フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« コンゴ反政府威力 ゴリラ保護区を占拠、数千人が避難 | トップページ | ミャンマー、トラなどネコ科動物の身体部位を公然と販売 »

2008年12月18日 (木)

犯罪捜査部通信 : トラの殺害犯

Telegraph,  コルカタ
2008年10月20日

(翻訳協力:豊永啓子、編集協力:中塚雪路)

犯罪捜査部の捜査官は10月20日、死骸となって川を漂流していたトラを殺害した容疑で、スンダーバンズの村民1名を逮捕した。トラには、2週間前に銃で撃たれた傷があった。

警察は、この村民が50代前半の密猟者、Paritosh Mondalであることを突き止めた。警察によると、トラの骨は「古く」なっており、コルカタから約270キロ離れたクミルマリ島にあるMondalの家で発見された。

トラの殺害に関係しているとして、より早い段階で他の3人が拘束されていた。Mondalは銃を撃った男2人のうちの1人だと言われていた。もう1人は、行方不明である。

トラを撃つのに簡易ライフルを使ったとされ、またリボルバーが、サロッドパラ村のMondalの家で見つかった。

スンダーバンズで密猟者が逮捕されたのは、今回が初めてである。「我々は、シカやトラ

の密猟を仕事にしている仲間を他に捜索中である」と、犯罪捜査部の特別監察官であるSanjay Mukherjee氏は語った。

尋問中にMondalは、仲間であるPanchanan Giriと共にJhilaの森でトラを殺害した方法を詳しく供述した。

10月6日、腐敗したトラの死骸がKhonakhali川で発見された。頭部には、2発弾丸の跡が残っていた。

「2丁のライフル銃を用意した2人組みが10月3日、木の上に登り、待つこと数時間。午後5時30分頃、例のトラへ狙いをつけた。MondalとGiri二人が引き金を引き、弾はトラへと命中した」とMukherjee監察官は話した。

だが、成熟した雄のトラは、その場では倒れなかった。3度転がって川の中へ落ちた。「俺たちは敢えて降りて行かなかった。翌朝、トラを捜したが見つからなかった。3日後の新聞でトラが死んだ事を知った」とMondalは自供した。

Mondalが警察に明かしたところでは、成熟したトラは、約530万円(1インド・ルピー=2.13円 2008年11月19日現在)にまで値が跳ね上がるという。

警察は今朝、同じ村にあるGiriの家に踏み込んだが、まんまと逃げられてしまった。 Mukherjee監察官の話では、10月15日からカニングやGosaba界隈で、私服警官のチームが見張っていた。

« コンゴ反政府威力 ゴリラ保護区を占拠、数千人が避難 | トップページ | ミャンマー、トラなどネコ科動物の身体部位を公然と販売 »

37 野生生物犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498291/26895751

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪捜査部通信 : トラの殺害犯:

« コンゴ反政府威力 ゴリラ保護区を占拠、数千人が避難 | トップページ | ミャンマー、トラなどネコ科動物の身体部位を公然と販売 »