フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« カメルーン東部  絶滅への道を突き進むゾウたち | トップページ | フェリーに隠された227羽のアカハラシキチョウを押収 »

2009年10月21日 (水)

3頭のヒョウの毛皮押収 インド

009年7月27日 WPSI HP

翻訳協力:木村香穂理

WPSI(Wildlife Protection Society of India、インド野生生物保護協会)からの情報で、ウッタラカンド森林局は、3頭のヒョウの毛皮と車両を押収した。

Bhadrinath森林局の管轄であるChamoli(チャモリ)地区Birhiのホテルで立ち入り捜査が行われ、一人を逮捕、3人が逃亡した。密猟者らは、チャモリ地区の住民であった。捜査にはWPSIが協力し、ACF(Assistant Conservator of Forests、森林保全官補)のTripathi氏が指揮を取った。ヒョウは Nizmullah valleyで射殺されたものと見られている。

Bhadrinath森林域では、7月25日には、密猟者に射殺されたヒマラヤグマの死体も見つかっている。このクマは、胆嚢と脂肪を切り取られていた。

ウッタラカンド州では、この半年間で、少なくとも16頭以上のヒョウの毛皮が押収されている。

また、7月25日夕方、Terai East森林域のSurai Rangeで、違法伐採者が森林警備官に発砲する事件があり、警備官は重症を負い、なおも入院加療中である。

http://www.wpsi-india.org/news/27072009.php

« カメルーン東部  絶滅への道を突き進むゾウたち | トップページ | フェリーに隠された227羽のアカハラシキチョウを押収 »

03 ネコ科」カテゴリの記事

19 アジア」カテゴリの記事

35 レッドリスト 絶滅危惧種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/31880897

この記事へのトラックバック一覧です: 3頭のヒョウの毛皮押収 インド:

« カメルーン東部  絶滅への道を突き進むゾウたち | トップページ | フェリーに隠された227羽のアカハラシキチョウを押収 »