フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 象牙の大量密輸、タイで押収 | トップページ | 野生生物の保護に先進技術を導入 »

2011年5月 1日 (日)

イギリスへの狩猟記念品の輸入―なぜいまだに合法なのか?

2011年3月31日  WILDLIFE EXTRA News

翻訳協力:久保恵理香  校正協力:松澤友子

英環境食糧農林省(DEFRA)と政府が保護についてうるさいほど叫んでいるにもかかわらず、サイの角と象牙を合法的にイギリスへ輸入できることを知り、ワイルドライフ・エキストラ(Wildlife Extra)は非常に驚いた。輸入するには、ワシントン条約(CITES)の許可が必須であり、また再販するにはさまざまな規制が伴う。(これまで誰かが調査したことはあるのだろうか?)しかし、ひとたび記入用紙に記載してしまえば、誰でも自由にサイやゾウを狩猟しに出かけ、イギリス(おそらく、その他のほとんどの国)に角や象牙を持ち帰ることができる。だから、嘆願書に署名をし、この馬鹿げた行為を止めさせよう。イギリスへの象牙とサイの角の輸入を完全に廃止するために、ぜひ嘆願書に署名してほしい。

野生生物の価格―最近のアフリカ野生生物狩猟価格と卸売価格

2011年3月。1年前、私たちは、アメリカへの象牙輸入が当時まだ合法であることに驚き、記事を書いた。いまだにサイの角と象牙を記念品としてイギリスへ輸入できることを知り、まったく我慢がならない。

狩猟について討論すべきポイントはこれだ。。天秤の片方には、食べるために狩猟をするカラハリのブッシュマンがいて、もう片方には、金のためにサイを殺す密猟者がいる。しかし、密猟者のほとんどは、結局のところ家族を養おうとしているだけだ。彼らは、快楽のためにサイを狩猟する白人ほど悪人ではない。

実際のところ、多くの商業的狩猟サイトや狩猟したばかりの哀れな動物と一緒に写っている狩猟者のポーズの決め方を見ると、多くの動物が檻に閉じ込められている事実には見向きもせず、狩猟者の勇ましさを証明しようとしていることが問題に思える。印象づけるために、危険なオオツノヒツジやトナカイ、さらには極めて危険なヌーなどの動物を狩猟し、それらと一緒にポーズを取っている人々の画像をみると本当に気の毒に思う。印象づけるため以外に、ウェブ上にそんな画像を載せる理由があるだろうか?

最近、ワイルドライフ・エキストラには、タンザニアの生きた動物や南アフリカやカナダでの狩猟ツアーを販売するメールが何通も届く。頼んでもないのに送りつけられてくるのだ。私たちは狩猟すべてに反対しているわけではないが、不快に感じるものもあれば、あらかじめ準備された狩猟ツアーのようなものもある。そうでなければ、どうやって南アフリカでアメリカバイソンを狩猟できるのか?

ほとんど死にそうな状態で

「ムニラ・バード・インベストメント」(Munira Birds Investment)という野生生物の取引業者によると、南アフリカでゾウを「狩猟」し殺すには\3,280,000(4月25日:1ドル82円)以上支払わなければならないのに対し、生きたアフリカゾウの購入は\2,460,000で可能だ。ムニラは、様々な種類のタンザニアの鳥、哺乳類、爬虫類や昆虫を幅広く販売しているが、このような生物を販売しているのはムニラだけではない。右側にある価格は、「クゥイランバ・ズ―」(Kwiramba Zoo)の提示価格である。ここでのわずかな希望は、おそらくこれらのサイトの少なくとも1つは詐欺の一種であり、金を支払っても動物は決して届かないということだ。もしそれが本当なら、野生生物を買おうとする愚か者を罰せられるよくできた策略だ。

南アフリカでの狩猟価格

メールでワイルドライフ・エキストラに送られてきた狩猟価格

北西地域:ライオン2頭(オス1頭とメス1頭)
宿泊2晩:PH料金、CITES代、ソフトドリンク代を含む(酒類は含まず)\2,280,000(2011年4月25日現在 1南アフリカランド約12円)

リンポポ:カバ \960,000(4月25日:1南アフリカ ランド12円)/頭
人気があるので、ご確認を!
CITES代、宿泊費、PH料金込

ワニ \840,000, 体長3~3.5m
CITES代、宿泊費、PH料金込

狩猟用のアメリカバイソン2頭あり \1,500,000 pd pp
宿泊費\60,000/日 PH料金、冷室、皮剥ぎ職人と追跡者込。宿泊施設は5つ星以上。

アラビア・カモシカもあり \1,500,000
宿泊施設はアメリカバイソンの場合と同じ。

オリビ\300,000 (Cites代、PH料金、宿泊費込)

リンポポでオスのバッファロー2頭 \1,500,000
最も大きいバッファローを狩猟可能。
宿泊費、車代、はく製費用込。
ヘッジホッグはく製社が記念品を作成。
はく製社の経営者と契約している。

ジンバブエ:ヒョウ:知り合いがいる。 CITES代込。

ムブマランガ:オスのゾウの狩猟。
(CITES、輸出費用、宿泊費、PH料金込)
価格は相談に応じる。

インド・アンテロープに興味があるなら、ご連絡を。2011年は、オスのキリンとカワイノシシの入手が困難。

タンザニアからの生きた動物の価格
価格は、「ムニラ・バード・インベストメント」が私たちに送ってきたものである。

カワイノシシ 学名:Potamochoerus porcus \164,000(4月25日:1ドル82円)
サバンナシマウマ 学名:Equus burchellii \205,000
スミスヤブリス 学名:Paraxerus cepapi \16,400
ジリス 学名:Paraxerus ochraceus \16,400
樹上性リス 学名:Paracerus ochraceus \16,400
南アフリカタテガミヤマアラシ 学名:Hystrixafricae-australis \123,000
北アフリカタテガミヤマアラシ 学名:Hystrix cristata \123,000
トビウサギ 学名:Pedetes capensis \24,600
ブチハイエナ 学名:Crocuta crocuta \123,000
リビアヤマネコ 学名:Felis silvestris \69,700
ヨーロッパブチジェネット 学名:Geneta tigena \41,000
オオブチジェネット 学名:Geneta tigrina \41,000
東アフリカジャウネコ 学名:civettictis civetta \246,000
ヨツユビハリネズミ 学名:erinaceuse albirentris \4,920
ロックハイラックス 学名:Procavia capensis \36,900
キノボリハイラックス 学名:Dendrohyrax capensis \36,900
ハネジネズミ 学名:Elephantus brachyhyncus \36,900
コビトマングース 学名:Helogale parvula \24,600
オジロマングース 学名:lchneumia albicauda \28,700
シママングース 学名:Mungos mungo \28,700
ラーテル/ミツアナクマ 学名:Mallivora capensis \98,400
ゾリラ 学名:lctonyx striatus \123,000
アフリカタケネズミ 学名:Phrynomys imhaus \32,800
ツチブタ 学名:orycteropus cafer \287,000
サバンナモンキー \16,400
ブルーモンキー \20,500
キイロヒヒ 学名:Papio Anubis \41,000
オリーブヒヒ 学名:papio cynocephalus \41,000
インパラ 学名:aephyceros melampus \57,400
トムソンガゼル 学名:gazelle thomsonii \82,000
グラントガゼル 学名:gazelle granti \123,000
ヌー 学名:connochaetes taurinus \205,000
キルクディクディク 学名:madoqua kirkii \24,600

原文 http://www.wildlifeextra.com/go/news/hunting-debate011.html#cr

NPO法人 野生生物保全論研究会のHP http://www.jwcs.org

« 象牙の大量密輸、タイで押収 | トップページ | 野生生物の保護に先進技術を導入 »

22 アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/39815924

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスへの狩猟記念品の輸入―なぜいまだに合法なのか?:

« 象牙の大量密輸、タイで押収 | トップページ | 野生生物の保護に先進技術を導入 »