フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« ベトナムで200kgの違法の象牙を発見 | トップページ | アゼルバイジャンの首都バクーで押収された違法販売の野生動物 »

2009年10月21日 (水)

姿を消しつつあるイルカ達。クジラ会議で注意喚起

2009年7月24日 WWFインターナショナルHP

翻訳協力:松村理沙   校正協力:津田和泉

釣具や水質汚染、生息地の消失等の犠牲になっている小型鯨類が世界中の海や水域から姿を消しつつあり、大型鯨類にあるような保護対策が万全ではないために脅威にさらされていると、本日付のWWFの報告書は伝えている。

小型鯨類:本日発表の『The Forgotten Whales』によると、不十分な保護対策がイルカ、ネズミイルカ、小型クジラなどの小型鯨類を絶滅の危機に追い込んでいるのに、いまだ大型鯨類ほどの政治的関心を集めていないという。

「世界中の大型鯨類が安全であるとは決して言えず、引き続き保護に目を向ける必要がありますが、小型鯨類などの小柄で存在が忘れられているかのような生物も状況は同じなのです」と、WWFイギリスのHeather Sohl生物対策担当官は述べた。

1986年より施行されている国際的な商業捕鯨の禁止措置によって大型クジラの保護は強化されているが、小型鯨類の捕鯨は世界中で続けられていて、その大半は国際社会による管理や検査を受けていない。

例えば、日本での毎年16,000頭におよぶイシイルカの漁は持続不可能であると考えられている。しかし、今週開かれる国際捕鯨委員会(IWC)に参加する捕鯨推進国が、小型鯨類の保護について議論することに反対している。

「IWCとその参加国が、大型・小型全ての鯨類の今後の保護に対して全責任を負うべき時です。IWCが、そして世界中の国々が、手遅れになる前に小型鯨類に目を向けなければなりません」と、Heather Sohl氏は述べた。

小型鯨類が大型鯨類に比べて圧倒的に不利な点は、それらの個体数と生息地に関するデータが致命的に少ないことである。国際自然保護連合(IUCN)は、69種の小型鯨類の内40種(58%)を “データ不足”としている。個体群の状況を判断するのに有用な情報が乏しいのだ。

IUCNのレッドリストによると、69種の小型鯨類の内60種については、増減にかかわらず個体数の動向がわかっていない。残りの9種については、個体数は減少傾向である。大型鯨類でデータ不十分とされているのは15種の内4種(27%)だけだが、小型鯨類の研究と同様の多くの難題がある。

大型鯨類は、国際保護活動によってさらなる保護を受けている。例えば、イルカ類やネズミイルカ類のたった17%に比べ、大型鯨類のほぼ全てが、CITES(ワシントン条約:保護の対象である野生生物の国際取引を規制する保護条例)によって最も厳格に保護されている。さらに、Convention on Migratory Species(移動性野生動物種の保全に関する条約=ボン条約)によって大型鯨類の87%が保護されているが、小型鯨類の半数にも満たない。

このような状況の中、健全で生産的な生態系の安定化および確保という重要な役割を小型鯨類は担っている。またこれらの鯨類は高収益のホエール・イルカウォッチングでも一端を担っていて、年間1383億7500万円(15億ドル:9月23日/1ドル=92.25円)以上の利益を上げている。

「もし現行の捕鯨についての協議が小型鯨類を中心に行われていないのであれば、大型鯨類の保護が成功したのは、単に大型鯨類の問題が小型鯨類へ転嫁されたからなのかもしれない」と、報告書では述べている。

http://assets.panda.org/downloads/small_cets_report_4_web.pdf

« ベトナムで200kgの違法の象牙を発見 | トップページ | アゼルバイジャンの首都バクーで押収された違法販売の野生動物 »

17 海洋生物」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/31880262

この記事へのトラックバック一覧です: 姿を消しつつあるイルカ達。クジラ会議で注意喚起:

« ベトナムで200kgの違法の象牙を発見 | トップページ | アゼルバイジャンの首都バクーで押収された違法販売の野生動物 »