フォト
無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 東ヒマラヤ地区で危機に瀕する淡水生物 | トップページ | ゴリラについての法執行の支援 »

2011年4月30日 (土)

中国でキーホルダーとして売られる生き物たち

Stephen Messenger  Porto Alegre
ブラジル 2011年3月3日

翻訳協力:石塚 信子、校正協力:荒木 和子

キーホルダーの飾りは、おそらくポケットやお財布に入れて持ち運ぶ物の中で、最も使い道のないものであろう。しかし、今、中国内で売られている大人気の商品のおかげで、あっという間に最も残虐なものともなりうる。粗悪な小物程度の金額で、中国の露天商たちは生き物を売っているのだ。二度と開けられることのない密閉された小さなプラスチックの袋の中に押し込まれ、その生き物たちは誰かの話の種としてほんの短い間だけ生きながらえる。どうやらこれらの想像を超えた非人道的キーホルダーは、実際にとても人気があるようだ。しかも最悪なことにこれは全く合法なのである。

『グローバルタイムズ』紙によると、これらの生き物入りのキーホルダーは、地下鉄の駅や歩道のあちこちで売られていて入手可能ということだ。それを買おうとする人は(これも動物虐待者とみなされる)は、ブラジルのカメかキングフィッシュ(大西洋沿岸に分布するニベ科の食用魚)のどちらかを選択できる。どちらも色のついた水とともに密閉包装して入れられている。ある露天商は、「中に入っている生き物は、数カ月この中で生きることができます。水の中には『栄養』が含まれているからです」と主張した。しかし、獣医たちは、真っ向から反論している。
 
カメのキーホルダーを買ったある客は「会社の事務所に掛けようかと思っています。きれいだし、幸運を呼ぶそうです」と話した。

この残酷な小物の人気が高まり続けるにつれ、生き物の権利を擁護する人たちから容器の中に入れられた生き物に対する非人道的扱いに抗議する声があがってきている。
「生きた物を商品化し、あのように密封した容器内に閉じ込めることは道徳に反することで、まぎれもなく動物虐待です」とNGO組織 Capital Animal Welfare Association (動物福祉協会)の会長であるQin Xiaona氏は『グローバルタイムズ』紙に語った。

まともな考えを持った通行人の中には、動物たちの命をできるだけ救おうと行動している人たちさえいる。「わたしは、中の生き物を逃がしてあげたくてキーホルダーを一つ買いました。かわいそうでみていられません」。ある女性は、匿名で『グローバルタイムズ』紙に述べた。

生き物をキーホルダーの飾りとして販売するなどということは、明らかに動物に対する虐待であるにもかかわらず、実際これは全く法律に抵触しない。中国の法律では野生生物の販売は禁止されているが、ブラジルのカメやキングフィッシュはその規定にはどうやら適用されないのだ。

Xiaona氏は、生き物を娯楽の対象として販売することの非合法化が実現するかどうかわからないような法制化を待たずに、当分の間はこの商売をつぶすためにもっと分別を使うよう人々に呼びかけている。「誰も買わなければ、このマーケットは自然消滅するでしょう。」と同氏は言う。

哀しいことに、もうすでに、実にたくさんの生き物たちが色つきの透明な墓場に閉じ込められているようだ。容器に閉じ込められた残りわずかな空気をあえぎ吸いながら、彼らは自分たちの命の価値について微塵にも考えないような残酷な外の世界をじっと見つめている。そしてその暗黒の瞬間を前にすると、われわれの人間性にも同じような運命が待っている、という思いから目をそらすのは難しい。

http://www.treehugger.com/files/2011/03/live-animals-being-sold-as-keyrings-in-china.php

 

★ニュース翻訳を続けるためにご協力ください!
→JWCSのFacebookでページのイイネ!をして情報をGET
gooddoでクリックやFacebookいいね!をしてJWCSを支援
クリックで守ろう!エネゴリくんの森でゴリラの保全に協力
→JWCSの活動にクレジットカードで寄付

※日本ブログ村の環境ブログに登録しています。よろしければクリックしてください。
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

« 東ヒマラヤ地区で危機に瀕する淡水生物 | トップページ | ゴリラについての法執行の支援 »

10 カメ」カテゴリの記事

15 魚類」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

36 野生生物の利用と取引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/39813840

この記事へのトラックバック一覧です: 中国でキーホルダーとして売られる生き物たち:

« 東ヒマラヤ地区で危機に瀕する淡水生物 | トップページ | ゴリラについての法執行の支援 »