ、ケニア提案、アフリカゾウの附属書改正提案 

翻訳協力:鳥取 薫子 校正協力:石塚信子
A. 提案
アフリカゾウ(Loxodonta Africana)に関する注釈を改正するための提案は以下の通りである(追加箇所は下線、削除箇所は取り消し線にて表示):
h) Cop14会期中およびgの i)、 ii)、 iii)、 vi)、及び vii)の項の規定に従って行われる単一の象牙の発売日から9年が経過するまでの期間は、すでに付属書類IIに掲げられているいずれの個体群からの象牙の取引を認めるいかなる提案も、締約国会議へ提出されない。さらに、そうした提案は決定14.77および14.78(CoP15で改正)に従って取り扱われる。
2. 概要
アフリカゾウは過酷な増大する脅威下に置かれている。この憂慮すべき状況がワシントン条約(CITES)によって広く認識され、ワシントン条約が迅速にアフリカゾウを保護するための断固たる行動を取らない限り、アフリカゾウはその多くの生息国から絶滅してしまうだろうと提案国は固く信じている。我々は、もはやリスクを取ることも、“実験的な”売買を許す状況にはない。攻撃を受けやすいアフリカのゾウに対しできる限り強力な保護が与えられることを保証するために、ワシントン条約は必要で任意の、いかなる予防措置も行使しなければならない。これは生息国だけの責任ではなく、消費国や中継国、さらに広く国際社会の責任である。
ワシントン条約第14回締約国会議の会合(2007年、ハーグ)において、少なくとも9年間は象牙の取引を許可する提案はワシントン条約会議には提出されるべきでないとの合意に至ったが、これはゾウを保護するための活動に重要な貢献となることを意味していた。しかしながら、残念なことに、注釈の文言は合意内容を十分に反映していない。現状では、注釈はすでに附属書Ⅱに掲げられているアフリカゾウの生息国(すなわちジンバブエ、南アフリカ、ボツワナ、ナミビア)のみに適用されている。
附属書Ⅱ上のいずれの国のゾウの個体群からの象牙の取引を認める提案が合意の9年間は提出されないことを保証する注釈の文言を修正するこの提案は、ゾウの生息国による2007年の合意の意思を反映する。そして、アフリカゾウが合法な象牙売買によるさらなる脅威のもとにおかれないことを保証する。
合法な象牙売買がゾウの存続に有害ではないと明らかに証明する十分な、強固かつ科学的、加盟国も検討した証拠はない。しかし、提案国はその逆もあり得ると信じている。彼らは合法な象牙取引はゾウの個体群に非常に深刻な脅威を与えていると主張する。それゆえ、決議9.24(Cop15で改定)の序文や付記4に記載されているように、リオ宣言の第15原則(予防的措置) をよく考慮することはCITES(ワシントン条約)の責任である。すなわち、予防的措置の力により、また種の状態や貿易が種の保護に与える影響に関して不確実である場合、締約国は関係種の保護の利益のために最善を尽くすものとする。附属書ⅠまたはⅡの改正された提案を考慮する場合は、その種に対して予想されるリスクに適切な対策を採用することとする。
最後に、締約国がこの提案を検討する際には、さらなる取引の承認を考える前に、アフリカゾウ行動計画(AEAP)の優先順位の高い目標を実施することの重要性を考慮するように、提案者は求めている。アフリカゾウの全生息国によって合意に至ったアフリカゾウ行動計画は、ゾウが現在の生息地域に長期的に生存するのに必要不可欠であると認識されている。これまでの20年間よりさらに脅威に晒されているというこの深刻な状況下において、アフリカゾウ行動計画を確実に実行することがこれまで以上に重要となっている。

« タンザニアによるアフリカゾウ格下げ提案(2012年12月18日に取下げ) | トップページ | アフリカマナティの附属書改正提案 »

01 ゾウ」カテゴリの記事

30 ワシントン条約 CITES」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

コメント

全勢力をあげて、密猟者達は抹殺すべきだ!!!!!

象さんの虐殺は密猟殺者の糞クズ野郎達であり、その虐殺密猟殺を増加させたのは糞中国人以外は考えられないのである!!!!!

なんでもかんでも糞中国人糞達は、大日本人様達に、責任をなすりつけようとする下手物、外道な害虫でしかないのは、ご存知でしたか???

中国は、この世から抹消するしか象様達が助かりませんから!!!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/50191234

この記事へのトラックバック一覧です: ブルキナファソ、ケニア提案、アフリカゾウの附属書改正提案 :

« タンザニアによるアフリカゾウ格下げ提案(2012年12月18日に取下げ) | トップページ | アフリカマナティの附属書改正提案 »