フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 姿を消しつつあるイルカ達。クジラ会議で注意喚起 | トップページ | カメルーン東部  絶滅への道を突き進むゾウたち »

2009年10月21日 (水)

アゼルバイジャンの首都バクーで押収された違法販売の野生動物

2009年7月29日
アゼルバイジャン(カスピ海西南岸) バクー
/Trend News J.Babayeva

翻訳協力:伊部有希子  校正協力:津田和泉

7月29日、Ecology and Natural Resources Ministry(生態環境・天然資源省)の職員が、バクーのTaza bazar マーケットで違法販売されている野生動物を押収した。

その結果、3匹のハリネズミ・3羽の野鳥・1匹のサルが押収された。ハリネズミと野鳥は動物園に送られ、検疫を受けた後、野生に戻される予定である。サルの販売のために、関連許可が出されることも明らかになった。

アゼルバイジャンの生態環境・天然資源省は、7月15日以降、国内で摘発を行っていた。摘発はShamakhi・Zegatala(ゼガタラ県)・Shamkir(シャムキール県)・バクーで行われた。監視の結果、Shamakhiのレストランで違法に飼われている動物の存在が明らかになった。レッド・ブックに掲載されている2頭のカゼルが、Khan Bagy レストランから押収され、Aggel国立公園に送られた。

アゼルバイジャンでは野生動物の売買は禁止されている。法律では、根拠ない野生動物の販売には、約22600円から約33900円(個人)又は、約338600円から約564300円(法人)の罰金が課せられることになっている。(1マナト=約110円 2009年9月23日現在)

http://www.turkishweekly.net/news/85524/-illegally-wildlife-sale-confiscated-in-baku.html

« 姿を消しつつあるイルカ達。クジラ会議で注意喚起 | トップページ | カメルーン東部  絶滅への道を突き進むゾウたち »

09 サル」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/31880516

この記事へのトラックバック一覧です: アゼルバイジャンの首都バクーで押収された違法販売の野生動物:

« 姿を消しつつあるイルカ達。クジラ会議で注意喚起 | トップページ | カメルーン東部  絶滅への道を突き進むゾウたち »