フォト
無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« アフリカ淡水種のライフライン | トップページ | ベトナムで象牙を押収 »

2011年8月 1日 (月)

ジンバブエの県評議会、ザンビアの密猟者により$500,000の損害

2011年4月15日

翻訳協力:大森康子  校正協力:石塚信子

HURUNGWE発-武装したザンビアの密猟団によって自然動物保護区のゾウが殺戮され、ジンバブエのHurungwe県評議会(HRDC)は年間およそ$500,000(約3,925万円:1$=78.5円、7月24日現在)の損害を受けている。

 HRDCの最高執行責任者(Council Chief Executive Officer)のJoram Gumbo氏は、ザンビアの密猟者が象牙を海外の密売組織と違法に取引する目的でゾウを殺戮し、Hurungweの野生動物保護区に大損害を与えていると、ジンバブエ国民に訴えた。

「違法な密猟行為のために国の歳入が減少しています。このような犯罪に対して、裁判所が抑止力のある処罰を可決することを強く望みます。また、警察は警備隊を増員して、野生動物を保護する必要があります」とMoyo氏は述べた。

 また、Moyo氏は、HRDCは、プロの猟師から、狩猟の戦利品である一頭の雄ゾウにつき$10,000(約785,000円:同上)を受け取ると付け加えた。HRDCは、狩猟の見張人であるスカウトと協力して、不法な密猟を防止するため、保護区の警備を増強した。しかし、ザンビアとの国境付近に住む村民は、警察当局の高官を指摘し、密猟者から賄賂を受け取っていると非難した。

「当局の高官が密猟者と共謀しています。彼らは賄賂を受け取り、このような不法行為抑止のために努力していません。むしろ、密猟者をかくまっています」と地元の村民は語ったが、報復を恐れて匿名とした。
 だが、警察はこのような申し立てに対し、適切な情報を欠き、国境付近の密猟行為との闘いを妨げていると反論した。

http://www.thezimbabwean.co.uk/index.php?option=com_content&view=article&id=38949:council-loses-500-000-to-zambian-poachers&catid=70:sunday-issue

« アフリカ淡水種のライフライン | トップページ | ベトナムで象牙を押収 »

22 アフリカ」カテゴリの記事

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/41043532

この記事へのトラックバック一覧です: ジンバブエの県評議会、ザンビアの密猟者により$500,000の損害:

« アフリカ淡水種のライフライン | トップページ | ベトナムで象牙を押収 »